2016年07月31日

Villex Boosterを搭載♪ 《David Thomas McNaught DS(G4) Quilt》

こんばんは。
Tでございます。

今日の東京地方は強烈なゲリラ豪雨がありましたね。
ラジオでも言っていましたが、「ゲリラ豪雨」って呼び名、なんだか好きになれないTです。
にわか雨、驟雨、夕立・・・和名のほうが素敵な呼び名じゃないですか?
こういうことを感じるのは老けてきた証拠でしょうか(笑)


さて、今回はまたモディファイ♪
ギターさんはこの方。

DTM_G4Trad_Villex_before.jpg

弊店から購入して頂いたスペシャルモデル!
《David Thomas McNaught Special One-Off Stratocaster Type Quilt -Melon Rhine-》

強烈なキルトトップ、素晴らしいウェンジのネック。
詳しいスペックは弊店HPギャラリーページ(⇒ こちらから♪)を参照して頂くとして、今回のご相談は、
「リード時にもう少し太さが欲しい!」というものでした。

今回はオーナーさんがきっちり調べてからご相談頂きまして、「Villex Stratocaster Jack Replacement Mid Booster」を搭載することになりました。










DTM_G4Trad_Villex_hontai.jpg


コレです。
(写真が指紋できれいじゃなくてごめんなさい。。)
ストラトの舟型ジャックにミニスイッチが付いており、裏側にはブラックボックスが。
通常の深さとサイズのキャビティが空いていれば、ほとんどのケースで加工無しで取付できます。
(場合によっては深さが足りなかったり、止めネジのピッチが違う場合があります)

取り付けは簡単。
アウトプットのホット線とコールド線を、ブースター部分にある端子にネジで止めるだけ。
最初のジャックからハンダを外す作業はありますが、取り付け時はハンダいらずの簡単作業です。








DTM_G4Trad_Villex_before_up.jpg


これが、
こんな感じに。


DTM_G4Trad_Villex_up.jpg

キャビティのサイズも、ネジピッチも問題なくピッタリ。
無加工で取り付きました♪









DTM_G4Trad_Villex.jpg

サウンドもバッチリ!
音像はくっきりしていて変な帯域が飛び出すこともなく、そのまま音が一歩前に出てくる感じです。

通常、ブースターは何かしらの特徴を持たせていることが多く、ギターとの相性によっては使いづらいサウンドになってしまうことも多いのですが、このブースターは本当にナチュラル。
カリカリもボコボコもせず、ぱきっと欲しいところが前に出てきます。

どうやら近年アップデートされ、以前の同モデルよりもブースト量がアップしているようですね。
アクティブブースターほど強烈なレベルの持ち上げはありませんが、十分効果的なレベルです。

それにしても不思議ですね。
パッシブでどうやってブーストするのか・・・(笑)
ブラックボックスバラしたい病がウズウズ。

ストラトをシングルコイルのままでもう一押し!という時にはぜひこれを♪


明日から8月ですか・・・早すぎる!
だれか時間止められる方はいませんか(笑)

それではまた明日!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL /// 水木連休
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。

posted by チーフT at 23:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

Vintage PRS をモディファイ! 〜1987 Signature Tortoise Shell〜

こんばんは。
関東もついに梅雨明け!アツい!
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
Tでございます。

さてさて!
いつもたくさんのメンテナンス、リペア、モディファイ、セットアップのご相談ありがとうございます。

先日の初年度Swamp Ash Specialに引き続き、またもや非常に貴重なギターを手がけさせて頂きましたのでご紹介♪
※今回ももちろんオーナー様に了解頂いております^^ありがとうございます♪




PRS_Signature_TO_1.jpg

ゆらゆら動く、かつくっきりなキルトトップ。
このルックスを見ただけで、マニアな方ならある程度の予想がつきますね。
ミニスイッチが付いているということは・・・そう、ヴィンテージPRS!
・・・タイトルに出ちゃってますけども(笑)





長いので別ページにしました(笑)

⇒ 続きはこちらからどうぞ!!


