2015年07月31日

限定パッケージ僅少入荷♪ Xotic SL Drive Chrome Bundle Edition

ハイクオリティな傑作エフェクターを輩出し続けるXotic(エキゾチック)Effectsから、
SL Driveの特別仕様が登場!

こんばんは。
Tでございます。
今日は昼間にBossとランチに出かけたのですが、、、日本の夏ってこんなに暑かったっけ?
というくらいの熱波と陽射しでした。
皆さま、熱射病にならないようお気をつけを・・・

さてさて。
というわけで、極少入荷しました!

Xotic_SL_Drive_ChromeBundleEdition.jpg

Xotic SL Drive Chrome Bundle Edition

前回のEP Boosterの同Bundle Editionと同じく、ブラック筐体にヘアライン入り鏡面仕上げのトッププレート仕様。
Voltage Doubler(ACアダプターに接続することで、15ボルト&18ボルトに昇圧ができるすぐれもの!)が付属。

上記セットが特装ボックスに入ってレギュラーモデルと同じ価格17,280円!


SL Driveのサウンドについては下記のオフィシャル動画を参考にどうぞ♪








限定パッケージなので、売り切れたらゴメンなさい、それくらい入荷が少ないのです。。

お早めにご注文くださいね^^
それでは!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 19:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サキダシ新入荷情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

Saito Guitars S-622ファーストロット完売間近です♪

こんにちは。
暑いですね!夏本番です。
昨日は隅田川の花火大会で、浴衣の方をたくさん見かけました。

さてさて話し変わりまして、齋藤楽器工房のハンドメイドソリッドギター 「S-622」。
東京本店に入荷したファーストロット、完売間近です!


saito_S622.jpg

デジマート・J-Guitarの商品ページでチェック♪
→ 《デジマートリンク》SAITO GUITARS S-622 -Moss Green-
→ 《J-Guitarリンク》SAITO GUITARS S-622 -Moss Green-

残すは上画像のMoss Greenのみとなりました。
ファーストロットのラストワンは誰の手に・・・?

ボディ、ネックの製作はもちろんのこと、ピックアップまでもが手巻きでこのプライス。
もちろん安かろう悪かろうなはずがなく、
(価格が)安い!(レスポンスが)速い!(サウンドが)美味い!
と、無理やりギャグにしたくなるくらいの完成度です。







福岡サンパレス店でも好評なようです^^
これだけ歪んでいても粒がはっきり見えて気持ち良いですね。

お近くの方はぜひ福岡サンパレス店で体験してみてください♪
それではまた^^

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。




posted by チーフT at 17:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | SAITO GUITARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

連休最後にまたもや大物♪ 〜Freedom Custom Guitar Research Hydra 2point , Two Rock TS-1 Head〜

こんばんは。
皆さまこの3連休、どうだったでしょうか?
梅雨明けしまして、海に行った方も多いのかな?今日はゆっくりされている方も多いかもしれませんね。
Tでございます。

さて、この連休最後の日にまたもや入荷が♪



《Freedom Custom Guitar Research Hydra 2point Flame -SAKURA(桜)-》

FCGR_HYDRA_2P_FLAME_Sakura_Back.jpg

このバックの塗装、大好きなんですよね。
落ち着いたブラックというかグレーというかなんですが、アルダーの木目のキラキラしたところがユラユラ。
表からチラリと見えるときは控えめに。裏返した時にはグイッと木目が浮かび上がる。
たまらんですね♪








FCGR_HYDRA_2P_FLAME_Sakura_Head.jpg

ご尊顔。
美しいメイプルです。
ピンクの色乗りも抜群♪パーロイドのペグもバッチリ似合っています。








FCGR_HYDRA_2P_FLAME_Sakura_TOP.jpg

お体。
ボディもヘッド同様にいかつい5Aフレイムメイプルトップ。
カラーはSakura(桜)、一年中お花見ができます^^
パーロイドのピックガードもイイ感じです。








FCGR_HYDRA_2P_FLAME_Sakura_Headback.jpg

Freedomのネック全般に言えるのですが、ネックの握りがとても良いです。
薄いわけでもなく、細いわけでもなく、すごく特徴のある感じではないのですが、
握りやすく、動きやすく、どのポジションにいってもストレスなく弾けます。

