2015年05月24日

日本初! Saito Guitars S Series 622取り扱い開始!! 齋藤楽器工房 ハンドメイド エレクトリックギター 詳細紹介 フォトギャラリー レビュー記事


こんにちは。
東京本店スタッフのTKOR と Tでございます。

先日、TwitterFacebookでは告知致しましたが、
ボトムズアップギターズでSaito Guitars Solid Seriesの取り扱いを開始致しました!
SaitoGuitars_all.jpg

SaitoGuitars_Head.jpg

●Saito Guitars S Series 622●

1991年創業、多くの楽器メーカーや楽器店からのリペア業務や、オリジナルのアーチトップ製作で好評を博してきた齋藤楽器工房。
その齋藤楽器工房が大型機械導入を経て、満を持して発表、発売を開始したソリッドボディのエレクトリックギター第一弾です。


以下、齋藤楽器工房のオフィシャルサイトより

『齋藤楽器工房は1991年から2013年まで、東京でギターリペアショップとして営業しておりました。楽器店、販売代理店、一般のお客様からお預かりした本数は数限りなく、私たちは修理から多くのことを学びました。数年前の中古、ビンテージブームもあり、価値のある年代物や、貴重な製作家のギターに触れる経験は、修理にとどまらず私たちの製作意欲をかきたてました。』


木工から組込みやフィニッシュはもちろんのこと、ピックガードなどのパーツ、ピックアップまで、
ハンドメイドにこだわって製作されているのが特長です。

622とはその名の通り6弦の22Fモデルであることが表されています。
独特なヘッド形状と塗りつぶしのマットなサテン仕上げが目を惹くモデルですね。


今回、こちらのSaito Guitars S Series 622のなんとシリアルNo.1〜5の初回生産分5本を入念に試奏させて頂き入荷させました!
初回ロットはカタログカラー全5種が各1本ずつ、Black, Carrot Orange, Maroon, Mos Green, Navy Blueです。



では今回入荷したギターの詳細を見ていきましょう。
SaitoGuitars_top4.jpg
Carrot Orange (キャロットオレンジ)

SaitoGuitars_top3.jpg
Navy Blue (ネイビーブルー)

SaitoGuitars_arch.jpg
Black (ブラック)

サラッとした質感のサテン仕上げがオシャレさを演出しています。
写真では少々分かりづらいかもしれませんが、なだらかなアーチトップです。
PRSのような起伏の大きいグラマラスなカーブとはまた違った“ぬくもり”にも近い、柔和なボディ形状です。
バックのコンターと相まって演奏性の高さに貢献しています。

ビルダー曰く、機械加工から上がったS-622のボディを、その後さらに手作業で研磨して、手間暇をかけて仕上げていくこの工程は、通常のアーチドトップボディよりも歪みが目立ちやすく難しいとのこと。
ハンドメイドギターの、職人技が光るポイントですね。


続いて独特な3D形状を持つヘッド
SaitoGuitars_Head2.jpg

SaitoGuitars_Head3.jpg

SaitoGuitars_Head4_Nutup.jpg
印象的な形状のヘッドです。
1弦側はナットからヘッド先端へ向けてなだらかに厚みが薄くなっていき、6弦側は通常のギターのようにストンと厚みが落とされ薄くなっています。将来的なヘッドの起き上がり、ネジレ等のトラブルを防ぐ狙いがあります。



SaitoGuitars_headback.jpg
ヘッド裏もボリュートのように厚みを残した形状になっており、強度のバランスを整え、ここにも将来的なヘッドの起き上がり、ネジレ等のトラブルを防ぐ狙いがあります。



SaitoGuitars_peg.jpg
ペグはGotoh H.A.Pです。 HAP機構により各弦のテンションをコントロール。
敢えてロックタイプではなく、響きを重視した巻くタイプを採用しています。


指板サイド/フレット
SaitoGuitars_Fret.jpg
サイドポジションマークは明るい白。

フレット溝は指板サイドを残して溝が掘られ、フレットのタング(差込部分)は一本一本丁寧にカット処理されます。湿度により僅かに伸縮する木材に対して、金属であるフレットがバリとなって出る現象を予め予防する狙いと、指板サイドをより美しく見せる狙いがあります。
製造工程としては手間がかかる部分ですが、手間を惜しまず高品質を追い求めるという姿勢が最もよく表れているポイントです。