⇒続きがあります (続きを読む)
posted by チーフT at 23:23 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

貴重な最初期の1997年製 PRS Swamp Ash Specialのリペア♪

こんばんは。
Tでございます。

あっという間に3連休もおしまいですね。
みなさま充実したお休みになりましたでしょうか。

さて、日々たくさんのギターのリペア、メンテナンス、セットアップをしているわけですが、
先日、貴重なギターのリペアを承りましたのでご紹介♪



PRS_1997_SAS_TOP.jpg

んんーかっこいい。
メイプルトップではないPRSも雰囲気があって良い!
アッシュのゴリゴリした木目とか、マホガニーの中心で渦を巻いた綺麗な板目とか。
たまらないですね^^

ブリッジサドルがKTSのPR-14に交換されていますね。
PRSのブリッジにも対応しているチタンサドルです。








PRS_1997_SAS_Joint.jpg

本機は製作初年度である1997年製 Swamp Ash Special。
しかも、最初期の200本だけに見られる「CEシリアル」の個体です。

しっかり弾きこまれた個体らしくスクラッチはありますが、
年代を考えると非常にきれいです。









PRS_1997_SAS_PU.jpg

この時期のPUの特徴である、角の丸いピックアップカバー。
初期モノのSASにはMcCartyピックアップが搭載されています。
このカバーを見ただけでヨダレが・・・

明るく太く、カラッとしていてヌケの良いサウンドが初期のMcCartyピックアップの特徴です。








PRS_1997_SAS_neck2.jpg

ネック。
写真だとぺったりしているように見えますが、ワイドでギラギラした素晴らしい杢。
ちゃんと硬い良い材で、これだけ太い杢のメイプルネックはなかなか見られないですね。









PRS_1997_SAS_neck.jpg

反対側から。
柾目の良いネックですね。
鳴りもガランガランと響いていてGoodでした。









PRS_1997_SAS_FB.jpg

指板も美しいカーリーメイプル。
アバロンのドットインレイも良い雰囲気です。









PRS_1997_SAS_POT.jpg

前期モデルである3wayトグルスイッチ仕様のSwamp Ash Specialは、
センターピックアップは単体で動作しません。

トーンポットを引っ張り上げるとセンターピックアップがミックスされ、
シングルコイルのようなジャキジャキしたサウンドになります。

よっちゃんこと野村義男氏が好んで使われているのも、
このサウンドバリエーションを好まれているのでしょう。


今回のリペア内容は回路の修正でした。
音が出なくなってしまったとのことで、サーキットの点検&修理。
きっちり直してお渡ししました。

もうすぐ20年になろうという個体ですが、その他の箇所のコンディションはバッチリ。
どの年代のどの個体を触っても感じられるPRSの品質の高さは本当に感心します。


普段使い慣れていると、少しずつ変化していくコンディションに人のほうが慣れてしまって、
バランスを崩していることに気づかないケースも良くあります。
なんともないと思っているギターでも、しばらくメンテされていないのであれば一度点検してみてはいかがでしょうか。

いろいろなギターを見られると、Tが喜びますよ(笑)

それではまた明日。
皆さまのご来店、お問い合わせをお待ちしております^^
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL /// 水木連休
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 23:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

I love Telecaster!(Provision, Combat, MOMOSE)

こんばんは。
Tでございます。

今日は良い天気でした。
もう梅雨も明ける頃だと思いますが、今年は空梅雨ですね。
Tの地元は非常に雨の少ない地方(年間900mm程だそうです)で、小さいころに雨乞い祭りをやっていた記憶があります。

そんな気候が影響してか(そんな訳がない)、Tはテレキャスターのルックスもサウンドも大好きです。
カラッジャキっとヌケが良くて豪快に鳴る、良いテレはやみつきになります。
普段PRSやハイエンド系のギターを触ることが多いので、なおさらかもしれません。
(もちろんそれらも大好きです!)



ということで、お店にストックしているテレシェイプのギターをまとめてみました♪







まずはこれから!

Provision_Karakusa_Black.jpg

Provision Guitar Karakusa - Black -
 ⇒ ギャラリーへのリンク
http://buguitars.com/vars/Provision/Karakusa_Black/index.html


山口県宇部市に工房を構えるハンドメイドギター工房「プロビジョンギター」。
特に関東では流通量が少なく、まだまだ馴染みの薄い工房ですが、第一線で活躍するプロミュージシャンが愛用するギターを数多く製作しています。

オフィシャルHPで一部ですがミュージシャンの愛器が見られます。
http://www.provisionguitar.com/artist/artist.html

