2015年04月28日

PRS SE & S2徹底比較!【前編 ヘッド(ロゴ/ペグ/ナット)編】 "30th Anniversary Model"


こんにちは!東京本店スタッフのTKORです。
本日は先日告知した通り、PRS SE & S2徹底比較記事の前編です!
前編はヘッド・パーツ部分にフォーカスを当ててみたいと思います。

では比較するギターのご紹介です。

PRS SE 30th Anniversary Custom24 -Vintage Sunburst- quilt top body
PRS SE 30th Anniversary Custom24 -Vintage Sunburst-

本社がデザイン、技術支援を行いながらも韓国で生産することでコストを抑えた
"Student Edition(SE)"
本機は30周年記念の一本で30th Anniversaryバードインレイが施されており、
これからギターを始める方、サブギターをお考えの方はもちろん
コレクターさまにもオススメの限定品です。


S2_Body.jpg
PRS S2 30th Anniversary Custom24 -Antique White-

米国PRSファクトリー製ながら驚きのコストパフォーマンスを実現した"Stevensville 2(S2)"。
Stevensvilleは米国PRSファクトリーの所在地の地名で、その地で生産するセカンドラインという意味が込められているようです
こちらも30周年記念の一本で30th Anniversaryバードインレイ、レギュラーライン同様の30th Anniversaryトラスロッドカバーが採用されています。


まだ発売されてから日の浅いこちらのS2シリーズ。
どうせSEをUSAで作っただけでしょ?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、実はそうではありません。
どのようにコストが抑えられているのかも本連載記事で解説したいと思います。



では、比較&解説いってみましょう!

SE_Head.jpg
S2_Head.jpg
上がSE、下がS2です。

SEのヘッドはSEロゴ+モデル名の文字が記されていますね。
30th Anniversaryモデルにはありませんが、通常SEにはPRSロゴ入りトラスロッドカバーがついています。
一方、S2のほうはロゴもロッドカバーもレギュラーラインと同じものが採用されています。
よほどのマニアじゃない限り見た目にはレギュラーラインと見分けがつかないですね。


SE_Nut.jpg
S2_Nut.jpg

ナットですが、写真では伝わりづらいかもしれませんが実際見ると結構材質が違います。

SEはパッと見プラスチックや樹脂のような質感でカーボングラファイト系の素材のようです。
それに比べ、S2は少し金属質な質感です。
PRSの公式アナウンスによるとS2はレギュラーラインと同じナットを使用しているとのことですが、14年モデルのレギュラーラインと比較すると明らかに材質が違い、2000年代中期に使われていたナットと同じように感じます。ひょっとすると以前のナットのストック品を使用しているのかもしれません。

ナットの変遷については過去の記事でチーフTが詳しく解説しておりますのでそちらをご参照ください。
↓↓↓↓↓
【過去記事】PRSのナットいろいろ



そしてペグです。
SE_HeadBack.jpg
S2_HeadBack.jpg

SEはロトマチック・タイプのペグです。表からはナット、裏からは木ねじの両止めタイプです。
S2は一瞬、Phase IIのようにも見えますが、ヘッド裏側に木ねじが無くヘッド表側からナットで締める形になっています。
ラージペグボタン、ブラス製シャフトと後期Phase IIからPhase IIIの仕様を受け継いでいるようです。

[ここにSEのペグの単体写真が入ります : 準備中]

[ここにS2のペグの単体写真が入ります : 準備中]



ちなみにシリアルですが、
・SEシリーズ
頭文字のアルファベットが製造年を示し、SEスタートの年である2000年をAと1年ごとにB,C,Dと昇順に変わって行きます。つまりシリアルO 20338の本機は、アルファベット15文字目であるOから2015年製であることが分かります。
・S2シリーズ
左に少し離れて書かれている数字が生産年の下二桁、S2はそのままS2シリーズであること、それ以下の数字がS2シリーズ通算何本目かを示しています。
14 S2009511の本機は2014年製のS2シリーズ通算9511本目のギターであることが分かります。

