2018年10月26日

千載一遇のチャンス到来!なんと Two-Rock Custom Reverb Signature Version1 が新品入荷!しかも John Mayer氏のアンプをモチーフにカスタムオーダー!


こんばんは。
Tでございます。

さてさて今回は、先日ついにとんでもないアンプが入荷したので力を込めてご紹介!


TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_frontall.jpg


Two-Rock Amplification
Custom Reverb Signature Version1 100w Head & String Driver 112 Oval Cabinet w/ EVM-12S Speaker SET

Price: ¥1,080,000-(税込)国内正規品・100V仕様


ツーロックの看板機種であり、生産完了から時間が経った現在も根強い人気を誇る
「カスタム・リバーブ・シグネチャー(以下CRS)」

バージョン3まで存在し、なかでもこのバージョン1はツーロック初期の音色傾向が色濃く残り、多くのファンを惹きつけて止まない1台です。



実を言うと、「CRSのバージョン1を作りたい!」と、長い期間交渉していたのですが、これまで諸般の事情で叶わずにいました。
それが、先般ツーロックの組織形態が変わり、新たに1台だけ製作することが実現した・・・という弊店が待ちわびたアンプなのです。

そんな1台ですから、もちろん特別な仕様で仕立て上げた上下SETと致しました。




先ほどの画像だけで「おおっ!?このコンビネーションは!」とピンと来られる方はお目が高い!
ライトブルーのスエード外装にブラックダイアモンドグリル、アルミスカートノブとくれば、John Mayer氏が愛用するDumble Steel String Singer!ですよね✨




それでは詳細画像をどうぞ♪
いつもどおりクリックで大きな画像がご覧頂けます♪



《Head フロントビュー》
TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_ampheadfront.jpg


TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_frontbuttons1.jpg TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_frontbuttons2.jpg TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_frontbuttons3.jpg

一番右のツマミが「Presence」になっているのがバージョン1の特徴です。
バージョン2以降は「Contour」つまみになっています。

アルミのスカートノブが非常におしゃれ。

実は、残念ながらこのVOXグリル(Black Diamond Grill Cloth)は諸事情により、今後使用が難しいそうです・・・




《Head バックビュー》
TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_ampheadback.jpg

TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_backbuttons3.jpg TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_backbuttons4.jpg TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_backbuttons2.jpg

背面は非常にシンプルなレイアウトです。
唯一あるツマミは「Level」。これはエフェクトリターンのレベル調整用ですが、
Whole Master(ホールマスター)としての側面も持っています。
これにより、フロントパネルの設定を変えずに全体の音量調整がこれ一つでできます。

しかも、かなり小さい音にしてもサウンドのバランスが崩れません。
自宅等の大きな音では鳴らせない場所でも、CRSのサウンドが楽しめます!

また、プッシュプルスイッチにもなっており、引き上げることでブライトスイッチがonになります。




ちなみに、使用されている真空管は以下の通り。
パワー管 : TAD 6L6WGC-STR x4
プリ管 : Tung-Sol 12AX7 x4
リバーブ管 : Tung-Sol 12AT7 x1





《Cabinet & Speaker》
TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_backspeaker1.jpg TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_backsign.jpg

キャビネットはString Driver(ストリングドライバー)製のオーバルバック。
12インチスピーカーが1発入った 「SD-112」。
日本国内はもとより、海外のミュージシャンからオファーがくるほど定評のあるキャビネットです。


今回も、スピーカーはダンブル系アンプとの相性抜群のElectrovoice製EVM-12Sのビンテージ品を搭載。




《Footswitch》
TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_footswitch.jpg

フットスイッチではLeadスイッチのon/offと、ここぞ!というときにブースト的に使えるBYPASSのonn/offが切替可能です。
この2つはフットスイッチがなくても、表パネルのミニスイッチでも手動on/offできます。





最後に背面の全体画像で締め!

TwoRock_Custom_Reverb_Signiture_V1_Suede_backall.jpg



”Signature"と銘打たれたこのアンプは、製作者のサインが入っており、一台を作るために、数台分のパーツをセレクトし、厳選したパーツ、より精密に練り上げられたワイヤリングで作られることが特徴です。

圧倒的な熱量を持った分厚い中低域、大きな音像感、強烈な押し出しを存分に楽しめます。
これはEmeraldやTopaz、OpalといったTwo-Rock創生期のアンプ達がクリエイトしてきた初期ツーロックサウンドに通じています。


そして、音が速い。

往年のCRSサウンドを知っていらっしゃる方には「コレコレ!」だと思いますし、
近年のツーロックサウンドに馴染みのある方には、良い意味で「なんじゃこりゃ!」かもしれません。


キャラクターがかなり違うので、ジョンメイヤー氏がダンブルや、
氏のシグネチャーアンプとともに用意しているのも納得です。
逆に言えば、CRSでないとぴったり来ない曲もあるということですね♪


これを逃すと新品では入手できないかもしれません。
ずっと夢見てきた逸品を手にするチャンス!!!
見逃し厳禁でお願いします。



ご注文、お問い合わせはお気軽にメール、電話でどうぞ♪
それでは・・・。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。


posted by チーフT at 19:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | Two-Rock Amplification | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。