2018年11月26日

T's Guitars ファクトリー現地オーダー品が完成♪ 今回も拘りまくりの2本です!※その1【DST-Pro22 FRT / EMG SSH】


こんばんは!
Tでございます。

11月に入りましたね!
今年もあと2ヶ月弱。。。何という早さ!
気がついたら年が明けてそうな勢いです。


さてさて、今日はT's Guitarsの新入荷2本をご紹介!

どんなブランド&メーカーでも拘りまくりのオーダーをしてくる弊店Bossが、T's Guitars 高橋社長と練りに練って完成させた2本です♪
しかも現地を訪れて厳選した材を使い、ナイスなルックスに仕上がっています^^




それではまず1本目!

Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_all.jpg


T's Guitars DST-Pro22Quilt FRT EMG-SSH GHW
Golden Amber Burst (3.94kg)
販売価格 ¥483,000-(税込)

このルックスを見て「おおお!」と思った方。
Tより歳上ですね?わかります!

そう、イメージはまさにそれです♪







ボディ


Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_top.jpg

素晴らしいキルトトップ・・・BossがT's Guitarsのファクトリーで厳選した材を使っています♪
AAAAA(5A)のブックマッチキルト

その画像がこちら
↓↓↓






20180524_TsGuitars_quilt3.jpg

まだ無垢な状態のトップ材。
この時点で既にヨダレモノですね。
これがギターへと命を吹き込まれていきます。








Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_backall.jpg

ギターはぜひ後ろも見て頂きたい♪






Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_bodyback2.jpg

トップの美しいキルトとそれが映えるゴールデンアンバーバーストカラーとはやや対象的に、ボディバックバックは落ち着いたバースト仕上げ。
2ピースの貴重なホンジュラスマホガニーを採用しました。
敢えてやや重めの材を選び、3.94kgに仕上げています。







Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_neckjoint.jpg

ネックジョイント部はプレイアビリティを考慮して、ブッシュマウント&ラウンドしたスムースヒールを採用。
通常のDSTシリーズにはないスペシャル仕様です。









ネック&指板


Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_neck.jpg

ネックもヤバい。
エンドからヘッドの先端まで、真っ直ぐに良く詰まった木目が走っている「ド柾目」のジャーマンメイプル
ジャーマンメイプル自体が貴重な上、こんな良い材そうそう見られないです。








Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_headback.jpg

ヘッド側から見る景色も素晴らしい♪
うっすらフィギュアが入っているのも見えますね。










Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_fb.jpg

指板は濃い色のマダガスカルローズウッド
ハカランダに続き、マダガスカルローズもどんどん良い材が見つかりにくくなっています。
これはよく詰まっていてきれいな材です。








Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_Fbside.jpg

指板トップのポジションマークは小さめのアバロンドットを低音弦側に。
指板サイド側はルミンレイを採用し、暗所でも視認性バッチリです。









と、表に戻りまして・・・・


ハードウェア




Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_head.jpg

ペグはGotoh SGS-510ZのMG-T(ロック式)です。
上のヘッド裏の画像でも見えますが、裏側のディスクを回すことで弦を固定します。
非常に簡単でしっかりロックできるスグレモノです♪






Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_fri.jpg

ブリッジはペグと同じくGotoh製のFRT「GE1996T」
さすが世界のGotoh、素晴らしい安定性です。

そしてもう一つ!
本機に使用しているメタルパーツはすべて、Gotoh X-Finishパーツを採用しています。

このX-FinishはGotoh社独自のプレミアムなメッキ技術で、サビを寄せ付けず、美しい外観を長期間保ちます。
また、淡く輝く独特の光沢感はシックな高級感を演出します。
Gotoh公式Webサイトへのリンク

ガンガン弾いても美しいままでいてくれるのは嬉しいですね♪








ピックアップ&コントロール


Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_PU.jpg

ピックアップは EMG SA / SA / 89 のセットをダイレクトマウント。
純白が眩しい♪








Ts_2018_DST-pro22_FRT_EMG_GAB_control.jpg

コントロールはマスターボリューム、マスタートーン(Push/Pull Tap)、SPCコントロール(ミッドブースター)。


コントロールにも一手間を!
現在のEMGはすべての配線がソケット式になっており、ワンタッチで着脱ができるようになっています。
これはこれで回路やピックアップを頻繁に替えるのであれば非常に便利ですが・・・そんなに変えないですよね^^;
サウンド的にもハンダ付けの結線に比べると音が細くなってしまいます。
また、不意にポット等が緩んで回ってしまった際にソケットがスポッと抜けてしまったり、接触不良が起きてしまったりという不安要素にも成り得ます。

と、いうわけで、結線はすべて敢えてハンダ付けし、上記の問題をクリアしています。








サウンド


FRTとEMG SSHといえば、もうドンズバあの感じ!更にプラスSPCコントロールがついてなんでも来い!という感じです。
SPCコントロールはざっくり言ってしまえばミッドブーストですが、モコつかず、かつ音が硬くもならない優秀なブースト。
特にフロント&センターのSAはブーストしてもシングル感を失わないので、P-90的なサウンドメイクも出来て非常に使い勝手の良いブーストです。








いかがでしょうか?
最近、この手のスペックを探してもなかなか見つからない!という方、いるんじゃないでしょうか。
ルックスも抜群ですし、行かない手はなしです♪




もう一本ご紹介したかったんですが、尺の関係で分割致しました。

それではまた次のギターのページでお会いしましょう!!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
http://www.buguitars.com/ask.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 19:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | T's Guitars (ティーズギター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。