2018年12月13日

【画像大量♪】これを買わずして何を買う!? 日本には各カラー1本ずつ、計2本しか入荷しなかったウルトラレアPS!PRS Private Stock HollowbodyII McCarty594 Limited Edition!


こんばんは。
Tでございます。

さてさて、先日より各種媒体でザワザワしているPRSの新入荷。
東京、福岡ともに目利きと引きを存分に発揮したセレクトになっています。
どれをとっても間違いなし!ですので、これは!と目に止まった個体がありましたら、各店舗にお問い合わせくださいませ♪


そして今回・・・
Tが久々に「これを買わずして何を買う!?」と紹介するのは、ひときわ輝くこちらのギター!

↓↓↓↓↓

PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_all.jpg

Paul Reed Smith Guitars / Private Stock Hollowbody II McCarty 594 Limited "1 of 60" Laguna Glow Smoked Burst
販売価格 1,600,000円(税別)


いやはや美しい。
カラー名に違わぬグリーンとブルーの美しさです。


さてこのモデル、何が凄いかというと、


『日本国内には各カラー1本だけ!』
そしてこちらの『ラグナ・グロー・スモークド・バースト』は国内にこれ1本だけ!


しかも『日本国内の入荷は合計たったの2本!』
ちなみにもう一本は今年のはじめに国内入荷したNAMM参考出展品(即売却済)・・・
つまりこれがラストチャンス!


『世界全体で見ても60本のみの製作!』
通常のLimited Edition PSが100本ほど作られることを考えても非常に少ない製作本数!



と、数がとんでもなく少なく、今後の国内への新品入荷がもう既に無いわずか2本目にして最終入荷のリミテッドエディションなのです。

ソレを今回、バッチリ選定して参りました♪





これは絶対手に入れておいたほうがいい!心から!






まずはスペックをご紹介!


Paul Reed Smith Guitars
Private Stock HollowbodyII McCarty594 Limited Edition


Top Wood: Curly Maple with Blue Paua Purfling Along the Top Contour
Back Wood: Curly Maple with Blue Paua Purfling Along the Back Contour
Side Wood: African Mahogany
Number of Frets: 22
Scale Length: 24.594"
Neck Wood: Figured Mahogany
Fretboard Wood: African Blackwood with Curly Maple Binding
Neck Shape: Pattern Vintage
Inlays: Agoya Birds with Blue Paua Outlines and Blue Paua Purfling
Headstock: African Blackwood with Curly Maple Binding
Headstock Veneer Inlay: Agoya Private Stock Eagle with Blue Paua Outline, Blue Paua Purfling and Mother of Pearl “2018 Limited” Engraved Banner
Side Dots: Black
Bridge: PRS 2-Piece Stoptail
Tuners: Phase III Locking Tuners with African Blackwood Buttons
Nut: Bone
Hardware Type: Gold/Nickel
Treble Pickup: 58/15 LT Treble
Bass Pickup: 58/15 LT Bass
Controls: Two Volume, Two Push-Pull Tone Controls with 3-Way Toggle
Finish: DGT Nitro
Weight: 2.85kg
Case: Private Stock Black Western Tolex





現在PRS Guitarsの全ラインナップの中でも大人気 & 注目度ナンバーワンのマッカーティ594と、ホロウボディIIを融合させたスペックとなります。






それでは詳細を見ていきましょう♪
(いつもどおり、クリックで大きな画像が見られます♪)

ボディ部


PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_top1.jpg PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_top2.jpg
PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_top6.jpg PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_top5.jpg
PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_top4.jpg PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_top3.jpg


太く揺らめく美しいプライベートストックグレードのカーリーメイプルトップ。
どの角度から見ても美しい。

グリーンからブルーへと移り変わるカラーが、光の向きや強さで色合いがどんどん変わっていきます。
カメラ泣かせというか写真撮りにはたまらないというか・・・何枚撮っても飽きずについつい枚数が増えちゃいます(笑)