−−−−−−−−−−−

本日は前編ということでヘッド部をロゴ、ナット、ペグの3要素にわけて比較しましたが、いかがだったでしょうか。
ナット、ペグなどギターとしてのクオリティを左右するパーツは少しでもアップデートしたいと思われる方も多いのではないでしょうか。
レギュラーラインと異なるナットを使用しているSEシリーズはナット溝を調整し直すだけでも、ピッチの安定度、鳴り方が改善しワンランク上のギターへと変化しますよ。
是非お試しください。ちなみに弊店ではナット溝調整は3,000円(税別)で承っております。

次回はボディ・ネックについて解説したいと思います。
ご覧戴き、ありがとうございました。
それではまた!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by 東京本店 at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

PRS SE & S2徹底比較記事!…を書こうと思ったのですが… / 30th Anniversary Guitars

PRS S2 Custom24 30th Anniversary model Antique White

こんばんは。東京本店スタッフのTKORです。

突然ですが本日はSE&S2の徹底比較します!と言いたいところではあったのですが、
いざ記事を書こうと下書きをしたためていたら私の探究心が暴走し、
想像以上に書きたいことが膨れ上がってしまい、収拾がつかなくなりこの時間になってしまいました。

SEとS2は結局具体的にどこが共通でどこが違うのか、またレギュラーラインナップのPRSとどこがどう違うのかを徹底的に解説していきたいと思っております。

SE・S2を購入検討中の方、既にお持ちでパーツのアップデートをお考えの方必見の内容となるはずです。
近日公開予定ですので、乞うご期待!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by 東京本店 at 22:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

臨時休業のお知らせ【5月1日(金)】


平素は格別のご愛願を賜り厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、5月1日(金)は店内でTV収録が行われる為、臨時休業とさせて頂きます。
収録中はインターホン、電話ともに出ることができませんので、
ご留意下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご了承のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

定休日の4月30日(木)と合わせ2連休となります。
(※29日(水・祝)は祝日時間で通常営業致します。)

ご来店、お問い合わせを予定されていたお客様には大変申し訳ございませんが、
ご理解ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
posted by 東京本店 at 16:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近況 / つぶやき / 雑談



おはようございます。

3月4月と何かと常に多忙でblogもデジマート等も、ほとんど更新出来ておらず誠に申し訳ありません。

打ち合わせ等々も多く店にいることも少なくなり、社内で起こっていること、社員がやりとりしていること、Webにアップしていること(× 2拠点)、の全てを追うことはもはや不可能になっております、、、
皆様からLINEやfacebookや携帯メールやGmailやショップアドレスや、直電や、、様々な形でお問い合わせを私宛に頂くことに?が浮かび、即答出来ないことも多くあります。


社会に出ればごく当たり前の『報連相』も、得意な人間と不得意な人間がおりますので、伝言ゲーム的に正しく伝わらないこともありますし、こちらの意図したことと違うことがネットに載ったりもします。


ありとあらゆることを100%管理することは困難と感じていますが、最終的な責任は私が取るという思いのもと、全社員に個人個人の能力をフルに発揮してもらいたいと『任せて』います。


お恥ずかしながら、日々の出来事で (目の前で起きていないが故に) 知らないことも多数ありますが、長として果たすべき責任は当然のことと思っておりますので、店も、そこで働くメンバー達へも、「悪しきは正す」という視線で叱咤激励頂ければ幸いです。


blogの更新をまったくしない社員もいますが、それというのは読者の (あるいは消費者の) 気持ちがまったく理解できないことの現れです。

しかし、不向きな人間に押し付けるのもまた難しいものです。


悩みながらもたゆまず前に歩を進め続けますので、ご指導くださいますよう宜しくお願いします。

熱いご声援をいつもありがたく感じています。

今日も、明日も、来週も、来月も宜しくお願いします!!