初期はマグナムロックでしたが、後ろの摘みを回して弦をロックするトラッドタイプのペグにアップデートされ、弦を巻くのがとても楽になりました^^









FCGR_HYDRA_2P_FLAME_Sakura_TOP2.jpg

あ、言い忘れました。24フレットです。
それくらい自然です。

24フレットのギターといえば、フロントピックアップの音がやや硬く、
22フレットのような甘いトーンが出にくい場合が多いです。
(硬いフロントのサウンドは、これはこれで良いところもあるんですけどね。)

ハイドラのフロントPUは22フレットモデルに近いトーンで、24フレットのギターを弾いているのを忘れちゃうレベルです。

タップして3シングルにしても全く違和感はないし、タップコントロールでハムから少し絞ったフロントとセンターのミックスのプリプリしたトーンがTは特に好きです♪

3.5kgと軽量で、女性にもいいと思います^^

福岡サンパレス店にもハイドラの鴉(カラス)を在庫していますので、
九州方面の方はぜひ福岡サンパレス店へ♪









TwoRock_TS1_Head.jpg

あ!
・・・
・・・
・・・素晴らしいアンプも入荷しました♪
気になる方はお問い合わせください^^


それではまた♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。

posted by チーフT at 22:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

PRS特別商談会 選定ギターが入荷しましたよ♪ 〜30th Custom24Lefty Ltd , KID Limited Cu22Soapbar〜

こんばんは。
Tでございます。

昨日は九州で潜伏しているのか?猛威を振るっているのか?どうなんでしょう?なBossが、
Godspeed氏によるSAITO Guitars S-622のデモ動画を公開!

TもGodspeed氏とは長いお付き合いですが、いつ見ても惚れ惚れするプレイですね。
印象的なプレイでS-622の良い所がバッチリ表現されていると思います^^
清冽なクリーントーン、エモーショナルなプレイにもがっちりついてくる歪みと、弾き手のテンションも上がっちゃいますね!

実際に手にとって、感じてみてくださいね!
この弾きやすさとサウンドはやみつきになりますよ♪




さて、東京本店にも先日の商談会で選定してきたギターが到着しました♪
東京、福岡両店合わせて計7本!一切妥協なしの素晴らしいセレクト品です。

東京は2本の入荷ですが、どちらも「ヤバイ」ですよ。


まず一本目・・・

PRS_30th_Custom24_LeftyLimited_FWB_Top.jpg

《PRS 30th Anniversary Custom24 Lefty Limited -Faded Whale Blue-》

発表されてから、まだかまだかと待ちわびた方も多いはず!
30周年記念モデルのレフティリミテッドです。
日本国内の入荷が6本のみと、競争率激高必至のモデルです。

ワイルドに暴れたトップが素敵♪
ホエールブルーがフェイドした風合いも良く、風格を漂わせたルックスですね。

ピックアップは85/15ピックアップセットを搭載。







PRS_30th_Custom24_LeftyLimited_FWB_TRC.jpg

トラスロッドカバーアニバーサリーロゴ。30周年モデルの証です。
指板、ヘッドストックのパーフリング(縁取り)も30周年モデルの特別仕様ですね。








PRS_30th_Custom24_LeftyLimited_FWB_FB.jpg

12フレット上に2羽のバードインレイが飛んでいます。
材質はマザーオブパール。









お次は・・・


PRS_KIDlimited_Cu22Soapbar_Korina_GB_Top.jpg

《PRS KID Limited Custom22soapbar Korina Neck&Back,Ebony FB -Gray Black-》

カスタム22をベースに、セイモアダンカンとコラボレートしたP-90を3発搭載した意欲的なモデルです。
オリジナルの発表は1998年から2002年頃まで、スペックは若干異なるものの、それから2回に渡り限定モデルで復刻される影の人気モデル。

今回選定してきた本機も、オリジナルとも、これまでとの復刻モデルとも違うスペシャルスペック。
Custom22soapbarの歴代モデル紹介もそのうちやりたいですね。









