2018年04月29日

こいつはヤバイ!当店オーダー Combat Guitars 最上級モデル ST Warm Custom AAAAA Quilt - Sea Breeze Gradation - 完成!


こんにちは。
Tでございます。

いよいよゴールデンウィークが始まりましたね!
お台場ではX Japanのhideさんのメモリアルコンサートがあり、宮城ではアラバキロックフェスがありと、
ライブを楽しんでいる方も多いでしょう♪

GW後半はVIVA LA ROCK 2018にJapan JAMと、どっぷりな人もいそうな感じですね^^



そんななか・・・東京本店にはヤバイのが入ってきてますよ♪
新しいギターが弾きたくなったらぜひこちらをどうぞ!
(いつもどおり、画像は全てクリックで大きく表示されますよ。)



combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_all2.jpg


Combat Guitars ST Warm Custom AAAAA Quilt
- Sea Breeze Gradation -

定価OPEN / 販売価格: 518,400円(税込)






combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_all.jpg


プロミュージシャンのユーザーも多い老舗ギター&ベース工房『Combat Guitars』の看板モデル《WARM(ウォーム)》を特注!
厳選に厳選を重ねた5A(AAAAA)キルトメイプルトップ & 当店特注カラー & Electronicsで製作!

美しく表現されたナチュラルから鮮やかな赤へと移り変わっていくカラーは《Sea Breeze Gradation(シーブリーズグラデーション)》と命名されました。
海辺の潮騒、バケーションの夕暮れ、渇いた喉を潤す「シーブリーズ(カクテル)」を想起頂ければと思います。

ちなみに、これが最初の1本なので、世界にこれ一本しかありません!






combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_top1.jpg combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_top4b.jpg

combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_top3.jpg combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_top5.jpg

combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_top7.jpg combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_top8.jpg


あれこれ言うのも野暮ですね。
どこから見てもギラギラ!パッと見でわかるハイグレードなキルト♪
陰影の美しいグラマラスなアーチ♪







combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_top6.jpg


メイプルに限らず、木は着色をすると杢目(や木目)がハッキリして、派手に見えます。
言い換えれば、色を塗らないナチュラルカラーは木材そのものの質が如実に仕上がりに反映される、ということです。

本機は赤い部分もフェードしてナチュラルになっている部分もしっかり木目が出ています。
Paul Reed Smith の Private Stockや、David Thomas McNaught の Diamond Gradeと同等レベルと言えるでしょう。
これだけガッツリ杢目が出ている材は貴重です。








combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_fhole.jpg

セミホロウ構造で6弦側だけにfホールがあります。
画像では暗くてわかりませんが、fホールから中を覗くとバックコンター部分がコンターと同じように内部も削られているのがわかります。
加工精度が高くないとできない贅沢な仕様です。









combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_head2.jpg

ヘッドもキルトメイプルをグラデーションカラーで塗ってマッチング。
きれいですねー♪

ナットはブラックタスク。







combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_pm2.jpg

指板は黒々としたエボニーをメイプルでバインディング。








combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_fretedge.jpg

フレットサイドはきれいに処置されていて滑らかな手触りです。
フレットタングはバインディングで見えないようになっています。







combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_pm.jpg


指板トップ&サイドのポジションマークはアバロン。
小振りながらキラキラしていて上品な存在感があります。









combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_bodyback.jpg

ボディバックはホンジュラスマホガニー。
光にかざすとキラキラとホログラムのような細かな変化が見られます。









combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_joint.jpg

ネックもボディと同じくホンジュラスマホガニー。
セットネックのジョイント部分は滑らかに仕上げられ、ハイフレットへのアクセスが素晴らしく良いです。







combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_headbck.jpg

ヘッド裏。
ペグはGotoh社製MG-Tを搭載。

MG-Tペグは弦交換が簡単、たくさんペグを回して弦を固定する必要なしと、同社マグナムロックと比べても非常に扱いが簡単になっています。
H.A.P.(ポストの高さを変えて各弦のテンションバランスを調整する機構)が必要なければMG-Tを選ぶのがベターでしょう。







combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_top6.jpg

ピックアップは特注のBare Knuckle(ベアナックル)Mule 4Con.セット。
これにより、5way PU Selectorでのオートタップの出力も実現しました。

Mule(ミュール)は、同社を一躍有名にしたいわゆるPAFクローン系のピックアップセットです。

適度な枯れ感と美しい倍音成分がウリのピックアップで、硬すぎず柔軟性のあるヌケの良いサウンドです。


セレクターは、
Dフロントハム
Cフロントタップ
Bフロントハム+リアハム
Aリアタップ
@リアハム
の5通りのセレクションになっています。

なお、回路はリクエストを頂ければ他のパターンの出力も当社にて承ります。(即日OK♪)

電装系はCTSポット、CRLのセレクター、オレンジドロップ、スイッチクラフト製のモールドジャック。
耐久性の高いUSA製のパーツを使っています。







combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_ctrl2.jpg

コントロールも当店特注の1ボリューム / 1トーン / 5way PUセレクター。
ウェンジ製の特注ノブが印象的ですね。
(※もしメタルノブが良い場合は、Xoticのサイレントノブをサービス致します!)










combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_bridge.jpg


ブリッジはGotoh社製の510T。
基本はボディにベタ付け、アームダウンのみのセッティングですが、ご希望に応じてセットアップ致します。











combat_stwarm_5aquilt_seabreeze_top1b.jpg

いかがでしょうか♪
重量は3.5kgジャスト、ホロウ構造にはなっていますが極端に軽くはせず、あくまでソリッドエレキの鳴り感をベースにエア感をプラスしている感じです。

この塩梅がちょうど良くて、オールラウンドに使い込めるギターに仕上がっています。

前回製作したハカランダ指板の個体のカラッとしたサウンドもたまらない物がありますが、
エボニー指板のツルツルとした高音、アタック感も捨てがたいものがあります。


ルックス、サウンドともにハイエンドの名にふさわしい仕上がりになったと思います^^


ちなみに主なスペックは下記の通りです。
↓↓↓

《SPEC》
Body Top : Archd AAAAA Grade Quilted Maple
Body Back : Honduras Mahogany 2P (Hollow Chambered)
Neck : Honduras Mahogany
Finger Board : Ebony with Maple Binding
Scale Length : 24.75"
Tuner : Gotoh MG-T
Nut : Black Tusq
Fret : Jescar
Pickups : Bare Knuckle "Mule" 4Con Set (Custom Order)
Bridge : Gotoh 510T
Control : 1Vol 1Tone 5Way Blade Switch (Multi Tap / Custom Order)
Weight : 3.50kg
Color: Sea Breeze Gradation
Case: SKB Hardcase



ゴールデンウィークを楽しむのにうってつけ!
ご注文お待ちしておりますよ^^

それでは♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
http://www.buguitars.com/ask.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
【Combat Guitarsの最新記事】
posted by チーフT at 18:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | Combat Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。