2009年06月21日

MR.BIG武道館公演(日記)

昨日観て来たミスタービッグのライブレポート(ちょっとした感想程度ですが)です。



一言でまとめると、

とにかく 良かったぞ!


一曲目からブッ飛ばしのライブスタート。

開演前から会場は拍手喝采のヒートアップを見せており、大歓声に包まれて始まった一曲目。

SE終了と同時にポールギルバートの茶色のPGMから あの リフが会場に鳴り響く。

・Daddy Brother Lover Little Boy

ガツンと聞かせて、ドリルも使い、スクリーンでアップも映し、会場は大興奮の怒号の渦に包まれ、3曲一気に完奏。

セットリストは以下の通り。ファンの方々のサイトを見比べてちょっとだけ加筆修正。

大げさなMCは無くて間を空けてあるところで、暗転したり楽器を持ち替えたり、ちょこっと話して次の曲につなげたり。
(曲間の空け方は個人的につけてますので、もちろん完璧ではないと思うので、どなたか「ここはこうじゃない。」というコメントがあればご協力ください♪)


【6月20日(土) 日本武道館】
01. Daddy, Brother, Lover, Little Boy
02. Take Cover
03. Green-Tinted Sixties Mind

04. Alive And Kick'n
05. Next Time Around
06. Hold Your Head Up

07. Just Take My Heart
08. Temperamental
09. It's For You (cover : Three Dog Night) 〜 The Planets Op.32 : Mars (cover: Holst) (Billy, Paul, Pat)

10. Pat Torpey Solo (演奏中に歌を歌い。曲は The Long And Winding Road (The Beatles))

11. Price You Gotta Pay
12. Stay Together

13. Wild World (Acoustic)
14. Goin' Where The Wind Blows (Acoustic)
15. Take A Walk (Acoustic 〜 Electric)

16. Paul Gilbert Solo (Double Neck)
17. Paul & Billy Duo (Double Neck) 〜 Full Band Human Capo
18. The Whole World's Gonna Know

19. Promise Her The Moon
20. Rock & Roll Over

21. Billy Sheehan Solo
22. Addicted To That Rush

- Encore 1 -
23. To Be With You
24. Colorado Bulldog

- Encore 2 -
25. Smoke On The Water (最初にポールがドラムに座り、エリックがギターを持ってきて演奏開始。パットがベースで参加して、ビリーがボーカル。ソロのパートではエリックがギターをビリーに渡し、なんとビリーシーン御大がギターソロ&後半のバッキングを担当。速弾きしてました。そしてベースをエリックが弾き、パットがボーカルというなんとも面白い光景。)
26. I Love You Japan
27. Baba O'riley
一回終了したと見せかけて、もう一度メンバーを呼び止めてのこの曲!!
28. Shy Boy

終演は19時半過ぎ。(ちなみに17時開演)


とにかく若い頃の思い出のメンバー、バンドをこんなに良い席で楽しんでみる事が出来て最高でした。

予想よりも若い層の来場が目立ち長きに渡る、MR.BIG人気そしてメンバーファンの健在振りを感じたし、会場もかなり天井まで満席に近い状態で、鳴り止まぬ拍手に包まれイ〜イ具合でした。

今回はとても単純にファンだった一人としてこれを観られてとっても満足。

リッチーコッツェンの時も見てみたかったと思うのは贅沢な願望。

以上
posted by 東京本店 at 23:54 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
メールアドレスは非公開になります。