2009年04月03日

連載企画☆KTS PR-17 レビューその1(準備編)

外は桜がきれいですね!
学生さんは新学期が始まり、新社会人も社会人生活が始まり、
初々しいエネルギーに満ち満ちていることでしょう♪

こんにちは、従業員Tです。




さてさて、昨日の会長の記事にありました、チタンパーツの雄、KTSさんから発売となった『PR-17』。

チタン削りだしのトレモロブリッジサドルです。
しかもこのサドル、初のレーザーカットによるKTSロゴ入りです。
マテリアル好きには堪らんですね、これだけでも(笑)

このサドルは通常のストラト系シンクロトレモロ(弦間10.5mmピッチ)対応ですが、PRSのトレモロにも対応しております

そこで!PRSに実際に乗せてみて、レビューしちゃおうというわけです♪
オリジナルスペックでも十分にレベルの高いPRSですが、サドルを交換してどう変化するのか・・・非常に興味深いですね。


まずは使用するギターとセッティングを決めます。

今回は、
・PRS Custom24 Ruby/1st/Wide Thinネック/5wayロータリースイッチ
初回のCustom22&24の比較記事の時に使用したギター(無改造)です。

セッティングは
・PRS標準のPRS弦09-42セットを使用
 (現在のPRSギターの新品は10-46セットが張られています。)
・レギュラーチューニング
・弦高は標準
という、レギュラースペックでの比較です。
なお、アンプのセッティングは同一で固定し、同様の環境で比較します。

まずは比較する前に、交換作業をレビューしたいと思います。

まずはここまで!

〜TO BE CONTINUED〜
posted by チーフT at 14:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。