PRS_KIDlimited_Cu22Soapbar_Korina_GB_Back.jpg

ボディバックとネックはブラックバックのため、ぱっと見は材がなんだか分かりません。
ので、わかりそうなところを調べてみますと・・・








PRS_KIDlimited_Cu22Soapbar_Korina_GB_Korina.jpg

見えました!
これは紛れもないコリーナ(White Limba)!
ちなみにコントロールキャビティを開けると、ボディバックもコリーナであることが確認できます。








PRS_KIDlimited_Cu22Soapbar_Korina_GB_FB.jpg

指板は上質なエボニー。
色ムラなく、導管がみえない良い材です。
インレイはアバロンがきれいなオールドスクールバードインレイ。
これも高ポイントですね。







PRS_KIDlimited_Cu22Soapbar_Korina_GB_Head.jpg

ヘッドはローズの突板にPRSシグネチャーインレイ。
ペグはもちろんPhase IIIチューナーです。


このギター・・・むちゃくちゃ音が良い!
コリーナのネック&ボディとソープバーだから為せるのか、太く甘く、芯もしっかりしていて押し出しもしっかり。
倍音の乗りもたっぷりで気持ち良いサウンドです。


これはヤバイです・・・ぜひ触って欲しい一本!
東京本店でゆっくり弾いて頂けますよ。

連休中ももちろん休まず営業♪
ぜひご来店ください^^

それでは♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 23:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

齋藤楽器工房 謹製 "SAITO GUITARS S-622" 試奏動画先行公開!


『齋藤楽器工房が製作するSaito Guitars ‘S’Seriesでは、ソリッドギターが築き上げてきたこれまでの音楽、そしてこれからの音楽の中で十分な性能を発揮し、演奏者の個性を表現する為のアイデアを盛り込んだギターを展開します。
シンプルで美しい道具こそ齋藤楽器工房が目指すギター製作であり、これはプレイ環境、ミュージシャンの在り方共に多様化する現代のプレイヤー達へのアプローチとして掲げる目標であります。』

そして・・・

手工品であるM-Seriesとは違ったニュアンスで個性を主張しつつ、1弦側が隆起した独特なデザインは、経年によるヘッドの起き上がりを軽減する補強としての役割を狙ってデザインされています。これは、アーチトップメーカーとしてスタートした齋藤楽器工房の遊び心でもあります。

さらに・・・

SAYTONEピックアップ
本機は手巻きというエレクトリックギター黎明期に用いられた手法により製造されるハンドワインディングピックアップを採用しています。
これは、機械巻きによるピックアップにはない、明瞭な音像と、レスポンスの速さをも求めたためです。
ハンドワインディングによるピックアップだけが持つ、マイクとしての性能の高さは、デジタル機材を積極的に取り入れた環境でも、音の埋もれや反応の遅れに悩まされず、テクニカルな演奏を可能にします。

さらにさらに・・・

パーツへの拘り
アンプに接続して演奏するエレクトリックギターにおいて、パーツの信頼性こそが、
そのまま楽器の信頼性でもあります。当モデルでは数多のハイエンドギターと同等の部
品を標準採用することで、楽器としての完成度を高める一つの手段としています。全て
のユーザーに齋藤楽器工房の音を届けたいという強い思いが、価格に見合わぬハイスペ
ックを実現しています。


突然ですが。こんばんは。九州へ潜伏中の代表Sです。

昨日、ん? 一昨日か、、、? もうよく分からなくなっていますが、PRSギターの選定。

実に良い結果を得ることが出来ました!

久しぶりに大満足の出来でした。

東京店にはTwitterでも御覧頂いた『Custom22 Soapbar Gray Black』が、そして、あの『6本しか無い』30th AnniversaryのLefty Limited Custom24も!

恐ろしいことに・・・ 福岡店には5本!

マジで選び抜いてきた精鋭が今週末勢揃いします。

の、前に。

ついに完成したコチラの動画をご愛読者さま限定で先行公開!


SAITO GUITARS S-622

デモンストレーション動画

本邦初公開

です!