そうそう、本機はDGTニトロ(グロスラッカー)フィニッシュです。
ラッカーのふわっとした光り方と質感、これがまたいい感じなんです。







PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_toggle.jpg PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_toggle2.jpg
PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_tofhole.jpg PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_toparch.jpg


ボディの外周、ナチュラルバインディングの内側にはブルーパウアのパーフリングがぎっしりと。





PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_toparch.jpg

アーチに沿って入れられたこのパーフリング、明るいところできれいなのはもちろん、薄明かりのもとで見ると一層美しく輝きます。
こんな感じ。
↓↓↓↓↓

PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_FB_dark2.jpg

ダウンライトで見たらクラクラきちゃいますね♪






PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_bodyback2.jpg

ボディバックもトップと同じくPSグレードのカーリーメイプル。
バックはピックアップやブリッジ、コントロール等がないので、グラマラスなカーブがより楽しめます。






PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_bodyback.jpg

本モデルはボディバックの外周にもナチュラルバインディングとブルーパウアのパーフリングが入れられています。
トップ同様にバックも薄明かりでギラギラに輝きます♪







PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_backarch.jpg

陰影をつけると杢目もまた違った印象に映りますね。








PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_toparch2.jpg

トップ&バックに挟まれたボディサイドは、PS用にセレクトされたアフリカンマホガニー。
PRSのホロウボディはボディトップ〜ボディセンター〜ボディバックの3層構造になっています。

PRSのHollowbodyIIはレギュラーモデル、PS問わず、センター部分はワンピース材からボディの外周とネックジョイント部、ブリッジの下部を残してくり抜かれています。
とんでもなく贅沢なつくり方です。。









指板〜ヘッド



PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_FB.jpg

本機の指板はアフリカンブラックウッドをカーリーメイプルで巻いています。
そしてその内側にはボディとマッチングしたブルーパウアのパーフリングが。



PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_FBbird2.jpg PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_FBbird1.jpg

つるつる、すべすべの指板です。
ローズ系独特の暴れた木目が雰囲気満点。
それなのに導管がほとんど開いていなくて、非常によく詰まって、光にキラキラ輝く木目です。





PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_neck4.jpg

指板のバードインレイはセンター部分がアゴヤ、外周をブルーパウア。
アゴヤは色味がホワイトマザーオブパールに似ていますが、光が入ると七色に光ります。
上品で美しいバードインレイです。







PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_FB_dark.jpg

薄明かりで見ると本当にきれいです。









PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_Head2.jpg

ヘッドもアフリカンブラックウッド&カーリーメイプルにブルーパウアのパーフリングの組み合わせ








PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_Headside2.jpg PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_Headside.jpg

横から見るとカーリメイプルバインディングがバリっと!
ヘッドの外周はボディのナチュラルバインディング(色の塗り分け)とは違い、カーリーメイプルを外周に貼っています。

そしてちらっと見えるネック材が・・・(笑)








PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_Eagleinlay.jpg

ヘッドのインレイはバードインレイと同じアゴヤをブルーパウアで巻いたイーグルインレイと、『2018 Limited』と彫り込まれたマザーオブパールのスペシャルバナーが入れられています。








PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_Head_dark.jpg

ヘッドも薄明かりでご覧の通り♪
シェルがキラキラ光ってきれいです。







ネック


PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_neckback.jpg

ネックにはフィギュアド・マホガニーを採用。
毎度感じますが、こんなに細かくくっきりフィギュアの入ったマホガニー材、ポールリードスミス以外のメーカーで見たことがありません。






PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_neckback_2.jpg

もちろんPRS社がゴロゴロ持っているわけではなく、本当に希少な素材です。
メイプルとは違ったちょっとワイルドな感じ。







PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_headback.jpg

ヘッド裏もギラッギラ。
PSナンバー、完成日時、シリアルナンバーとPaul Reed Smith氏、Paul Milesのダブルポールの直筆サインが入れられています。
ギターを構えていても見えるネックサイドとヘッドでニヤニヤできます(笑)