SaitoGuitars_fb.jpg
指板はセレクトインディアンローズ。色の濃く艶やかなものを使用。
指板面のポジションマークがないのもルックス的にクールです。




独自仕様のネックジョイントが目につくボディバック
SaitoGuitars_back.jpg


SaitoGuitars_joint.jpg
ボディバック、ネックともにトップ同様のサテン仕上げです。
ジョイント部分はサウンド面を考慮して厚みは残し、かつプレイアビリティを向上させるため、プレートが落とし込まれています。
そのぶん違和感の出ない程度にデザイニングされた“ディープカッタウェイ”構造によりハイポジションでのプレイアビリティを飛躍的に向上しています。
手の小さい方でもソロが弾きやすい!です。 女性にもオススメです。



耐久性への気遣い
SaitoGuitars_JointNut.jpg
ネック側にはナットが埋め込まれており、ボディと4本の六角ボルトでジョイントされます。
これにより経年変化や使用に於いて、ネック側の穴がガタガタに広がってチューニング精度が下がったりすることなく、
長く安心してお使いいただけます。



トレモロキャビティ
SaitoGuitars_spring.jpg
スプリングを即調整できるようにオープンタイプになっていますが、当社ではキャビティカバーの後付けにも対応します。



トレモロブリッジ
SaitoGuitars_bridge.jpg
ブリッジはGotoh 510。 2点止めでスムースなアーミングを実現します。
ダダリオ10-46、レギュラーチューニング。
フローティングでのセットアップになっています。

SPEC:  510T-FE1
      Steel Saddle.
      String spacing 10.8mm
      Stud lock-Pat.




Saytone_logo.png


SaitoGuitars_pu.jpg

このギターの大きなアピールポイントでもある心臓部 = PUは、齋藤楽器工房内で手巻きされた自社ブランドの"SAYTONE(サイトーン)"を使用しております。

ゲインは低めでSSHのPU構成ながら、各ポジションが非常に使い勝手の良いセレクション。
個人の感想ですが、特にセンターPUのサウンドが秀逸で、“単体で使える”新しいサウンドの可能性を感じます。
ぜひミックスだけでなく積極的に使ってほしいポジションです。
バランスの良い生鳴り感をそのまま増幅したようなナチュラルなサウンドにプラス、適度なコンプレッション感が相まって弾きやすく、扱いやすいサウンドを提供してくれます。

リアとセンターのミックスポジションでは、リアハムがオートタップになるのも便利ですね。

回路パーツには全てUSA製のCTSやSwitchcraftを採用。
金属パーツには世界標準として日本が誇るGotohを使用。
ピックアップは自社開発、自社手巻きのサイトーンを。
プライスを考えると凄まじい企業努力を感じます・・・



SaitoGuitars_weight.jpg
重量は軽い個体で3.25kg、重い個体でも3.35kgと軽量です。



付属品一式
SaitoGuitars_fuzoku2.jpg
ハードケース、取扱説明書、保証書、レンチ類、トレモロアームが付属します。



●製品仕様●
Scale: 647mm 22F (Fenderスケール)
Body: Alder2p (Carved)
Neck: Hard Maple - Rosewood Fingerboard
Peg: Gotoh H.A.P
Bridge: Gotoh 510
Single Coil Pickup: SAYTONE SCREAM
Humbacker Pickup: SAYTONE Sledge α(アルファ)
Finish: Thin Matte Finish



如何でしたでしょうか。

国内の老舗工房での自社製ハンドワイヤリングのPU搭載のハンドメイドギター。

弊店スタッフ一同太鼓判を押す、有り得ないほど素晴らしいコストパフォーマンス。

ベーシックなスペックながらも個性的でファッショナブルなルックス。
サウンド、プレイアビリティも抜群。
そしてこのお値段。

今なら初回生産分をゲットして頂けます。
是非BUG東京本店でSaito Guitarsを実際に手に取ってご覧ください!
皆さまのご来店心よりお待ちしております。

それでは!

