2011年04月06日

EXPERIENCE PRS in JAPAN 2011 レポート【会場の様子&展示ブース編】

こんにちは!Bottom's Up Guitarsスタッフの真木です。
去る3月5日に行われた『EXPERIENCE PRS in JAPAN 2011レポート』を本日よりブログにてアップしていきたいと思います!
当日は朝の開場前から終演まで私、スタッフ真木が張り付きで潜入して参りました!
参戦された方は当日を思い出して頂けるように、残念ながら行けなかったという方には少しでも会場の雰囲気が伝わって楽しんで頂けるレポートになるように頑張ります!それではどうぞ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Shibuya.jpg PRS_LOGO_Entrance.jpg

2011年3月5日(土)少し汗ばむほどの晴天に恵まれた渋谷。
この日に日本中のPRSファンが待ちに待ったイベント『EXPERIENCE PRS in JAPAN』渋谷Duo Music Exchangeにて開催されました。

張り付き取材を任され、気合十分で早めに会場前に行ってみると…すでに裕に100人は超えるであろう長蛇の列が!

Entrance_6.jpg
Entrance_4.jpg
Entrance_2.jpg


客層は男性だけに限らずキッズや女性も多く、本当にさまざま。
本国では恒例となったEXPERIENCE PRSですが日本に初上陸との事で、相当な期待を持って皆さん楽しみにされているのが伺えます。

時折、会場内から聞こえてくる最終リハーサルのサウンドが徐々に高まる期待を更に煽ります。
筆者もいちギター好きとして仕事を一瞬忘れてしまう期待感と逸る気持ちと落ちつけつつ仕事モードで気を引き締め、会場内へ。


まず目に飛び込んできたのが貴重なギターアーカイブ展示&フィニッシュ工程の展示ブース。

Archive_Cu24.jpg
95年の工場移転後に初めて作られた記念すべきCustom24

Archive_McCarty.jpg
DGTのモデルとなったゴールドトップのMcCarty。

Archive_Bass.jpg
ポールが初めて製作したフレットレスベース。

Tosou.jpg
塗装工程説明のブース。作られる過程が見れるのは嬉しいですね。


次はNAMM SHOW出展の最新モデル&Private Stockの展示ブース。

PS_SC58.jpg
Private Stock SC58 & Private Stock NF3

PS_Zappa.jpg
Dweezil Zappa Signature

待望の新モデルも多数展示されており、皆さん食い入るように一本一本のカラー、仕様、杢目をチェックされていました。

Studio_Quatro.jpg
Modern Eagle Quatro & Studio

NF3.jpg
コリーナボディ& Narrowfield PU のNF3
NewBird.jpg
2011年より中抜きのバードインレイからセンターにゴールドが配された新しいインレイにチェンジです。

試奏ブースなどもあり、ライブだけではなくPRSギターの歴史や作られる工程、これからのラインナップやプライベートストックなどの高級機種の実機を間近で見られるというのはこのようなイベントならではの強みですね。

SC58.jpg
先日のPRS商談会にて弊店が厳選して参りました「SC58」も展示されておりました!
※こちらはおかげさまで売約になりました。

会場の奥ではPRSグッズの抽選会&グッズ販売のブースを展開。

Chusen.jpg

PRS写真集やカレンダー、ストラップなどの豪華グッズが来場者全員に抽選で当たるという大盤振る舞いの企画。抽選のたびに喜びの声が上がり、大好評の様子でした。

そして会場もほぼ埋まってきた所で…会場からの歓声とともにPaul Reed Smithご本人の登場です!


この後、レポート第2弾【ライブ編】に続きます!是非お付き合いください!
posted by スタッフ真木 at 07:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターショウ(展示会)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。