ハードウェア



PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_Bridge_b.jpg

ブリッジはマッカーティ594と同様のPRS 2Piece Stoptail Bridge。
※光の関係で黒っぽく見えますが、黒く見えるところは銀色です。

ブリッジ部分はTune-O-Maticブリッジと同様に、ネジ切りされたスタッドにディスクを設置し、その上に置く形状。
ストップテール部は上からネジ止めになっているので、弦を外しても脱落しないようになっています。






PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_Bridge2.jpg

Gold / Nickel の ハイブリッドカラーになっていますが、ゴールドに見える部分は無垢のブラス製。
近年のPRSのハードウェアはサウンドを考慮し、弦の触れる箇所とネジ類は非メッキのブラス製となっています。







PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_Bridge3.jpg

ストップテール部を後ろ側から。
上から弦を通して引っ掛ける、非常に簡単に弦交換ができる仕組みです。









PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_phaseIIITweaked.jpg

ペグは『"Tweaked" PhaseIII Locking Tuner』
ペグ本体とペグボタンを離すことで、より自然な響きを得る仕組みになっています。
ペグボタンは指板、ヘッド表面の突板と同じくアフリカンブラックウッド製です。








ピックアップ&コントロール




PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_BassPU.jpg PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_BridgePU.jpg

ピックアップは58/15LTセットのハイブリッド仕様。
薄いスカッフド加工(ヘアライン加工ともいわれます)が高級感を更に引き立てています。


58/15LTは1958年製の『あのハムバッカー』をモチーフに製作されたPUを更にブラッシュアップしたモデルです。
McCarty594、HollowbodyIIにのみ採用されており、「このPUは単体販売されないのか!?」とお問い合わせの多いモデルです。
(残念ながら2018年末現在は単体販売の予定はありません)







PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_CTRL2.jpg

コントロールは2ボリューム、2トーン
トグルスイッチはホーン部にありますね。

トーンポットは両ピックアップ独立のプッシュプルタップスイッチになっており計8音色が出せるようになっています。

2ボリューム2トーンのコントロールは、両PUのミックス具合で多彩な音色が作れますので、1ボリューム1トーン派の方にもぜひ活用して欲しいと思います^^








サウンド


実際に弾いてみて感じるのは、これまでのHollowbody IIにあった生音の硬さが少ないこと!

ちなみに・・・
これまでのホロウボディIIは良く言えばきらびやかなサウンドが特長で、言い換えるとちょっと硬いサウンドだったと言えます。
そのため、当初はボディバックがマホガニーのHollowbody Iや、スプルーストップのHollowbody Spruceが用意されていました。


このサウンドの軟らかさは24.594インチのネックスケールによる弦テンションの軟らかさが起因していると思います。
また、ツーピースのブリッジになったことでテンションの調整もできるようになり、更にアプローチを変えることもできるのは、今後の発展性も感じさせてくれます。


アンプからのサウンドは、58/15LTピックアップのキャラクターも相まって、非常にスムースで暖かい印象です。
クリーンサウンドでは弾き方とコントロールの調整でクリアでキュッとしたトーンからまるーいトーンまで自由に作れます。

歪ませるとホットなサウンドで、アンプをオーバードライブして鳴らすと気持ち良いロックサウンドになります。

タップシングルも使いやすくて、いろいろなシチュエーションで使えるナイスなサウンドです。






いかがでしょうか!
いやー本当に見て良し、弾いて良し、希少性も所有満足度も抜群♪
これはどの方面から見ても『買い』です!!



そうそう、ケースもめちゃくちゃかっこいい♪
↓↓↓↓↓
PRS_PS7228_HB2McCarty594LTD_LGS_C_case.jpg

Private Stock Black Western Tolex ケース♪
これだけでいくらするんだ・・・(笑)



それでは最後に、入荷時のBlogをご覧になっていないかもしれない方のために、
ポールさん本人が解説をしているYoutube 動画を見て頂いて締めたいと思います。






ご注文、お問い合わせはお早めに♪
それでは・・・
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
http://www.buguitars.com/ask.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 16:44 | 東京 ☁ | Comment(0) | PRS Private Stock(プライベートストック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

B.U.G. 東京本店ポールリードスミスギター選定品 お披露目!!/実機写真と動画、全機種掲載!