大きい画面で見たい方は、↓↓コチラ↓↓からYouTubeでご覧頂けます。
https://youtu.be/5Pm8FqOZuDs


SAITO GUITARS S-622 ぜひ東京店、福岡店で手にとってください。
規格外の良さ(Price x Quality)ですよ!
音楽仲間の皆さんにぜひぜひお知らせしてあげてください。
宜しくお願い致します。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by 東京本店 at 22:53 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | SAITO GUITARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

本日Paul Reed Smith ギター選定会! ついに師弟対決!? / PRS Select Shop / Premium Guitars / 実況中継 /


おはようございます!

Tでございます♪

本日、ポールリードスミスギターズの国内正規ディーラーによる特別選定商談会が開催されます。

Tは東京・田園調布本店代表として出席します。

今回BOSSのほうが福岡サンパレス店代表として選定を行います。

これは・・・?

実質、師弟対決となります^^

今を遡ること約10年前、入社したその直後がこの選定会だった私、
以来、BOSSの鬼引きを数多く目の当たりにしてきました。

今日はガチンコ勝負で戦って参りますので、Tへのご声援も宜しくお願い致します♪

選定の進捗や戦果報告は、
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs

/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
で、お届け致します。

ご期待に恥じぬ戦果を残せるように頑張ります。

それでは、また。

/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721

posted by 東京本店 at 09:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

PRS Bonnie Pink♪ ボニーピンク♪ BP♪ ボニピン♪

こんばんは。
Tでございます。

いやいや、そろそろ梅雨も明けそうな暑さですね。
明日も暑そうですので、熱射病や脱水症にならないように注意しましょう。
西日本は台風が迫っているようですので、こちらもどうぞお気をつけて・・・。

さて、ここのところの東京本店はといいますと・・・




PRS_BonniePink_Signature_Decal.jpg


!?








PRS_BonniePink_Signature.jpg


!?!?








PRS_BonniePink_Signature_inlay.jpg


!?!?!?








PRS_BonniePink_Eagle.jpg


!?!?!?!?
(くどいですね・・・)






いやいや、すごいことになっています。
ボニーピンク祭りの様相です。


恋い焦がれている方が多いこのモデル。
オリジナルのCustom24、Signature、Limitedモノ(通称カスコリ)、Private Stockと全く違うモデルがこれだけ集まるのは珍しい♪

これだけバリエーション豊かに、一堂に会する機会はもう訪れないかもしれません。
随時詳細アップ予定ですが、いいや待てない!という方はお気軽にお問い合わせください。

それではまた明日^^

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。


posted by チーフT at 23:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

メンテナンスの当日作業のご依頼は可能な限り事前にご連絡を頂けますと幸いです。




平素より大変お世話になっております。
ボトムズアップギターズ東京本店でございます。

連日多数のご依頼を頂けていることに厚く御礼申し上げます。

余談ではございますが、恐れ多くも、現在多数の作業を承っておりますため、誠に申し訳ありませんが、可能な限り『当日作業のご依頼』に関しましては事前に簡単で結構ですのでお電話またはメールを頂けますと幸いです。

けして突然のご依頼を否定的に扱うものではございません。
交通整理と品質の維持向上の視点からのやわらかなお願いでございます。

すべての方がこちらをご覧になってないことは承知の上で、恐れながら、最近のご来客の傾向をみての投稿です。

上記につきまして、どうぞご理解ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

わざわざご足労頂くことを100%活かせるように出来たらと思っております。特に土日のお持ち込みは時間をずらすことで待ち時間無くスムーズに対応可能ですので、宜しくお願い申し上げます。

Bottom's Up Guitars
Tel:03-3721-1721

土日祝日 11時〜23時
(※20時以降の予約が無い場合は21時等、早仕舞いすることがございます)

posted by 東京本店 at 10:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

ギタリスト井上裕治(元girl next door)が贈る 『新•おいしいギターの料理法』3品目 東京エフェクター


友人が番組やってます!
拡散宜しくお願いします(^_^)

ボトムズアップギターズ 代表S


元girl next doorギタリスト、
現 作曲家集団Mandarin Note
井上裕治さんがプロ視点で
滅多に人前に現れない音楽・楽器業界の方を招き、
機材の魅力をギターを弾きまくりながら、
視聴者の皆さんと共に質問攻めに!


3回目は、少し視点が変わって
ギター・ベース用のブティック系・ハンドメイド系エフェクターを
主に取り扱う「東京 エフェクター」から池田氏をお招き!!
オリジナル・エフェクターも手がけるショップサイドから
のお話を「試奏」を交えて徹底解剖!!

