2018年11月26日

T's Guitars ファクトリー現地オーダー品が完成♪ 今回も拘りまくりの2本です!※その2【ST-22/25 Custom Order】


こんばんは。
Tでございます。


前回、尺が長くなってしまって紹介できなかったもう一本をご紹介しましょう♪



Ts_ST22-25_MGB-GB_all.jpg


T's Guitars ST-22/25 CustomMoss Green Burst
販売価格 ¥429,800-(税込)


この杢目とカラーリング!これだけで手にする時間が増えちゃいますね♪
しかしもちろんの事ながら、見た目だけじゃないんですよ^^


なんと、
フルサイズのストラトボディ&ヘッドながら、PRSと同じ25インチスケール!


これまでにもミディアムスケール(24.75スケール)のストラトは各社ありましたが、25インチスケールはそうないと思います!
でも・・・いるでしょうこのスペックがほしい方!
おまたせしました♪








ボディ


Ts_ST22-25_MGB-GB_top.jpg

本機はフルサイズのストラトボディです。
DSTのディンキーシェイプボディに比べるとエッジのアールも丸く、クラシカルな印象です。



また、前回のDST-pro22と同じく、長野のT's GuitarsファクトリーでBossがセレクトした材が使用されています。

それがこれ
↓↓↓
20180524_TsGuitars_quilt7.jpg

何も塗っていない状態でも目がチカチカするほど強烈!
AAAAA(5A)キルトのトップ材です。








Ts_ST22-25_MGB-GB_bodyback.jpg

ボディバック。
ボディトップと対象的なゴールドカラーがインパクトありますね。
キンキラキンではなく、ちょっと落ち着いた雰囲気のゴールドです。


そして見えないのがヒジョーに残念ですが、ボディバックには2ピースのホンジュラスマホガニーを使用しています。
重量は重すぎず軽すぎず、ちょうど良いものをセレクト。
トータル3.58kgとなりました。










Ts_ST22-25_MGB-GB_top2.jpg

このアングル、たまりません!

トップのグリーンのバースト、エッジ部分の太いナチュラルカラー、バックのゴールドカラーの調和がなんとも絶妙です。
日本ではまず見られないカラーパターンですが、日本文化、侘び寂びに通じる雰囲気も感じますね。








Ts_ST22-25_MGB-GB_Cutaway.jpg

ネック側から。

あ、念のために、間違われることは無いとは思いますが一応書いておきますと、
グリーンのバーストの部分と、エッジのナチュラルカラーの部分は同じキルトメイプルトップです。
(薄い化粧板ではありませんよ!)








Ts_ST22-25_MGB-GB_joint.jpg

ちょっとアンティークなゴールド調がいい感じです。
ネックジョイント部はスラントカット&プレート止め。
プレイアビリティもしっかり考慮して製作しています。








ネック


Ts_ST22-25_MGB-GB_neck.jpg

ネックは先のDSTと同じくド柾目のジャーマンメイプル。
こちらもめちゃくちゃ詰まっていて、しっかりしています。






Ts_ST22-25_MGB-GB_neck2.jpg

ほら!こんな感じです♪
ん?わからないって?









Ts_ST22-25_MGB-GB_neck3.jpg

縞と縞の間がツブツブしているのがわかるでしょうか??
タップ(指で軽く叩いてみる)してみるとコンコンコンコンッと硬くて明るい音がします。

ネックシェイプはUシェイプ。
DSTのソフトVに比べるとほんのちょっとだけ丸みがありますが、全く違和感のないネックシェイプです。







Ts_ST22-25_MGB-GB_headback.jpg

ヘッドの背面。
ペグはGotoh MG-T(ロック式)です。

そしてT'sユーザーなら見慣れたアレがない・・・・
そう、BFTS搭載!!

BFTS(Buzz Feiten Tuning System)は確かにチューニングの安定性はピカイチです。
特にハイフレットのコード感なんかは抜群に良いですよね。

でも、入っていないからこその音の揺れ感、良い意味でのルーズさが必要な音楽もあります。
そんな場合は入っていないほうが良い音場が作れることも多いです。

とはいえそこはさすがティーズギターズ。
基本的なピッチ感はバッチリです。








Ts_ST22-25_MGB-GB_fb.jpg

指板は非常に良く詰まったココボロ。
ココボロは普通はもっと赤くて縞が強いんですが、このココボロは黒くて落ち着いた色合いです。









Ts_ST22-25_MGB-GB_FBedge.jpg


指板エッジ。
丸すぎず立ちすぎず、ちょうど良いフレットエッジの仕上げ。
丸すぎると端まで使えず弦落ちするし、立ちすぎていると指に引っかかります。
小さな小さなことですが、この熟練の仕事が弾きやすさに直結しています。

トップのポジションマークはクレイドット。
サイドはホワイトです。








ブリッジ


Ts_ST22-25_MGB-GB_bridge.jpg

ブリッジはGotoh社製EV510T-BSを採用。
スタッドロック機構付きの2点支持ブリッジでサドルはブラス製。
PRSのブリッジと同様にサドルの外周をウイングで囲うことで、サドルの横ズレを防ぎ、しっかり振動をボディに伝えます。









ピックアップ&コントロール


Ts_ST22-25_MGB-GB_CTRL.jpg

ピックアップはティーズギターズオリジナルのDH-250のセット。
程よい出力ですっきりクリアなサウンドです。

コントロールは1ボリューム1トーン、5wayのブレードスイッチとシンプルです。
ボディトップに舟形ジャックがつくと、グッとストラトらしさが増します。
しっかりアームが当たらないように設定しております♪

PUの出力パターンは下記の5通り。
実用性の高い出力パターンを組み合わせてあり、ブレードスイッチを操作するだけでハムからシングルへ素早く行き来できます。
1:フロントハム
2:フロントタップ
3:フロントハム + リアハム
4:フロントタップ + リアタップ
5:リアハム








サウンド


太くてクリア、まとまりがよく、音作りしやすいサウンドです。
その中に、少しギラッとしたイナタイ部分があったりして、耳に残るトーンになっています。


弾いてる側としては、なんと言ってもネックの剛性感がよい!
土台がしっかりしていると、弦の振動もビシッとして、音にハリとヌケが出てきます。
ミディアムスケール(24.75インチ)よりちょっとだけ長い25インチというのも効いている気がします。

ホンマホ on メイプルのボディもある種の王道の組み合わせなので、さすがのバランス感です。
そうなってくると組み合わせ的にネックもマホガニーのほうがいいんじゃない?と思われる方もいると思いますが、
クリアで音が拡がり過ぎないメイプルネックとのマッチングは大いに「アリ」です。








いかがでしたでしょうか?
2本立てでご紹介しましたが、全く別のベクトルのギターながら、同じ雰囲気を感じるというのは不思議です(笑)
同じように弾けて全くサウンドが違う、というのは大きな武器でしょう。


見た目の好みで決めてしまってハズレのない2本です♪
ライブやSNS、どこでもバッチリ目立っちゃってください^^

店内防音室で試奏できます!
無料駐車場完備のボトムズアップギターズ東京本店(最寄駅:多摩川駅)で、
持ち込みギターとの弾き比べもできます!
お気軽にご相談ください♪

それでは^^
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
http://www.buguitars.com/ask.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。


posted by チーフT at 20:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | T's Guitars (ティーズギター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。