ーーーーーーーーーーー

普段は文字情報と一眼レフでの写真=フォトギャラリーで品物の魅力に迫っていますが、この機会においては、立体的なこのポールリードスミスギターの魅力=木材やそのグラマラスなシェイプやカラーリングをお伝えすることを目指して、動画で撮ってみました。

スマホ画質ではありますが、最新のAndroid Phoneを使って、Full HDで撮影しましたので、静止画では伝えきれない『光と影の織りなす杢の魅力』をご覧頂き、『My New Gear』ショッピングの一助になれば幸いです。

ーーーーーーーーーーー


ボトムズアップギターズの選定においては、各個体の目利きは勿論のこと、稀少価値も加味しつつ、何よりも “プレイヤー目線” での品定めを欠かさず行っています。


ーーーーーーーーーーー

『Paul Reed Smith Guitars / S2 Studio Limited Edition / Frost Green Metallic』

このS2スタジオ・リミテッド・エディションも、限定生産モデルで、世界的にも数が少なく、そしてほぼ日本では販売されていない(国内入荷数が極僅か)なモデルでありながら、非常に『プレイヤー喜ばせ』なSPECが詰まった『推し』モデルです!!

PRSのアイデンティティである『Custom』のアウトラインを大きく崩さず、オリジナル PRS Type-D singlecoil を2機搭載、そしてリアピックアップもStarla Treble PU (コイルタップ可能) を搭載。

独自の回路により、8通りの音作りが可能になっています。

※PU Selector ミドルポジションではテレキャスターのMIXポジション的なサウンドも作れます♪


こちらの個体は、国内正規輸入品・特別選定商談会での、ボトムズアップギターズ・ハンドセレクトの一本で、東京都大田区田園調布の『東京・田園調布本店』と、福岡市博多区の『福岡サンパレス店』に一本ずつ入荷したギターです。


販売価格: 148,000円(税別)


ボトムズアップギターズのPRS特別選定商談会 ハンドセレクトアイテムのご紹介!{Custom24,   McCarty 594 Soapbar, Hollowbody II McCarty594, Private Stock, S2 Studio Limited, }


ボトムズアップギターズのPRS特別選定商談会 ハンドセレクトアイテムのご紹介!{Custom24, McCarty 594 Soapbar, Hollowbody II McCarty594, Private Stock, S2 Studio Limited, }



YouTube Movie
実機の外観の様子を動画でお伝え







『Paul Reed Smith Guitars / Custom24 / Bird inlays / Angry Larry 』

こちらの個体は、国内正規輸入品・特別選定商談会での、ボトムズアップギターズ・ハンドセレクトの一本で、東横線多摩川駅徒歩4〜5分の『東京・田園調布本店』に入荷したギターです。

ネックグリップは「Pattern Regular」
ハードウェアは「Nickel」で、最近多いHybrid(金銀コンビ)じゃないところも推しポイントですね。


実は... ピックアップを「Dragon2」に載せ換えて、Special Circuit 仕様に、久しぶりのB.U.G. Mod.しようかな〜 なんて気持ちもあったりして・・・ Wでおすすめです。 (^^)


販売価格: 388,000円(税別)

ボトムズアップギターズのPRS特別選定商談会 ハンドセレクトアイテムのご紹介!{Custom24,   McCarty 594 Soapbar, Hollowbody II McCarty594, Private Stock, S2 Studio Limited, }


ボトムズアップギターズのPRS特別選定商談会 ハンドセレクトアイテムのご紹介!{Custom24, McCarty 594 Soapbar, Hollowbody II McCarty594, Private Stock, S2 Studio Limited, }