本機はGLIM SPANKY 松尾レミさんの愛器ドンズバモデル。
音楽性にピッタリなサウンド。
けれど、これから先に広がっていくであろうサウンドにも対応できるだけの懐の広さも持っています。









Provision_PDTE_Maziora.jpg

Provision Guitar PDTE Color Sample #1 - Maziora Satin -
 ⇒ ギャラリーへのリンク
http://buguitars.com/vars/Provision/PDTE_ColorSample_MAZIORAsatin/index.html


続いてもプロビジョンギターのテレシェイプ。
Karakusaはサウンドホールに手の込んだ唐草模様があしらわれていますが、スペックは至ってシンプル。
本機PDTEはプロビジョンギターのフラッグシップモデルらしく、あったら良いなが全部盛り。

・ボディの表裏に入ったコンター
・ネックジョイント部のヒールカット
・HSHピックアップレイアウト
・オリジナルピックアップ
・5way スペシャルサーキット
・Wilkinson ブリッジ
・Hipshop ロッキングペグ

しかも本機はニューカラー作出の為のプロトモデルのため、レギュラーモデルと全く同じスペックで、
ワンオフカラーのマジョーラサテンなのにレギュラーモデルよりずっっっとお買い得プライス!

傷有り品や訳有品ではありませんので保証ももちろん通常通り。

これは手に入れない理由がないと思いますよ♪本当にお買い得です。









Combat_TLwarm_Allrosewood.jpg

Combat Guitars TL warm B.U.G. special order All Rosewood - Natural -
 ⇒ ギャラリーへのリンク
http://buguitars.com/vars/combat/all_rose_tlwarm/index.html


コンバットギターズの看板モデル、多数のミュージシャンに愛用されてきたウォームシリーズ。
そのウォームシリーズをベースに、ネック、ボディともオールローズウッドで特注しました。
スルーネックに使える良質で長尺なローズウッドは入手が難しく、今後の製作が難しい一本です。

ローズウッドの艶っぽいサウンド、ホロウの広がり感。
オールローズとは思えない極上のサウンドが味わえます。

ギタリスト山口和也氏も太鼓判!の一本です。








MOMOSE_MTH1_STD_PUTER.jpg

MOMOSE ワンオフ カスタムオーダー MTH1-STD - Puter -

こちらは近日福岡サンパレス店に入荷します!
名ビルダー(個人的には名工と表したい)百瀬恭夫氏のプロディースで製作されるモモセ。
質実剛健、高品質、かっこよい。

ピューターと言えば御大 Eric Clapton!かのSTのカラーを手本に製作しました。
渋く光るグレイッシュなメタリックが素敵!

正統派のThinlineモデルですが、本家のそれほどブヨブヨせず、ジャキっと感が楽しめます。
もちろんホロウの響きも楽しめるし軽いし、ライブ等で使ったら絶対かっこいいギターです。




紹介してると欲しくなりますね。
気になるテレキャスターシェイプはありましたか?
どれもなかなか入手できないモデルばかりですので、ぜひ♪

それでは明日のご来店、お問い合わせお待ちしております^^
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL /// 水木連休
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。


posted by チーフT at 23:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 by T (チーフ龍野) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

最近の入荷品まとめ!(PRS ME, PS, EXP Cu24-08, S2Vela, Saito S-622JMC, Vanzandt Classic Series JMV, Provision Guitar PDTE, SHINOS Luck 6V Yoshito Tanaka Signature)

こんばんは。
Tです?龍野です?

今日は打って変わって雨でしたね。
恵みの雨とはいえ、週末の雨はなんだか残念なような気もしますね。
明日は晴れるようですね!となると今度は暑さが堪えるという(笑)
夏らしいといえば夏らしいのですが^^

さて、Twitterをご覧になっている方はリアルタイムに近く見られていると思いますが、
このところ入荷がガンガンありまして、ギャラリーページを鋭意製作中です。

こちらでも最近の入荷品をさらっとご紹介♪
個別ページがあるものに関してはリンクを貼っておきますのでそちらから飛んでいただけると助かります。
ないものに関しては近々アップ予定ですが、いち早く詳細を知りたい!という場合は、
下記のお問い合わせフォームからご連絡頂けますと幸いです♪
Bottom's Up Guitars オフィシャルHP お問合せページ


それでは始まり始まり〜。


Saito_S-622JMC_Ash_Petunia.jpg

SAITO GUITARS S-622JMC Ash / Maple - Petunia -
 ⇒ Bottom's Up Guitars オフィシャルHP ギャラリーページ
新色ペチュニア!
アッシュボディとカラーのマッチングが秀逸です。
ネックのラインも素敵!