ぜひ視聴ください!

http://sp.live.nicovideo.jp/watch/lv226738702?frompc

posted by 東京本店 at 12:14 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

Collings 再来襲! コリングスのエレクトリック、ボトムズアップギターズで取扱い再開しました。 360QM, I-35 LC Crimson, 360LT with Humbucker.


Collings_360_I35_360LT.jpg

アコースティックギターブランドの中でもその頂きに君臨するといっても過言ではない憧れのブランド『Collings(コリングス)』がエレクトリックギターを始めたとき、最初に日本に入ってきたモデルを携えて輸入総販売元の社長さんが私の昔の店舗へ訪ねてきたのは今でも鮮明な記憶として残っています。

まさしくBill Collings氏のアコースティックギター製作の理念が昇華された、凛として力強く鳴るグランドピアノのようなその楽器は当時の私には「凄すぎて本気で向き合わないと音が出せない」と思わせたほど。
(=正しく発声させられないというようなイメージ)

その後B.U.G.ではモデル「290」を主軸にソリッドとセミアコと販売して参りましたが、ここ数年はオーダーメイドの対応・製作のみでin stock(在庫)としてのコリングスはご無沙汰していました。

その“明瞭でパワフルなコリングス”のエレキギターを再び取り扱いはじめました。

既に日本未発売、そして世界初となる、あるLPシェイプのモデルをCollingsへと別注しています。
(※入荷は9月末〜を予定)

それに先駆けてご覧のモデルを東京店に揃えました。

左から、「360」のUpgradeバージョン「360MT - Premium Quilt」
I-35にメイプルサイドを採用し、Top / Backともにワンピースメイプルを貼ったラミネート構造となっている「I-35 LC」(注:廉価版ではありません。別コンセプト製品です。)
そして、「360」の特注バージョン「360LT with 2 x Humbucker」。
これは、「290」同様の厚みのある単板のマホガニー(ワンピース・ジェニュイン・マホガニー!)を奢った、迫力あるギターです。ピックアップもミニハムではなく、フルサイズのハムバッカーを搭載しています。

いずれのモデルにも共通して息づく“コリングスの作り”をぜひともその手で体感頂きたいと思います。

購入前提じゃなくとも試奏大歓迎です。
初めて弾く人はきっと驚き、感動すると思います。

Gibson Custom Shop True Historicの話題もホットな店内でしたが、やはりコリングスは別格。

11-49の弦が張られているのがきつい方には10-46へ張り替えて試奏頂くこともお引き受け致します。

まずは店頭でスタッフまでお気軽にご相談ください。

このチャンスにCollingsオーナーになってみませんか?

今後の情報にもご期待ください。


−−−−−−−−−−−−−−−

Bottom's Up Guitars東京本店は、多摩川駅徒歩4分の白いビルの2Fにあるギターショップです。
インターホンで 1002 を呼び出してください。
毎週 水木定休
TEL:03-3721-1721
http://www.buguitars.com/

posted by 東京本店 at 23:39 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Collings USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

リペア・モディファイ・メンテナンス好評承り中♪ 〜今日はPRS Custom24のHFS PUを → \m/ピックアップへ換装〜 ギター、PU交換、多摩川駅



こんばんは。
お久しぶりすぎるTでございます。
元気ですよ−!


さて。
あまり記事にはしておりませんが(すみません。汗)、実は弊店は、
PRSをはじめとする各種ギター、ベースのメンテナンス、リペア、モディファイ、セットアップ等々、
常時かなりの数を承っております。

店頭で対応できるメンテナンスやリペア、セットアップで、タイミングが合えば、
目の前で作業し、その場でチェックして頂いてお持ち帰り頂くことも可能です♪
(事前にお電話やメールでご相談頂けますと幸いです。)


今日は、以前ワンコインメンテナンスキャンペーンを利用して頂いたUさんのお友達、Mさんのギターをモディファイ♪



《Before》

PRS_Cu24_AQ_PU_before.jpg


Blue Matteoのグリーンを少し控えめになったような、さわやかで透明感のあるブルーが素敵な「Aquableux」のCustom24。
良杢のトップ、さまざまな限定スペックでありながらお買い得なお値段!が魅力の「Wood Library Limited」です。
本機は珍しいロックメイプルのネックにカーリーメイプルの指板。
指板のカラーに合わせてミルキーなホワイトがベースカラーのアバロンインレイを持ってくるあたりがおしゃれですね。