YouTube Movie
実機の外観の様子を動画でお伝え





『Paul Reed Smith Guitars / McCarty 594 Soapbar Limited / Bird inlays / Antique White』


現在日本にこの一本しかない、(恐らく今後も入荷見込みの無い) Antique White Colorの、特注ソープバー x 2 を搭載したMcCarty 594 Ltd.です。


アメリカのPRSのホームページで、受注限定生産モデルとして、昨年「July 11 – August 31, 2017 only through authorized PRS dealers and distributors.」と発表された、マッカーティ594の限定生産モデルです。


ピックアップにセイモアダンカンとの共同開発「P90」を2発搭載し、思っている以上に幅広い演奏に利用できるギターに仕上がっています。

シングルコイル由来のノイズはあり、そこはハムバッカーには敵いませんが、逆にこのピックアップでしか鳴らせない独特のTONEは、ハムバッカーには戻れないと思うプレイヤーもいるほど。

重ねて言いますが、このギターを食わず嫌いするのは、音楽人生での貴重な体験を得られず過ごすことになります。
ぜひ実際にちゃんと試奏できる環境でお試し頂きたい秀逸な楽器です。


販売価格: 490,000円(税別)


ボトムズアップギターズのPRS特別選定商談会 ハンドセレクトアイテムのご紹介!{Custom24, McCarty 594 Soapbar, Hollowbody II McCarty594, Private Stock, S2 Studio Limited, }


ボトムズアップギターズのPRS特別選定商談会 ハンドセレクトアイテムのご紹介!{Custom24, McCarty 594 Soapbar, Hollowbody II McCarty594, Private Stock, S2 Studio Limited, }


YouTube Movie
実機の外観の様子を動画でお伝え







そして・・・

今回のイチバン選定、入魂のプライベートストックを釣り上げて来ました!!!



『Paul Reed Smith Guitars / Private Stock Hollowbody II McCarty 594 Limited "1 of 60" / Laguna Glow Smoked Burst』


このPrivate Stock Limited HBII 594 Laguna Glowの日本への入荷は、この個体一本でかつ今後の限定モデルの日本への入荷はありません


ホロウボディ594リミテッドエディションのワールドワイド限定生産数は「60本」
そのうち日本への入荷数は2本。
既に、2018年春に1本目は入荷し、即売約。


そして遂に2018年末、このギターが到着し、フィナーレを迎えました。


Two-Pieceブリッジに、4コントロール(Volume x 2 , Tone x 2)の回路を持ち、24.594インチスケールのバリ虎マホガニーネックを持つ、完全なホロウ構造のMaple Top & Backボディからは、体験した者にしか味わえない、未体験のToneが生み出されます。

生音からレコーディング、スタジオプレイ、ツアーまで、あらゆるシチュエーションで満足頂けるTop of the Worldのギターを手にするチャンスです。


PRS-PrivateStock-HollowbodyII_McCarty594-Limited-LagunaGlow-main1.jpg


PRS-PrivateStock-McCartyHollowbodyII_594_Limited-LagunaGlow-main2.jpg


こちらの個体は、国内正規輸入品・特別選定商談会での、ボトムズアップギターズ・ハンドセレクトの一本で、東横線・多摩川駅・徒歩4〜5分の『東京・田園調布本店』に入荷したギターです。

販売価格: 1,600,000円(税別)


YouTube Movie
実機の外観の様子を動画でお伝え



One more...
The Private Stock Hollowbody II 594 Limited Edition | PRS Guitars
Introduction by Paul Reed Smith Himself.





TEL: 03-3721-1721 ※ご来店は完全予約制(予約ない場合水曜日不在)

担当: 龍野 or 重浦


●Twitter: https://twitter.com/BuGtrs

●デジマート: { ボトムズアップギターズ各店舗掲載品の一覧へのリンク



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by 東京本店 at 21:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | PRS Private Stock(プライベートストック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

チラリ・・・ / 選定品が入荷して参りました・・・ 本番記事は追って...