Saito_S-622JMC_Ash_MorningGlory.jpg

SAITO GUITARS S-622JMC Ash / Maple - Morning Glory -
 ⇒ Bottom's Up Guitars オフィシャルHP ギャラリーページ
一番人気のモーニング・グローリーでJMCを製作。
とっても爽やか♪
サウンドもアッシュメイプルのヌケ感、透明感が気持ち良いです。








SAITO_S-622JMC_Naked.jpg

SAITO GUITARS S-622JMC Alder / Rose FB - Naked -
 ⇒ Bottom's Up Guitars オフィシャルHP ギャラリーページ
アルダーのナチュラルサテンって良いですよね。
渋い。
上のアッシュメイプルに比べるとミドルが艶っとして粘りがありますね。








Vanzandt_JMV_CS2J_59Blonde.jpg

Vanzandt Classic Series JMV-CS2J Brazilian Rosewood Fingerboard -'59 Blonde-
 ⇒ Bottom's Up Guitars オフィシャルHP ギャラリーページ
ジャズマスターつながり、というわけではありませんが時を同じくして入荷。
素晴らしい材と素晴らしい技術を持って製作された珠玉のジャズマス。
ハカランダ指板もしっとりしていて素晴らしいですよ♪
非売品の Fullertone ピックアップは本当に素晴らしいピックアップです。







ME_STP_AB.jpg

PRS 2004 Modern Eagle Stoptail - Abalone - Brazilian Rosewood Neck & BZF
 ⇒ Bottom's Up Guitars オフィシャルHP ギャラリーページ
初年度製作の初代モダンイーグル!カラーの分かれたトップ材、素晴らしいセレクトライトウェイトマホガニーバックにハカランダネック&指板。
MEはオーラがあるギターですね、やっぱり。








PS_Custom24_AQ.jpg

PS#3026 Private Stock Custom24 McCarty Thickness BZF -Aquamarine-
 ⇒ Bottom's Up Guitars オフィシャルHP ギャラリーページ
当店BossがPRSファクトリーで選定してきた材を使って製作されたスペシャルオーダー品です。
トップ、バック、ネック、指板・・・手抜きなし!
サウンドも#7ピックアップがバッチリはまり、Custom24の枠を超えたスペシャルなギターになっています。







PRS_Experience2016_Custom24-08__Limited_Copperheadburst.jpg

PRS Experience PRS 2016 Limited Custom 24-08 -Copperhead Burst-
 ⇒ Bottom's Up Guitars オフィシャルHP ギャラリーページ
国内12本のみ!EXP PRSに参加したディーラーのみ取り扱いの限定モデルです!
音量ロスがほぼない独立タップができるナイススペック!
今後レギュラーモデルかの予定はありませんよ?








PRS_S2_VELA_MTB.jpg

PRS S2 Vela - Vintage Mahogany -
 ⇒ Bottom's Up Guitars オフィシャルHP ギャラリーページ
ついに国内販売開始!初物を特別商談会で選定してきました!
この感じ・・・良いです♪
掻き鳴らしても楽しい、いろいろ掛けてポロポロ弾いても良いギターですね。








Provision_PDTE_Satin_Maziora_Body3.jpg

Provision Guitar PDTE Color Sample #1 −Maziora Satin
 ⇒Bottom's Up Guitars オフィシャルHP ギャラリーページ
プロビジョンギターのフラッグシップ「PDTE」の新色作出用のカラーサンプルモデル!
サテンマジョーラは黒をベースに光源によって赤や緑、紫が乗ってくる不思議なカラー。
グロスほどギラギラせず落ち着いて見えるので、場所も持ち手も選びません。








SHINOS_Luck6V_Front.jpg

SHINOS Luck 6V Yoshito Tanaka Signature Model
 ⇒  Bottom's Up Guitars オフィシャルHP ギャラリーページ
音にうるさいミュージシャンがこぞって使い出しているミュージシャンズアンプ「シノーズ」。
今をときめく超売れっ子ギタリスト 田中義人氏のシグネチャーモデル!
クリアでヌケがよく、歪ませると適度にコンプレッション感が出て非常に弾きやすいアンプです。
ブティックアンプのリッチさ、芳醇さはしっかりありつつ、ありがちな癖の強さはなく、
扱いやすいアンプです。
ぜひ一度鳴らしてみて欲しいアンプです♪