ボトムズアップギターズ
雑務取締役 総務本部長 S浦 K太

posted by 東京本店 at 10:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

先日はありがとうございました。3/31『B.U.G.の夕べ』ささやかに催されました。 田園調布本店 パーティ開催報告 後編


{本日午後1時半に再度一部更新致しました}

おはようございます。帰宅が遅かった割には早朝目が覚めてしまった & 昼から外出の為、さっさと早朝出勤して記事をしたためております。
この記事書くのって一人で集中しないと書けないし、それでも4〜5時間かかるんですよ犬あせあせ(飛び散る汗)
頭悪いもんで ふらふら

あらためまして、どーも、B.U.G.オーナーの重浦です。
歳とりましたね〜
皆さんとももう10年以上のお付き合いとなりました。

さて、昨日は本店店内で催されたパーティのスペシャルゲストの登場と乾杯が進んで行ったところまでお伝え致しましたが、その後も 合流と 「ごめん、やっぱちょっと間に合いそうにない!また行きます!」という連絡が続きつつ、会長Yと子供達も、手作り料理と共に現れ、これまでの時代とは違う、一種の代変わり的な光景(=子供の声や、走り回る様、それをあやしてくれる人々の笑顔が、時が経った、新しい時代に突入したという)を感じつつ皆さんと穏やかに過ごさせて頂きました。

今回は一番人がいた時で15名ほどでしたでしょうか。
なんとなく10名ちょっとで時間を過ごさせて頂いた感じで、サイズ感としてはとても良かったです。
昔、クリスマスパーティをやったときは満員御礼ぎゅーぎゅー状態でしたもんね・・・ 懐かしい

参加者のプロファイルとしては、McNaughtオーナー達 (しかも複数本!!)、PRSオーナー達 (こちらも複数本に... なりますわな、そりゃ)、ギターとベースの両刀使いから、100本超えのギター所有者まで、まさにプレミアム・ラウンジ!!
そして、IHush Guitarsのルシアー井橋さんに、Vivixの主宰であり、G5 Project や G.O.D. コンポーザー/ギタリスト/プロデューサーで有名な(来ていたことを聞いたらファンが驚き羨ましがるような)Godspeed氏
特にそれをひけらかすような性質の会、人々ではないところがB.U.G.らしいっちゃあB.U.G.らしい“アットホーム感”に満ちた、温かいパーティだったと思います。
楽器ショウ関連のウェブの仕事を手伝ってくれている仲間にもこの場を借りて感謝!


中締めのご挨拶としまして、10周年のご愛顧の恩義と、これまでの思い出話、ニューエラ (新時代) に突入していることなどをお話しさせて頂きまして、これからの更なる10年への約束と御厚誼のお願いを申し上げました。


簡単に時代を振り返りますと、( あなたはどの年にB.U.G.と付き合い始めましたか?(^^)

2002年 個人事業として輸入販売、輸入代行事業を開始
2003年 専門店 Bottom’s Up Guitars (ボトムズアップギターズ) 発足
2004年 法人設立 有限会社時代 楽器業界のWebホスティング事業、楽器輸入販売、等
2005年 田園調布2丁目 旧店舗 開店
2006年 株式会社化 inova Co., Ltd. 秋に"Tさん"こと龍野が入社
2008年 現在の田園調布1丁目店舗を新規OPEN
2009年 真木 東京本店に入社
2011年 福岡サンパレス店{九州支店}開店
2012年 "Y2"こと安松がインターンで入社 その後 正社員登用
2013年 真木 福岡店へ異動
2015年 店舗 10th Anniversary!! ぴかぴか(新しい)

と、このような年表になりまして、途中途中で「楽器フェア」や「プレミアムギターショウ」、「Experience PRS」、「Factory Tour」=Fargen CustomShop, Carr Amp, McNaught Guitars, Fujigen, Freedom, Sugi, SANKO, Provision, Befffnick, Suhr Guitars, etc.etc.ちょっと今すぐは記憶が呼び出せませんが、イベントや海外出張、たくさんやりましたね・・・

PRS Private Stock製作はもちろんお家芸ですし、
David Thomas McNaught Guitars総代理店
Fargen Custom Shop総代理店
THE VALVE AMP 正規輸入販売元
ピックアップメーカー Wagner Pickups(WCR Coils)
KSR(Rhodes)AMP 正規輸入販売元
なども務めております。

初期メンとしては一番長いのは会長Yになりますし、上記期間で雇っては辞め、また戻っては辞め、というメンバーもいますし、お客様ともお取り引き様とも、そしてそのような雇用関係で縁があった方々とも、一時代を共に過ごしたと思っております。
そしてまた来年は龍野入社 10th Anniversary、福岡サンパレス店 5th Anniversaryという節目へと続いて参ります。


