2011年02月18日

Golden Eagle Dealer限定 特別商談会♪

こんばんは!
寒さも和らいで、だいぶ雪も消えました♪
今日は風が強かったですね。
Tでございます。

昨日はPRS Golden Eagle Dealer限定で行われた、
特別商談会に参加してきました。

PRS Santana II Japan Limited -Bonni Pink-

今回の商談会の品物は、
○Modern Eagle Limited
○KID Limited Edition Santana II
○2011 New Model
上記の3種でした。

Modern Eagle Limitedはその名の通り、モダンイーグルのリミテッドエディション。
57/08 Narrowfield ‐ 57/08 Narrowfield ‐ 57/08 Trebleという、
今後入荷するであろうStudioの前身と言えるピックアップレイアウトに、PSグレードのフィギュアドメイプルトップ、マダガスカルローズウッドネックと指板、モディファイされたCeltic Inlay。
国内にはごく少数の入荷となります。

KID Limited Edition Santana IIは、今は無きサンタナ2をベースに、特別なカラーを纏った一本です。
Bonnie Pink,Santana Yellow,Orange,Aquamarine,Charcoalの5色。
こちらもごく少数の製作本数ですので、お探しの方はお早めに入手されるが吉です。


2011年は新モデルの投入の他にも、仕様変更がなされています。
今回の商談会で新モデルを触ってきた感想をいくつか。

○Pattern Neckについて
これまでのネックグリップに比べ、ネックの『キワ』の肉付きが若干薄くなり、握りやすくなった。
他のPRSと持ち替えても違和感はなく、プレイアビリティは向上していると思う。

○V12 フィニッシュ
これまでのフィニッシュの進化系といった感じで、パッと見では差が分からない。
よく見ると少し薄くなったように感じる。
ポリ塗装の硬い音に比べると、ふんわりとした音伸び、倍音の出方がラッカーに近く自然。
窮屈な感じが少なく、ボディ鳴りもよく感じる。

○新エスカッション
今年から順次エスカッションが新しい形に。
現行品より丸みがある。
ピックアップのマウントネジが飛び出さないよう、落とし込みになっている。
ピッキングが強いプレイヤーは、ピックアップのマウントネジにピックがぶつかることで、
ピックアップが下がってしまう事があり、これを防止します。

○Phase3 Locking Tuner
Phase3 Locking Tunerは、Grommet Style Locking tuner(MEチューナー)のオープンカバーバージョン。
ヘッド裏からの止めネジが2ヶ所あり、ヘッド表には六角のナットがなく、表裏が別々に振動するようになっている。(文字にするとわかりづらいですね)
簡単に表現すると、『ロック機構+ロトマチックの安定性+軽量なクルーソンチューナーに近いトーン』といったところか。


また、若干これまでより弦高が高めにセットアップされている傾向があり、鳴りを重視しているものと思われます。


そして、今回選定会でゲットしてきたギターはこちらです♪

PRS Santana II Japan Limited -Bonni Pink- PRS Santana II Japan Limited -Bonni Pink-


PRS Santana II Japan Limited -Bonni Pink- PRS Santana II Japan Limited -Bonni Pink-


抽選1番を頂きGetしてきましたよ、極上のKID Limited Santana2 Bonnie Pink ♪
既に虎視眈々と狙っている方がいらっしゃいます。。
ご希望の方はお早めにご連絡を!

明日は前記事のOblivion Dust@ 渋谷AXに行ってきます♪
とても楽しみ、ドキドキです。
それではまた明日!
posted by チーフT at 22:59 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
龍野さん、こんにちは。

私も19日のOBLIVION DUSTに行ってきました!
最前列に行くことができたので、木目も見えるくらいの近さでV-5を弾くK.A.Zさんの姿を観てきました!
以前、龍野さんが暗い照明の下で見た青のVのように、あんなかんじにV-5 K.A.Z Specalが見えるのではないかとおっしゃってましたが、まさにそのとおりでした!!
青のVか黒のVか判別が難しかったです(笑)。
そして、明るい中では木目もバッチリ見えるというのもその通りでした!
LIVE中、そんなお話を思い出しながら観ていました。
V-5 K.A.Z Specalを弾く日を楽しみに待っていたので、やっとこの日がきて嬉しかったです♪
黒のV-5もカッコイイですね!


Posted by みっこ at 2011年02月20日 18:14
みっこさん

こんばんは。
コメントありがとうございます♪
みっこさんも両日行かれていたのですね!

V判別で一番簡単なのは、ボディ裏側が黒なら黒、黄色(明るい)ければ青です♪他にエスカッションがキラキラしてれば黒、とか・・・。

2日目に登場した白の3PU-SGも当店でメンテナンスさせて頂いたギターで、ビンテージです。
恐ろしく風格のあるギターですよ。良い音していました。

ESPのViperも使われていましたよね。
私が若かりし頃に見たK.A.Zさんの象徴的なギターなので、見た目も含め好きなギターです。

またお店の方にも遊びにいらしてくださいね♪
楽しくお話しいたしましょう。
心よりお待ちしております。
Posted by Tこと龍野でございます。 at 2011年02月20日 21:59
龍野さん、判別方法ありがとうございます。
「エスカッションってどこだろ?」と思い調べました(笑)。
PUをマウントする台座の部分なんですね!
たしかにゴールドでキラキラしてそうですね。
今度見る時は、エスカッションとボディ裏側に注目して見てみます!

SGは69年製ってやつですかね・・・?
あのSGもいっぱい弾いてましたよね。
2年前のVAMPSで1度弾いているのを見て以来LIVEでは見ていなかったので、あのギターも目の前で弾いてくれて嬉しかったですよ♪

Viperも弾いてましたね〜♪
ここ2〜3年LIVEでお目にかかれなかったので、久しぶりに見ました。
2日目はシルバーに青ラインが入ってるギターだけでしたが、1日目はブラックに赤ラインの方も弾いていたと思います。
私もこの黒に赤ラインのViperが好きで、初めて買ったギターはそれに似たギターにしました。

今回はチケットの番号も早めだったので時間に余裕がなくそちらに伺えませんでしたが、また機会がありましたら是非遊びに伺いたいです♪
Posted by みっこ at 2011年02月21日 01:21
みっこさん

あれれ?コメントを書いたのに消えている(泣)
では改めて・・・。

V判別、今度やってみてくださいね♪
こういった楽しみ方もいいですよね。

そうです、あのSGは69年製です。
メンテナンスをしてお渡しした際に、
『ビンテージだし、ライブでは使わないと思う』と仰っていたので、見たときには『おっ使われている!』と嬉しくなってしまいました♪

しばらく見なかったですね、Viper。
『昔からのファンには象徴みたいなギターだから・・・』と仰ってました。
往年のファンは嬉しいですよね、見られると。

また都内にいらっしゃる際にはぜひ遊びにいらしてくださいね♪
今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます!
Posted by Tでございます at 2011年02月22日 11:02
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。