2009年06月27日

追悼 とにかくブッ飛ばされた日。

世の中、必ず日が昇り沈み、潮が満ちては引いて、雨が降ったら晴れの日がやってくる。 地球の反対側ではもう冬がやってきているかもしれない。

半日もすれば、たくさんの変化に見舞われる。

自分自身も他人も、人知れずたくさんの変化の中を生きている。

一日前と一日後では劇的な変化が起こっていることだっておかしくは無いのだ。

今日はブッ飛ばされた。

マイケルジャクソンが亡くなった。



 今日は日中、「急ぎで」と、アーティストから依頼されていたギターを、懇意にしているギターメーカーに持ち込んで、職人さんに作業してもらっている間に「昼飯でも食いにいこうか!」と社長夫妻と、私の車で外に出た。


「今夜はマイケルパーティだね。」と言われて、なんのことかサッパリ分からなくて、

「マイケルジャクソン死んじゃったね。」と言われてもなお、

人って(自分って)、こんなにも驚くと何も言い返せない、、、こんなにも動揺しちゃうんだって、、、
なんだかアクセルを踏む足がガクガク震えるような、、、気持ち悪い汗をかくような、、、


「ええぇえ!!??」

「いや、、、マジ信じられないっす。」 「ありえないっす。」

と返しつつも半分放心状態。


僕はブラック&ホワイトくらいからがリアルタイム(で好きになった曲)なんですが、あのデンジャラスのアルバムピクチャー(ジャケ写)の不思議なデザインはとても印象深かったのを覚えています。

最近でも聞き返す「King of POP」のアルバムからは、来月の結婚式でも使うかも?なんて話していた曲もあったりして・・・

2曲目の、マン・イン・ザ・ミラーも好きな曲でした。


そんなマイケルジャクソンを失ったとの訃報は、本当にブッ飛ばさされるでかいニュースでした。


天国では安らかに、そして、エターナル・キング・オブ・ポップでいて欲しいと思います。

生きているうちに一度もコンサートを見ることが出来なかったことが悔やまれます。

氏の残した功績の数々に敬意を評して、

心から追悼の意を評します。
posted by 東京本店 at 03:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。