2012年06月26日

PRS P22デモンストレーション(Tokyo Guitar Show 2012)

こんにちは。
今日は良い天気でしたね。梅雨晴れでしょうか。

さて、Tokyo Guitar Showも無事終わりましたが、そのなかでひときわ評判の高かったイベントが、
「Paul Reed Smith P22/SE Acoustic」のセミナーでした。
はじめにSE Acousticの説明とデモンストレーションがあり、次にP22の説明とデモンストレーションでした。
デモンストレーターは井草聖二さん
フィンガーピックをベースにしたアコースティックギタープレイヤーです。

SE Acousticの映像も撮ったのですが、隣の即売エリアのレスポールの試奏がダダ被りで使い物にならず(泣)、P22の映像のみお届けします♪

「ぜひ目を閉じて聴いてみてくださいね」と会場ではアナウンスされていました。
目を閉じてどうぞ♪

※音声が聞こえない場合はプレイヤー右下の「Download」をクリックしてダウンロードしてお楽しみ下さい♪


本当にソリッドのエレキから出ているとは思えない自然なトーン。
もちろんギターアンプに出力しても美しいトーンですが、ライン出力レベルでも本来のトーンでアウトできるように設計されています。
ライブ時にPA卓にDIを介してあげたり、DTM時に直接オーディオインターフェースに接続してあげても素晴らしいトーンがエレキと同じフィーリングのままゲットできてしまうということですね。

ライブで1本で完結したい方にはもちろんうってつけですが、いい音で撮りたいけど高いコンデンサーマイクとDIを買うほどでもないな〜というDTMユーザーにもいいのではないでしょうか。

当店にも極上のP22がございます♪
国内ファーストロット、抜群の杢目と音。
これを買わずしてどれを買う??と言い切れる素晴らしさです。

P22_top3.jpg

このクラスの個体は各機種合わせても年に数本見るか見ないかだと思います。
是非どうぞ♪

明日・明後日はお休みです。
また金曜日、皆さまのご来店・お問い合わせを心よりお待ち申し上げます♪
それでは・・・
posted by チーフT at 19:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。