ボトムズアップギターズのPRS特別選定商談会 ハンドセレクトアイテムのご紹介!{Custom24, McCarty 594 Soapbar, Hollowbody II McCarty594, Private Stock, S2 Studio Limited, }


あ。。。 間違った💦 これは福岡サンパレス店のギターだった・・・!

あっちのBLOGにも載ると思いますので、チェックお願い致します...(^^; )



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by 東京本店 at 14:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | サキダシ新入荷情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

今年最後の『Paul Reed Smith Guitars』特別選定商談会に臨みました。ボトムズアップギターズのコンセプトとは?(15年間このポリシーですが)


BuGtrs_PRS_PrivateStockHollowbody2-McCarty594Limited_eagle.jpg


PRS_BuGtrs_SelectedCustom24_AngryLarry.jpg


BuGtrs_PRS-Custom24-08-Handselected.jpg



毎年、NAMMショウのモデルが発表されたの3月頃、、初夏の頃、、秋、、そして12月・・・


それ以外にも米国(PRS Guitars本社)でもこの『選定会』に参加し続けて、恐らくこのBLOGにも数十件の記事が残っているかとは思いますが、私(=ボトムズアップギターズ)がギターをセレクトする際に大切にしていることを、今日は記したいと思います。


●ギターとしての完成度 / プレイヤビリティ&サウンド

●オリジナリティ / 意匠も含む

●ワクワクがあるか / 稀少価値も含む

なのですが、



こと、PRS Guitarsに関して言えば、

■プレイヤー目線での品定め / 音 や アプリケーション(可能性)

■PRSらしさ / PRSらしいオリジナリティがあるか

■稀少価値 / 日本でこれだけしか入手できない等

を、大切に『目利き』して来ています。



そこは勝負の世界なので、やはり くじ運 や 多数の参加企業との 戦略的かけひき もあるにはありますが、いつでも大事にしている『B.U.G.らしさ』は、“当社が国内初をやる” とか
“当社のみ扱うことが出来る” と言った、先駆者的、専門店的要素も逃さないように集中して、数百本の中から上述のようなことを気に掛けて、じっくり真剣に向き合って、ハンドセレクト(=まさに選定)して来ます。


時には、2番手3番手の順で、その前まで狙っていた個体が他店様に先に取られてしまい、次点をどれにすれば戦略(コンセプト)がブレないかと考えを巡らせて、選定品を決定回答するまで若干時間を要することもあり、他店様を待たせてしまうこともありますが、これらの重要なポイントをずらさず、もう一度申しますが、『B.U.G.らしい』買い付けを全うする使命に心血を注いで、この特別選定商談会を過ごしています。


今回の記事で、少しでも私達ボトムズアップギターズの信念がお伝えできれば幸いです。


Bottom's Up Guitars 代表 重浦 宏太
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by 東京本店 at 11:14 | 東京 ☔ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

本日はPaul Reed Smith Guitars特別選定商談会に出席しています。(真木も福岡から参戦!)

20181205_133208.jpg
20181205_124734.jpg

後ほど今日の戦果報告も致しますね(^^)

Bottom's Up Guitars Tokyo & Fukuoka.


デジマートストックリスト



posted by 東京本店 at 14:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

JOSH SMITH BAND with TRAVIS CARLTON & GARY NOVAK @ 丸の内COTTON CLUB 12/4 1st stage. &筆者近況。


いま注目のフロリダ出身のブルースギタリスト「JOSH SMITH(ジョシュ・スミス)」が実力派メンバーと共にコットンクラブ初登場!


artist_Josh_Smith_guitar.jpg


と、いうことでこんにちは。
今日は小春日和(←まだ12月になったばかりだからギリギリセーフでしょ?(笑))に恵まれた東京です。

今夜は、『JOSH SMITH BAND with TRAVIS CARLTON & GARY NOVAK supported by TRI-SOUND |ジョシュ・スミス・バンド・ウィズ・トラヴィス・カールトン & ゲイリー・ノヴァック サポーテッド・バイ・トライサウンド』を観覧に行って参ります。