齋藤楽器工房の公式HPはコチラ!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
posted by 東京本店 at 13:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

Eastern Music Device Pro Driver Type A & B♪ / EMD (イースタンミュージックデバイス) プロドライバー

こんばんは。
Tでございます。

ギターのチェック時に久々に鳴らしてました♪

EasternMusicDesign_ProDriver_TYPEAandB.jpg

EMD = Eastern Music Device Pro Driver (イースタンミュージックデバイス) プロドライバー Type A & B

やっぱりいいですね。
埋もれず、尖りすぎず、透明感は失わずにグッと前に出てくる感じ。
ナチュラルにブースト〜オーバードライブしていくこのエフェクター、Tの好みです。

販売価格 ¥35,424- (8%税込) 税別本体価格32,800円

今ならTypeA、TypeBともにシリアル《ラッキーセブン》がゲットできます^^
東京本店で試奏もできます。
持ち込みエフェクターとの弾き比べも大歓迎です♪

まだ世にあまり知られていない良音のエフェクターを手に入れませんか?

それではまた・・・♪
posted by チーフT at 21:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

時短営業のお知らせ【5月15日(金)】


平素は格別のご愛願を賜り厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、5月15日(金)は店内でTV収録が行われる為、
17時営業開始とさせて頂きます。
収録中はインターホン、電話ともに出ることができませんので、
ご留意下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご了承のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ご来店、お問い合わせを予定されていたお客様には大変申し訳ございませんが、
ご理解ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
posted by 東京本店 at 15:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

こういうお電話(メール)大変ありがたいんです、実は。


本日もたくさんのご来店やお問い合わせありがとうございました。
ほんと快晴晴れぴかぴか(新しい)続きでHAPPYなGolden Weekですね〜るんるん

遠方の皆さんは如何お過ごしでしょうか 手(パー)わーい(嬉しい顔)


さて、時折、このようなお電話やメッセージを頂くことがあります。
 ↓ 

事前電話 = 購入前提、みたいに捉えられたらと緊張して電話できずにいる。
試奏して買うかどうか決めたいのだけど、言いだし辛い。
来店したいけど、買うかどうか分からないからわざわざ知らせてまで行くのは勇気がいる。
在庫がまだあるかどうかとても気になって夜も眠れない (笑) んだけど、それだけの為にTELするのは気が引ける。
取り置き、とまではいかないんだけど、でも行くまでに売れてしまうのは口惜しいし、でもHOLDしてもらうほどではなく、近日行ったときに最終的には見て決めたい。

そんなもどかしい気持ちをお店に伝えても笑われんじゃないか・・・


結論から申し上げます。

どんどんお知らせください!



『買わない可能性もあるから電話するのは勇気がいる』
『試奏しに行くとき来店予約したほうが良いのは分かっちゃいるが・・・ でも・・・』

このお気持ちメッチャくちゃ分かります!!
私もギターを買うときは寝ても覚めてもそのブツのことが気になっていますし、
とは言え知らない店に、まだ買ったこともない店に、
事前に電話して商談というかワガママ?と思われてしまいそうなことを相談するのはチョー緊張します。

でも・・・

B.U.G.なら可能です!


皆さんの「連絡するのは緊張する」、「店員と話すのは億劫」、、、などなどのお気持ち、痛いほどわかります!


話変わりますが、ワタクシ歯医者をかえようと今まさに悩んでいます。
そして、ひとつの重要な判断基準となるのに 『電話対応』 があります。
その良し悪しが、その病院に行ってみよう、診療予約をしようという背中を押すことにもなります。
またその逆もしかり・・・

私の置かれている条件ですと、いずれも近隣なので医院の場所、雰囲気、外観、出入り客の様子などなど、通りすがりや一歩そこまで足を運んで知ることが出来ます。

ですが、この "ボトムズアップギターズ = 看板も無く、玄関口にはインターホンの関門があるショップ" に入店したことが無い方には上記のようなリサーチをかけることは無理ですよね。

