2009年03月10日

指先が溶けてしまった。(泣)

今日も引き続き事務処理やら修理やら。

そんな中、友人があのアメリカントーンキャップの超有名ブランドの工場に特注して製作したオリジナル・オレンジドロップ『FSE CUSTOM TONE CAP』の、ギターでの実験を行いました。

結論から言うと、

良い。


どう良いかって? 音艶が増大するんですよ。倍音が増大するんですよ。
これはイイね。


ただし、トーンをフルテン状態での話で、
ゼロまで絞ったときは結構効く(コンプがかかるというか、逆なんだけど音への
耐容力があがっている感じになる)ので、高音弦高音フレットでは、サスティーンが減ったように感じることもあるでしょうね。(トーンつまみゼロなら、ね。)

プロっぽく言えば、(いや、、一応プロなんですが;)、やはりギター用のコンデンサというよりは、アンプ用のコンデンサという印象を受けました。
アンプの疲れたコンデンサや低品質の物をこれに変えたら、すごく許容値というか、音声信号の入力への持ち堪える力が上がるはずです。

物凄い力でプロレスのリングロープへ突っ込んだら、ちぎれてしまいそうだったロープを、“しなやかな持ち堪え力大”の物に変えて突っ込むことを想像してみてください。 (笑)


 ところで、この文章、なんと1時間くらいかけて書いております。

今日はお客様が全部はけた後で、アンプの修理をしていましたら、
ギターを握ったまま、アンプの裸のシャーシに触ってしまい、

どむん!!

と体に電気が流れて、指先が溶けてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

右の中指の先端が白く溶けてしまって、傍にいたTさんもびっくりしていました。

いやー しまった。 思いもよらずけがをしてしまい、落ち込んでいます。

皆さんもくれぐれもご注意を。

それでは、また!

追伸 : 上記のFSE CUSTOM TONE CAPが欲しい方は、発売元をご紹介しますので、お知らせください。もちろんうちでも手に入りますよ♪
※数量限定品なので売り切れの際はご容赦ください。
posted by 東京本店 at 23:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。