ちなみに元PUはHFS/Vintage Bassでした。




《After》

PRS_Cu24_AQ_PU_after.jpg


リアピックアップを\m/(メタル)ピックアップに交換。
フロントピックアップが新形状のVintage Bassなので、形状が近くて似合いますね。
「\m/」の刻印が主張しています(笑)

合わせてブリッジはベタ付けにし、スプリングを強く張って固定しました。
チューニングはドロップC#でセットアップ。

ゴリゴリのリフ&ピッキングハーモニクスをギュンギュン決めて、喜んで頂けました♪


今回のお代はPU交換(1個)2,500円 + トータルセットアップ6,000円 + 消費税
=9,180円。


_______________


\m/ピックアップはその名(メタル)の通り、ハイゲインピックアップです。
が、その一方で、「なんか名前で損しているような・・・」という気がしないでもないピックアップでもあります。

とても守備範囲が広く、現在の音楽シーンのダイナミクスの幅に対応できるピックアップです。
低音域の量感があり、ボヤけずしっかり出てくれるので、ダウンチューニングなんかにはバッチリハマりますが、ポップスやライトなロックもしっかりやれちゃう器用なピックアップです。

個人的には、SuhrのAldrichにも通じる、現代的な歪みに感じます。

しっかり歪んで、クリーンも使えて便利!新世代のPRSピックアップ、ぜひお試しください♪
弊店在庫ギターに\m/PU搭載のCustom24がありますので、試奏も歓迎です^^
↓↓↓

Metal_Custom24.jpg

この等高線のように出る年輪の感じ、ギラギラ動くワイルドなフレイム・・・
Tが大好きな一本です。
買っちゃおうかしら。


明日は新しい一週間の始まりの月曜日!
良い一週間に致しましょう^^

それではまた♪
posted by チーフT at 22:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

2015 Brandnew Gibson Custom Shop "True Historic" LesPaul 試奏研究会 in 田園調布 / 最新のヒスコレ越えの頂点級カスタムショップ製品


おはようございます。筆者こと代表Sでございます。

本日は超常連様と朝からGibson Custom 2015 最新スペックモデルを徹底比較試奏!
PRSその他ハイエンドギター・ショップであるB.U.G.ですので、GibsonやFender、他の各プライマリーブランドはいつもこの目この耳この手で試奏、研究し、顧客応対の質の向上に努めています。
その中、
遂にそのヴェールを脱いだ年間製作本数・全世界・全色Total200本限定の「Gibson Custom Shop True Historic 1960 Les Paul Reissue」が本日ご来店、そして、昨年私が購入した「初年度のTom Murphy Aged Custom Shop Historic Collection 1960 Les Paul Reissue」と、さらに、実は・・・この春2本"同日に別々の店"で買ってしまったという超おバカ案件の「2014 SPEC Gibson Custom Shop Collector's Choice Series」x2、の面々をじっくり試奏対決致します。

めちゃくちゃワクワク楽しみです!

ご紹介できることは、追って記事にしますね。

それでは、また。

7月も宜しくお願い致します!



豆知識:

Gibson Custom 2015 Models:
2015年のラインナップでは、上述のTrue Historic(トゥルーヒストリック・シリーズ)の他、その仕様をベースにしたカスタムオーダーモデルにあたるHistoric Select Series(ヒストリック・セレクト・シリーズ)、
2014年までの「ヒスコレ」の仕様を踏襲しながらもナロージョイント(ショートテノンネック)でコストを抑えたCS Series(シーエス・シリーズ)が主軸となっております。
→トゥルーヒストリック・シリーズではこれまでのヒスコレ同様のシリアル表記、
→ヒストリックセレクト・シリーズでは「HS」表記、
→CSシリーズでは「CS」表記のシリアルナンバーがヘッドストックに冠されております。

posted by 東京本店 at 11:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Gibson USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メールアドレスは非公開になります。