場所は、東京駅のそば『丸の内コットンクラブ』

1stステージの17時開場に行き、終演後はミュージシャンらと銀座ディナーの予定です。


このJosh Smith... なんとなんと、ギターの弦の太さ・・・「13−56のレギュラーチューニング」とか「うえは(6弦は)60らしい」とも言われている猛者っぷり。

いや、それベース弦でしょ!! Σ(゚Д゚)




さて皆さん。

12月に入りまして、師走モードでしょうか??


筆者の近況はと申しますと、11月の頭にJ-Guitarを無期限休止宣言をし、デジマートの運用を推進する決断をしまして、その後は、ショップ業務と並行してギターメーカーのアドバイザーとしての仕事や、福岡への出張、社長業全般、お世話になっている方々との時間、家庭の行事、ライブ観覧、ギター製作の打ち合わせ、「タメシビキ」撮影、などなどを経て、瞬く間に今日12月4日を迎えております。


直近だと、ガスリー・ゴーヴァンの来日公演を観覧して参りました。

そして、今夜のジョシュ・スミス、と。


先だっては、マット・スコフィールドを観覧しましたが、それでも今年はライブ観覧が少ない方だと思います。


ロベン・フォードやラリー・カールトンなども観たかったですねぇ・・・
なかなか出張やイベントと被ると行けないので、こればっかりは運としか言いようがありませんね。



さてさて、そんな11月〜12月ですが、年末に向けての見通しとしましては、
明日PRSの特別選定商談会があり、福岡の真木も含め、2店舗で出席。今週はその後もずっと予定で埋まっている状況です。
週末、8日、9日の土日は店舗勤務予定、週明けに福岡出張へ赴き、15日は不在、16日は午後3時以降勤務予定、
翌週は、ウーバーワールドのライブ観覧やその他忘年会等々で、夕方以降不在の予定が入っているのは、17日、20日、23日。
仕事納めは28日となっております。

なお、予約制ですので、基本的にどの日でも事前予約承ります。19日とか26日とかもOK!
予約なければ、水曜日は不在日としています。



ということで、重浦が不在の日も、遠慮なく(?)、店は営業しておりますので、冬のボーナスの使い道はボトムズアップギターズと定めて、ぜひぜひご来店ください。


それでは、また。

次はもっと早めに近況を更新致します!



Josh Smith インタビュー(1/2) by PCI(Pro Sound Communications)
http://www.pci-jpn.com/interviews/joshsmith/page1.html


東京・丸の内・ライブレストラン「COTTON CLUB」ホームページ
http://www.cottonclubjapan.co.jp/


アーティストからメッセージが届きました。(更新日:2018.12/3)
【 JOSH SMITH BAND with TRAVIS CARLTON & GARY NOVAK supported by TRI-SOUND 】
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/josh-smith/


COTTON CLUB インスタグラム
https://www.instagram.com/cottonclubjapan/


JOSH SMITH : 2011年のグラミー賞でミック・ジャガーと共演。マイケル・ランドウやジョー・ボナマッサからも高い評価を受ける次世代ブルースマンの筆頭格、ジョシュ・スミスが遂に初登場する。父親からの影響で幼少期より音楽に親しみ、B.B.キング、オールマン・ブラザーズ・バンド、ジミ・ヘンドリックス、マイルス・デイヴィス等を聴いて育つ。6歳でギターを始め、12歳からブルース・クラブに出演。ソロ・アルバムも現在まで4作品リリースしている。ロサンゼルス界隈を中心に幅広いジャンルのアーティストから支持を得て、セッション・ギタリストとしても多忙な日々を送るジョシュ。ラリー・カールトンの息子トラヴィス・カールトンを含む最新ユニットで、現在進行形のブルースを繰り広げる。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by 東京本店 at 13:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。