と、なるともう 『電話』 だけが頼みの綱となるわけですが、
なかなかかけ辛いですよね・・・ 普通。



私たちは電話対応にも誠心誠意日々お客様のお電話口での問題解決にあたれるよう社内で情報交換/勉強し、品質の向上に努めています。
従って気楽にお電話頂いた方が当方のスタッフのトレーニング (実戦での経験) にもなりますし、今まで通販やその他ショップへの電話対応で嫌な思いをしてこられた方々にも新鮮な驚き (それは感動であって欲しい!ですが) を与えられると思います。


そういうわけで、
来店前にご一報頂けることで、お客様にメリットがあるのみならず、私達にも心の準備が出来るというダブルメリットがありますので、ショップ側としてもぜひお気軽にご連絡頂きたいと考えています。
事前に製品について知りたいことや、来店予約の状況や、支払方法、その他の比較検討機種のオススメ、道案内. etc.etc. なんでもお話し出来ます。


以下、バトンタッチ致します。 明日から失踪します。ありがとうございました。代表Sでした。



いつもお世話になっております。スタッフTKORです。
スタッフ一同で考えたところ、例えば以下のようなメリットが挙げられると思います。

・タッチの差で売れてしまった。という事態を避けることができます。
Web情報の反映は素早く行うように致しますが、ご連絡戴いたタイミングによっては既に売却済みの場合もございます。ご新規様であっても当日中であれば無償HOLDもお受け致しますので来店前にご一報頂けましたら必ずご試奏頂けます。(※それ以上のHOLD期間は個別の相談にて)


・セットアップ直後の完璧な状態、楽器本来のポテンシャルを確かめられます。
弊店では店内のギター全て、お客様がいつ試奏に来られてもいいように定期的にメンテナンスを施すよう心掛けておりますが、たまに定期メンテナンス直前に試奏希望のお客様が来られることもあります。
もちろん定期的にメンテナンスされているギターですので状態は決して悪くはありませんが、稀にセットアップを詰め直したり、場合によっては御試奏前に弦を交換したりと少々お時間頂いてしまうことも想定されます。


・他のお客様と被らないような時間をご案内できますので、ゆっくり試奏やご商談ができます。
弊店には防音の試奏室を設置しており、納得いただけるまでご試奏が可能です。試奏室が空いていない場合お待ち頂くこともございます。
平日15時以前、土日含む21時以降23時までは完全予約制ですので他のお客様と被らない時間をご案内致します。


二、三 例を挙げてみましたが如何でしょうか。


一度お電話やメールでお話しをするとある程度お互いの人となりが分かりますし、皆さまにより良いサービスを提供する準備ができますので、どうぞお気軽に来店前にご一報頂けますと幸いです。

これからも社員一同、どなたにも快適なボトムズアップギターズであるよう努めて参りますので宜しくお願い申し上げます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by 東京本店 at 21:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

ゴールデンウィーク期間(〜5/10)のお得なフェアのお知らせ♪ B.U.G. Special Fair 同時開催! #多摩川駅 #ギターショップ


こんばんは!
ゴールデンウィークが始まった皆さん! G.W.進行お疲れ様でした!

そして、そして!

 “ようやく羽が伸ばせる”、

  “旅行に行ける”、


  “デートが出来る”・・・    は、無いか、、、爆弾


  ジョーダンです、ジョーダン!!!あせあせ(飛び散る汗) サーセン ふらふら


せっかくの長期休暇、じっくり計算も出来るこのリラックスタイムに、
ギターを買いませんか? ← 単刀直入すぎるダロ!!パンチパンチむかっ(怒り)


店頭業務 (主にメンテ、リペア、TEL・メール対応) と、配達やお引き取りが3月4月と多々重なり、デジマート等への掲載が滞り、ホームページの更新も手が足りてないという有様の為、未掲載在庫で溢れかえっている店内です・・・
ストックの放出も裏事情的にあるものの、せっかくのゴールデンウィークに日頃頑張った自分にご褒美を与えるというそのハレのタイミングに謝恩フェアとしてお得な特典をご用意してお待ち申し上げます。

欲しかったあの品この品をxx回払いにしたら、何と月々xxxx円で変えちゃう!

なんていうラッキーが待っていますよ!


そして、そして!!
あの伝説の 『鬼の居ぬ間に』 (※)が・・・

てことは??

