2011年04月07日

EXPERIENCE PRS in JAPAN 2011 レポート【ライブ編】

こんにちは!前回に引き続きレポートをお楽しみください!
ついにライブイベントのスタートです!

【Paul Reed Smithトークセミナー】

Paul_.jpg

Paul登場と共に、トークセミナーのスタートです。
Paulは終始上機嫌で、「どんなリスキーな質問も受けますので遠慮なく質問をしてください。」と前向きなスタンスで質疑応答コーナーがスタート。
ヴィンテージギターに関するPaulの考えを尋ねられると、氏自身Gibson、Fender、Martinなどのヴィンテージギターを主有しており、アメリカにある名言「車はバックミラーを見ないと前に進めない」という言葉を引き合いに出し、先人の功績を手本にしながらそれを超えていくギターを作りたいと力強くおっしゃっておりました。

Paul_2.jpg

「レオフェンダーもテッドマッカーティも50歳くらいからギターブランドが一流として認められてきた、だからこれからはPRSの時代だよ。」とも言っておられた言葉が印象的です。
(ちなみにこの時通訳を務めていた方はJikkiさんという「和製オリアンティ」の呼び声もある凄腕女性ギタリストです!)


時折ジョークを織り交ぜながら楽しい雰囲気でトークセミナーを終え、カナダのアコースティックギタリスト『Tony Mcmanus』氏が登場。

Tony_McCmanus_2.jpg

「イギリスBBCで『過去にここまでのギタリストはいない』と言わしめた」とPaulの呼び込みで登場し、演奏を披露。音が鳴った瞬間に会場の空気は一変。

Tony_McCmanus_1.jpg

超絶なフレーズを飽くまで楽曲の色彩の一部としてさりげなく、いとも簡単そうに奏でていました。
PRSのアコースティック「Angelus Cutaway」「Tonare Grand」を楽曲、チューニングで使い分け、ギター一本で完璧な世界観を作り出していました。
(ちなみにトニー氏はその日にカナダに帰るという強行スケジュールだった様子です。)

そして、当日の司会進行役のローリングストーンズ評論家の大御所であるマイク越谷氏のMCで次に呼び込まれたのが、話題のガールズバンド『Gacharic Spin』
バンドとしては当日の一番手でしたが、ギター回しやフォーメーション、各パートのソロセクションなどのパフォーマンス、若干のアウェイ感すらも武器にしてしまう程のMCなどで会場の温度をがっちりと上げてくれました。

ギタリストのTOMOZOさんの使用したギターは「PRS SE Custom24 Royal Blue&Bonnie Pink」電飾を配したライブ映えする一本でした。可憐な容姿に反したエッジの立ったリフやテクニカルなソロなどをENGLアンプとの組み合わせでソリッド感のあるサウンドを演出していました。


ゲストギタリストとして登場の鮫島巧氏は「Dave Navarro Signature」を使用。

雅、SUGIZOなどのサポートギタリスト&コンポーザーとしてワールドワイドに活躍されている鮫島氏。空間系エフェクトを使った美しいクリーントーンと伸びやかでエモーショナルなリード、アグレッシブなパフォーマンスが印象的でした。


次はお待ちかね『Paul’s Band』
メンバーは、
・Gu&Vo:Davy Knowles
・Gu:Paul Reed Smith
・Gu:Michael Ault
・Ba:Gary Grainger
・Dr:Blues


ギターは「Private Stock Signature Limited Run」を使用。Paulのみプロトタイプと思われるオールマホガニーのモデルでした。
(※本機はイベント数日前に日本のディーラーが一同に会した懇親会にてポールから直接見せていただきました。写真や詳細をWebに載せたらダメ!と釘を刺されたので割愛します・・・)


Gary.jpg

Blues.jpg

GaryはPrivate Stockの自身のシグネイチャーモデルを手にパーカッシブなプレイでドラムのBluesと共にリズムをリード。

Michel_1.jpg

そこにMichaelの堅実且つツボを得た職人的なリズムギターが加わり、強固なバックサウンドが作られていました。
リズミックなカッティング、カントリー的なリック、ブルージーなリードと様々なプレイを駆使し、バンドの中での押し引きを考えながらも確実に「巧者」の印象を残しました。

Davy.jpg

Davyのギターを聴いたのは個人的に初めてでしたが、23歳とは思えないソウルフルな歌声と感情に直結したようなブルージーなギターには素直に感動を覚えました。
そこに絶妙に絡んでくるのは御大Paulの独特のトーン。
若干ハーモニクスが混じり、コンプがかったようなあの独特の絶妙なSiganatureトーンは唯一無二。
JEFF BECKの名曲『悲しみの恋人たち』をPaulのあのトーンで聴けたことで、会場内の全員がPRSギターのサウンドの素晴らしさを改めて体感した事でしょう。

イベント前半にしてすでにここまで豪華なメンツが揃いました!
この後も国内屈指のアーティストが続々登場しましたよ!


それでは、引き続きレポート【ライブ編 Part.2】に続きます!
posted by スタッフ真木 at 07:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターショウ(展示会)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。