10年と言いますと、30で出会ったお客様は不惑を迎えますし、今年還暦の祝いを迎えられるお客様もいらっしゃいます。
あの頃は若かったという振り返りをしたいわけではなく、“楽しい思い出たくさん作らせて頂きましてありがとうございます”という気持ちです わーい(嬉しい顔)


私ももう社長業12年目です。 楽器業界としては早咲き かつ まだ中堅の年齢という特殊な人材(?)なので、時々自分の見られ方が難しいことがありますが、これまでと変わらず「人」と、その手が創り出す「楽器」と「音」を大切に、企業理念を貫きたいと思います。


長文をお読みくださいまして誠にありがとうございました。
割いてくださった時間と、温かいお心に感謝申し上げます。

ボトムズアップギターズ 創業社長 重浦 宏太




追伸: 従業員の皆さん いつも夜遅くまでたくさんの業務をこなしてくれて本当にありがとう。


「行動規範」、ミーティングでは良く口にしますが、実際に文字にすると難しいね。

こんな感じでしょうか。


「うちは徹底的に顧客第一主義だ

 お客様の満足なくして繁栄は無い

 では、繁栄とは何か?

 結局、自分の幸せの礎となるものだ

 それはつまり、お客様の為の努力は全て自分の為になるのだ


 私たちは儲けなくてはならない

 では何のために?

 それは、他者の為だ

 顧客の満足を生む価値は対価となる

 それをまた職人や取引先に還流しよう

 そこでその人々が幸せになって欲しい

 その流れはいつかまた回り回って己に帰ってくる


 Pay it forward


 そのためにはまず、学び、高め、余裕を持たねばならない

 その余裕を持って思慮に溢れた豊かなホスピタリティで

 顧客に満足を提供し

 その輪を広げ

 が故に、会社が豊かになれば

 必ず自分自身の成長と収入が比例する

 今の収入に満足してはいけない


 究極の豊かさとは 心の安寧だ

 金銭的にも 今の自分を、未来の家族を、豊かにしたければ

 いま、投資をして欲しい

 自分という身代わりの無い、一度きりの人生の為に

 勉強 と 体験 という投資を

 他者の為に という考え方がむず痒かったら

 自分の為に というきっかけでも良いだろう

 でも誰も喜ばない努力を我が社は欲していない

 ボトムズアップギターズは完全顧客主義だ」


これからの10年も共に頑張りましょう!


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。

posted by 東京本店 at 10:00 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

先日はありがとうございました。3/31『B.U.G.の夕べ』ささやかに催されました。 田園調布本店 パーティ開催報告 前編


おはようございます。
Bottom's Up Guitars (ボトムズアップギターズ) オーナーの重浦です。

先日は四月イッピのジョークネタでも触れましたが、「年度末」、「期末」の超が付くご多忙を御繰り合わせの上、急遽開催予定日変更となった「花見の宴」(※下見に行ったところ、風が強かった為、店内でプライベートパーティとしました)にお集まりくださいまして誠にありがとうございました。

また、「行きたかったけど、仕事の都合でどうしても・・・」という無念をお伝えくださった皆様、
差し入れをお届けくださった皆様、本当にありがとうございました。
そしてわざわざそのような忙しい折にビールをアソートメントにして手配、配送くださった常連のtak1994様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

会の方は、以前のパーティのアットホーム感は踏襲しつつも、さらに肩の力が抜けた、個人的にはありがたくも一番緊張をしなくてすんだパーティでした。(ホっ

私が元来、超が付く生真面目、潔癖症、完璧主義、礼儀正しく、品行方正タイプなので、「段取り」とか「礼節」とか、(笑)... 飲み会なのに?みたいなことを思われそうですが、色々と気を使ってしまうタチなもので。 ホストとしては終始気が抜けないものなんですよ・・・