ひょっとしたらウルトラ大チャンスも飛び出しちゃうんじゃないですか。。。 コレ。

頭金を入れた方が (後日の振込でもOK) ローン審査に有利の為、そういったシミュレーションも即お答え致します。通販のお客様もご遠慮なくお電話ください。計算しましてすぐ折り返しお電話致します。

ゴールデンウィークの楽しいひと時をぜひ東京本店で。
ご来店をお待ち申し上げます♪



(※) BOSSが出張不在の時に訪れる、現場の社員の超アンビリバーボーな現場采配=事後報告でBOSSがクラッシュ、というテロ??的、イベントの発動。
分割の際も、現金特価の際も、ご遠慮なくスタッフまでご相談ください。
通販のお客様にも親切丁寧に対応させて頂きますよひらめき

※代表重浦指名のメンテ、応接は5/4〜5/6の間、休止となります。ご注意ください。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。

posted by 東京本店 at 22:03 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PRS Singlecut各種モデル弾き比べ大会♪(無料)開催! ゴールデンウィークはBUG東京店へ! #多摩川駅 #ギターショップ


こんばんは!
5月に入り、明日から本格的な連休に入るという方も多いのではないでしょうか。
長い人では10連休以上の方もいるとか!?
それだけ長い時間お休みがあると、むしろ不安になってしまうTでございます^^;

さて、ボトムズアップギターズ東京本店はといいますと、弊店HPのカレンダーの通り、
一般的なG.W.最終日の6日までノンストップで営業致します♪

⇒ B.U.G.東京本店の営業日カレンダーは公式HPを参照ください。
http://www.buguitars.com/customer_top.html#calendar

平日なかなか時間が取れない・・・という方もこの機会にぜひ足をお運びください。


そんなせっかくウキウキの連休ですし、弊店もちょっと楽しい体験会を設けました。
題して、
「PRS シングルカット各モデル弾き比べ体験会(無料) in B.U.G.東京本店」

2015年ゴールデンウィーク PRS 体験会 SinglecutTrem_50pcs_Limited2013_experiecePRS.jpg


日頃、カスタム等のモデルに比べて見る機会が少なく、なかなか弾き比べができないSinglecutモデル。
今回は現行のSC245に加え、希少な生産完了モデルや限定モデルを取り揃えました。

ラインナップは以下の6本です。

・SC245 10top (new58/15PUセット)
・SC250 Artist Quilt (59/09PUセット)
・Singlecut Trem Experience PRS 2013 Limited Run (59/09PUセット)※世界限定50本のレアモデル!
・SE SC245 (B.U.G.Mod. 、 #10PUセット)
・Singlecut Brazilian 2000 (ハカランダネック、#7PUセット)
・Singlecut Hollowbody I 10top (SC245PUセット)


期間は2日〜6日の5日間、体験可能時間は13時〜、15時〜、17時〜とざっくり大まかな区切りを設けますが、完全予約制等には致しませんので、気軽に立ち寄り、弊店防音室内で存分に音を出して弾き比べて頂ければと思います。

※つまり他のお客様とかぶっても全然平気ということであれば、何時でもお越し頂けます♪
ただし、ご予約客が来店されたら譲って頂きます。
※最終体験時間は・・・ そうですねえ、19時で一応お願いします。

(もちろんSinglecut以外の気になるモデルとの弾き比べも歓迎です!)

今回はセミナー的な時間は特に設けませんが、弊店スタッフが詳しい仕様説明や気になるご質問にその場でお答え致します。些細なことでもお気軽にご質問ご相談ください(^_^)

そして、ガチで将来の購入前提の弾き比べでしたら、是非ご自分のギター持参での弾き比べをなさってください。


ゴールデンウィークの楽しいひと時をぜひ東京本店で。
ご来店をお待ち申し上げます♪


2015年 ゴールデンウィーク PRS 弾き比べ 体験会 ボトムズアップギターズ SC245_Honey_Hardware

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。

posted by チーフT at 21:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中編 ボディ・ネック編】 PRS SE & S2 Custom24徹底比較! "30th Anniversary Model" #違い #レビュー