ほかにもまだまだいろいろ入ってきています!ので!
オフィシャルHP、Twitter、Facebookを引き続きチェックお願いします♪
・オフィシャルHP /// http://buguitars.com
・Twitter /// https://twitter.com/BuGtrs
・両店共通Facebookページ /// https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars


それではまた明日!皆さまのご来店をお待ち申し上げます^^
posted by チーフT at 23:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

David Thomas McNaught Guitars Factoryから

チラリ。

2016McNaught_Flame.jpg


2016McNaught_Quilt.jpg


相変わらず素晴らしい材がワンサカ!
オーダーでお待ち頂いている皆さま、期待してお待ちくださいね。

Bottom's Up Guitars 代表 重浦
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL /// 水木連休
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by 東京本店 at 18:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

米国 現地時間7/2 AM2:43 ノースカロライナ州より‪ #‎McNaughtTrip2016

おはよ... こんばんは! 現地時間7/2 AM2:43 ノースカロライナ州よりお届け、‪#‎McNaughtTrip2016‬ のお時間です。


さてさて、航空会社により失われたワタクシのスーツケースですが、その後何とか回収して参りまして、初日の宿にチェックイン。

ところが・・・ 
何度やってもカードキーがエラー。

部屋に入れず、3回カギを再登録(磁気書き換え)してもらうも、ドアが開かず、、、

幸い満室ではなかったので、新しい部屋に案内してもらったら・・・ 

入室後荷解きして、疲労のあまり一度ベッドに潜りこむかと思ったところ! 

なんと! 掛け布団をめくるとベッドが濡れていた!!



northcarolina_hotel.jpg



もうさすがに交渉して新しい部屋にするのも(荷解きしちゃってるし、部屋着だし)辛いものがあって、
「まぁツインベッドだしいいか。」と、隣のベッドで寝ることにしました。


さあて明日の朝以降は何もトラブルが起きませんように!
明日の工程は、ホテル→空港→レンタカー基地→シャーロットダウンタウンを横目に一路田舎町へ。
David Thomas McNaught Guitarsの工房へ潜入です! 
※下の写真は私が12年前の7月に現地で撮ったものです。
oldtimes_McNaught.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL /// 水木連休
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。

posted by 東京本店 at 16:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

米国DTM(David Thomas McNaught)Guitars へ行ってまいります♪

こんばんは。
東京本店マネージャーの龍野でございます。

さて、FacebookやTwitterではチラと情報を流した通り、本日より米国DTMファクトリーを訪問してまいります!
Bossがですけれども(笑)


ちょうどひとつき前には同じ米国東海岸にあるPRSファクトリーへオーダー&イベントExperience PRSに参加、
戻ってきたら今度は福岡の専門学校の学園祭出展のため福岡へ、
そして今度は再度東海岸ノースカロライナのDavid Thomas McNaught Guitars 訪問と・・・
この2ヶ月のBossの動きはいつにも増してダイナミックでした。

今回のマクノウト訪問でも、皆さんが嬉しいおみやげを両手に抱えて帰ってきてくれることでしょう!
私も楽しみに待っております^^


やはり現地に行くのといかないのでは全く違う!ということを再認識しました。
ナマの情報がリアルタイムに得られますし、話も早く、スムーズです。

そして肌で感じるファクトリー内やたくさんの人々、周辺環境の雰囲気は行かねば絶対にわからないもの。
イベントは一般の方もたくさんいるので、ファンの温度もわかりますし、普段とは違った側面からもブランドを見ることができる、非常に良い機会です。



恐らく現地からの投稿は明日の夜辺り?からではないかと思います。
それまではこちらをチラ見しつつ、楽しみにお待ちください^^


DTM_EWC_DJplus_Quilt.jpg


こっそり全体像初お目見え。
Exotic Wood Collections 最新作♪
こんな材が(本当に)ゴロゴロしているDTM、恐るべし。

週末はもちろん、東京本店、福岡サンパレス店ともに元気に営業致します。
皆さまのご来店、お待ち申し上げます。

それでは、Tこと龍野でございました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL /// 水木連休
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 22:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | McNaught関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メールアドレスは非公開になります。