2013年11月16日

幻の逸品が一品、二品・・・否、一本、二本(Callaham Stratocaster)

こんばんは。
先ほどちょっと長く揺れましたね。ゾゾゾっとしました。
みなさま大丈夫でしょうか。
Tでございます。

さて、そろそろインレイクイズ?の正解発表、と思ったのですが、、、
先に昨日の記事の最後にチラーっと書いた新入荷のギターをご紹介です♪
インレイクイズの答えはまた改めて^^

まず一本。

Callaham_1950sST_Head.jpg


全体画像は下記リンクへ♪
ボトムズアップギターズ公式Facebookの紹介ページへ


《Callaham Guitars 1950s Style Stratocaster (2Tone Sunburst)》
幻のギターの一本、ビル・カラハム氏自らが製作するカラハム。
完全オーダー製作ではあるものの、スペックは固定、カラーの選択のみというコダワリ。
本機は50年代のストラトのイメージで製作されているタイプであり、
ワンピースアッシュボディにワンピースメイプルネック。

アッシュ/メイプルの抜けの良さ、明るさを持ちつつ、
長い期間鳴らし込まれたようなつややかで美しい倍音と、適度な丸み(悪い意味ではありません)を持っています。

このギター、すごいです。
どのピックアップポジションでも、どのフレットでもストレスなくズバッと出てくるレスポンス。
よく、『ダ○ブルのアンプは弾く前に音がでてくるような感覚』なんて表現がされますが、
このギターもまさしくその感覚に近い、「触れたら鳴ってる」的なレスポンスが体感できるギターです。

製作から少し経過しておりますので、極薄のラッカー塗装もいい感じになってきています。
スクラッチや塗装はげがほんの少しありますが、プレイには全く支障ありません。
フレット残は8割5分ほど、ソフトVに近いネックもしっとりしてイイ雰囲気です。
ガンガン弾いたらボロボロになっていきますが、それも良い!と思える一本です。

委託主さまのご厚意で、今回特別プライスにてご案内です!
ストラトファンはぜひ一度触っていただきたいギターです。


次も・・・

Callaham_1960sST_Head.jpg

またもや!のカラハム。

全体画像は下記リンクへ♪
ボトムズアップギターズ公式Facebookの紹介ページへ

《Callaham Guitars 1960s Style Stratocaster (Dacota Red)》
こちらは1960s スタイル。
ワンピースアルダーボディにメイプルネック、ローズ指板。
これまたスペックは完全固定、カラーのみの指定です。

ローズ指板とアルダーボディの組み合わせは、アッシュ/メイプルに比べて中域が太く、
瑞々しい印象。
バランスがよく、これ一本でなんでも出来ちゃいそうなギターです。

こちらのほうが上に出ている50sスタイルよりもやや若いギターです。
コンディションはボディサイドに2箇所ほど打痕あり、全体的にきれいです。
フレット残は9割くらい、50sスタイルに比べるとややソフトなVシェイプネック。

どちらもめちゃくちゃ弾きやすくて、「んは〜♪」と声が漏れちゃうギターです(笑)
昨日の記事のデラリバやランブラーで鳴らすと、本当に痺れます♪

こちらのカラハムも委託主さまのご厚意で、今回特別プライスにてご案内です!
早い者勝ち!本当に急いだほうが吉!ですよ。

明日は日曜日、お天気崩れないといいなぁ、、、
それでは!
posted by チーフT at 22:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。