こんにちは!東京本店スタッフのTKORです。
本日はPRS SE、S2 Custom24の徹底比較記事中編ということでネック・ボディに着目します。

それでは本日もやってまいりましょう!
まずは比較ギターのおさらいです。

SE_Body.jpg
PRS SE 30th Anniversary Custom24 -Vintage Sunburst-

S2_Body.jpg
PRS S2 30th Anniversary Custom24 -Antique White-

※本記事では便宜上、USA本社ファクトリーで作られている上位機種を『レギュラーライン(*)』と表記しております。 SE=韓国製、S2=本家同様本社ファクトリー製、レギュラーライン=本家Custom24


それでは、まずネックから見ていきましょう。
SE_Neck.jpg
S2_Neck.jpg
上がSE、下がS2です。

SEは3ピースのネックで材質はメイプル、シェイプはWide Thinです。
S2はマホガニーネックでシェイプはPattern Regularです。塗りつぶしの本機では確認できませんがヘッドがスカーフジョイントとなっており、ネックヒールの厚みも継ぎ足されています。
このようにレギュラーライン(*)に採用されているワンピース削りだしに比べて、捨ててしまう部分を減らす製造法により、上質な木材を使いつつもコストを抑えることを実現しています。

余談ですが、SEのネックはWide Thinでもレギュラーライン(*)のWide Thinより薄いとよく聞きます。

私自身同じ感想を持っていましたが、この機会にノギスで計測してみました!
(こんなことをしていたおかげで書きたいことが増え、収拾がつかなくなりました…(^_^;))

計測結果は以下の通りです。
ネックプロファイル.JPG

何だか、表を入れるだけでものすごくレポート臭が漂ってまいりました(笑)

個人による1サンプルのみの測定なので参考程度に見てください。
噂の通りSEのWide Thinは過去のレギュラーライン(*)にあったWide Thin(廃版)よりも薄く、レギュラーライン(*)のPattern Thinの握りに似ていますね。ただハイポジ側は少し幅広めなようです。

また、ナットでの弦間ピッチは以前のUSA Wide Thinの仕様を受け継いでいますね。
ネックヒールはSEが一番厚く、Pattern Thinが一番薄いようです。

ちなみにS2のネックシェイプはレギュラーライン(*)と同じ様です。


さて次は指板に移ります。
SE_FB.jpg
S2_FB.jpg

指板材はどちらもローズウッドです。
さすがにS2(画像下)のローズのほうが艶っぽく、良質なローズウッドを使用していますね。
インレイはSEはパーロイド、S2はアイボロイドのような質感です。

そしてフレットですがS2はレギュラーライン(*)と同じものが使用されていますが、SEは少し背の低く山のなだらかなフレットが採用されています。タングの処理が違うのも見て取れますね。


次はボディです。
SE_BodyBack.jpg
S2_BodyBack.jpg

どちらもメイプルトップ、マホガニーバックです。
SEは3ピースボディですね。本機の真ん中のピースはうっすらと杢目が出ていていい雰囲気です。
S2のボディ材はこれまでの入荷取り扱い分を見る限りワンピース材のようですが、
本家PRSウェブサイト上でもレギュラーライン(*)同様に、マホガニーと表記されているだけで、
"ワンピースマホガニー"との断言は、現時点では出来かねます。
製造工程を見ているとワンピースのようなのですが、ここは正しい情報をお届けするために不確定要素とさせて頂きます。

SEのトップ材はメイプルに、Figured Mapleの化粧板(1mm程度の厚み)をラミネートしたものですが、
S2はレギュラーライン(*)と同様、無垢の2ピースFigured Mapleトップです。
SEのトップにゴージャスで美しい物が見られることが多いのはこのような理由からです。

また、SEのバックプレートはエレクトロニクスキャビティカバーのみ落とし込みになっています。
S2はどちらも落とし込みにはなっていません。

このような小さなコストカットの積み重ねがS2のコストパフォーマンスを生んでいるのかもしれません。


どちらもターゲットプライスに合わせ最善のクオリティで製造する努力がなされていることがお分かりいただけたでしょうか?
次回は後編。パーツ、サーキットをご紹介したいと思います。

本日もご覧戴き、ありがとうございました。
それではまた!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by 東京本店 at 16:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メールアドレスは非公開になります。