19時くらいからポツリぽつりと常連の皆さんが集まり始めまして、ビール片手にゆるやかにスタート。
あちこちでふんわりと談笑しつつ、食事を。

そして、スペシャルゲスト として、遠路はるばるご参加頂きました、
オールハンド・アトリエメイド・ギター『IHush Guitars』のルシアー『井橋』さんが到着され、
皆さんと乾杯。

※アイハッシュギターズとの出会いは、UK(イギリス)の人気ピックアップメーカー「Bare Knuckle Pickups(ベアナックル)」のFacebook Pageに精緻な彫金が施された溜め息が出るほど美しいギターが取り上げられていた日にさかのぼります。

例:写真の一例(Bare Knuckle Facebook Pageへのリンク)

その後、その話題を取り上げていた私のことを知ったルシアー井橋氏が、楽器フェア2014の会場で私のブースを訪ねてきてくれたことへと繋がり、その後電話やメールでのミーティングを経て、実際に茨城の工房まで伺い、深夜1時まで熱い思いをぶつけあった結果、当店でも取り扱うに至りました。

話が長くなってしまいましたので、IHush Guitars(アイハッシュギターズ)に関しては、以下のリンクをご熟読頂けますと幸いです。
http://ihush-guitars.com/02profile.html


続編につづく

 ※4/3 22時更新 → 業務の都合で続編は明日以降となってしまいました。今日も日付けが変わる前には進行中の仕事が終わりそうに無い為、引っ張るわけじゃないのです、、、すみません。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。

posted by 東京本店 at 11:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

あ、言うまでもありませんが、これ、四月イッピのあれです。(汗

{ 旧タイトル ⇒ 引責辞任のご報告 : 社長退任 / 『ひとりも集まらなかった二日酔いの朝のストーリー』 }

−−−−−−−

朝7時まで店で飲んだくれていました・・・

照明を落とし、
暗がりの中で、グラスの中の氷をカラカラと回しながら・・・

ひとりで。

・・・・・

たくさんのお得意様から「期末で参加できなくてごめんね。」と、
フォアグラやドンペリ、クリュッグ、サロン、宮崎牛にトリュフ、そして花飾りやパーティー用のシンガーまで様々なお心遣いを賜り、
当方でも板前を呼んで、いつもの店舗のカウンターを寿司バーに変貌させ、
樽生職人を呼びマイスター・ビールサーバーを設置し、
ソムリエにワインのサーブをさせるようにセラーごと店内にスタンバイしていたのですが、


まだ準備の間に合っていない 19時・・・

そろそろお一人ぐらい来られるかな、の 20時・・・

あれ... 連絡が無いな、の 21時・・・

板前が片づけを始めた 22時・・・

泣き顔の会長と子供達の走り回る音だけが響いた 23時・・・

社員全員を返して、ひとりドンペリを抜栓した 24時・・・

涙を飲んでいるのか、シャンパンを飲んでいるのか分かりませんでした。


そのまま朝まで、ひとり、トリュフ乗せの寿司や、フォアグラ乗せの寿司や、キャビア乗せの寿司や、宮崎牛シャトーブリアン乗せの寿司や、寿司のドンペリ漬けや、シャンパン酢飯の海鮮丼、コーヒーのシャンパンブレンド、そしてまた朝方に小腹が空いてきた時に、ドンペリ+サロン+クリュッグのスペシャルドリンクを浴びながら、宮崎牛シャトーブリアンステーキに寿司ネタ10種をサンドして食べて、夜を明かしました・・・


じつに悲しい味でした。

責任を痛感しています。


社長としての今までの決断は全て間違っていたんだ、と。


これまでずっと、特攻野郎としてボトムズアップギターズの先陣に立って突っ走ってきましたが、これを期に、引責辞任し、社長の座を、福岡店の真木へ譲ることとなりました。


10年以上に亘るご愛顧、ご指導をくださった皆様にこの場をお借りして、心から厚く御礼を申し上げます。

私の今後のことはまだ何も決まっておりませんが、後のことは、福岡サンパレス店(TEL:092-262-0124)の新社長 真木 浩史 に任せておりますので、旧に倍するご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2015年 4月1日
ボトムズアップギターズ 創業者 重浦 宏太

posted by 東京本店 at 11:33 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メールアドレスは非公開になります。