2011年06月20日

ハンダのあれやこれや

こんばんは。
今日も一日お疲れ様でした♪
ご来店されたお客さまと楽しいお話をさせて頂き、
試奏にもお付き合いして勉強になった一日でした。
Tでございます。

さて、本日のお話はこちら↓

hannda.jpg

さて、どれが銀線でしょうか?
いえ、冗談です。
ハンダのお話です♪


画像のハンダはお店で使用していたり、Tが個人的に使ったりするハンダの一部です。
お店で使うハンダは3種類程度を使用箇所によって使い分けています。
個人的には・・・(笑)

ハンダは奥が深いです。
そして、ワイヤーと同じく迷宮に迷い込みやすい魅惑の存在でもあります(笑)
これはオーディオ・楽器業界問わず、常に取りざたされる問題であり、
正解があるようなないような非常に微妙なラインのお話です(笑)


さて、前置きの通りワイヤー・ハンダは、
「そんなもんで劣化こそすれ、音が良くなるわけはない」
という派閥と、
「いやいや、材質や技術で音質に雲泥の差がでる部分だ」
という派閥に分かれて大論争が巻き起こることもしばしばです。

更には、
「やっぱビンテージだよ、ビンテージ」
という方がいらっしゃれば、
「現代技術の粋を集めた最新のものが良いに決まってる!」
と言う方もいらっしゃいます。

真実はどうなんでしょう?
謎です(笑)

Tは、材質の違いも、技術の違いも、「音に出る」と思っています。
ただしそれは、ピュアに信号を100%通していない、
「劣化した音」でこそ表現しうる音なのかもしれない。
それは、ある側面からしたら間違いで、ダメなことかもしれないです。
でも、それが「良い音」であればいいじゃない、と思うのです。
その音を創りだすためにあえて劣化させる必要があるのであれば、それは最適なんでしょう。
(そうすることで寿命を極端に縮めるような場合は、また一考しなければいけませんが。)

そんなことを繰り返すと、ワイヤーやらハンダやらコンデンサやらをワッサリ持っているマニアができてしまうわけですね(笑)
んー自分で言っていて耳が痛い。。

Tがひとつだけ導き出せた結論があります。
それは、「磨き上げられた素材よりも磨き上げた技術の方が如実に音が変わる」ということです。
もちろん素材が良いに越したことはありませんけれどもね。
ギターとギタリストの関係にも同じことが言えるのかもしれませんね。
※これはあくまでTの私見であり、絶対的な物言いではないことをご了承ください。


何だかとりとめのない文章ですが、本日は結局何が言いたかったかというと、

「ハンダにも、ハンダ付けにもこだわっていますよ!」
ということでした(笑)
長くて済みません。。

本日はここまで!
皆さまの明日のご来店、お問い合わせを心よりお待ち申し上げます。
それでは♪

(画像右下から2番目は純銀線です(笑))
posted by チーフT at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このネタ、食い付かせて頂きます!(笑)

私もいろいろやってみました。

ベルデンとケスターから始まり、
シールドをバラしたり、
銀入りやNASAが使ってるヤツとか、
エアバスで使ってるやつなんかも、、、、
はんだも付ける位置や量などなど、、、、

夜も眠れなくなりました!

そんでもって私の結論は「他人にやってもらう」ということに達しました!

という訳でTさん、いつもありがとう!(笑)
Posted by Oです。 at 2011年06月21日 12:02
私もこのネタ行きます。
HOMEからCAR AUDIOまで今もやっていますが
いろいろやってみました。Oさんと同じく銀入りやら何やらと、ギターのワイヤリングも前は自分でやっていたのですが、やはり良くも悪くも音がかわるんですよね。ケーブル地獄にもなりましたw
私の結論は、ギターはプロにやってもらう!!
そんな訳で、いつのありがとうございます!これからもよろしく^^
Posted by 秋田県 鈴木 at 2011年06月21日 13:42
Oさま、秋田県 鈴木さま

コメントありがとうございます♪
ハンダもはんだ付けも本当に奥が深いですよね。
付ける量、位置、つけ方と本当に音が変わる。

銀入り、ビンテージ、鉛が入っていないとダメとか(環境規制に真っ向勝負していますが^^;)・・・。
ワイヤー自体もワイヤリングも、ホットよりもグラウンドの引き回し方の方が重要だったりと(笑)

やっぱり出るんですよね、作業した人の性格や考え方が^^;
作業者としてはある意味恐ろしいです。
内面を見られているような感覚ですからね。

いつもご用命ありがとうございます!
これからも腕を磨いていきますよ♪
Posted by Tでございます at 2011年06月21日 21:47
私もギターやイフィクターの改造で半田・ワイヤー・コンデンサー等にはこだわっています.全部試す訳にはいかないので,評判が良い物を調べて集めますが,評判が良い物や高い物が必ずしも気に入った音になるとは限らず困ります.私には効果が全く分からない場合も有ります.最近,自分がやってる事は時間とお金の無駄ではと思ってきました.半田付けもたまにやるのでは駄目ですね.私もTさんの様なプロにお任せするべきです.
でも,回路を考えて改造を行う事自体が楽しみなので,当面止められそうも有りません.(結果が改悪でも)
今はギターを弾く時間も取れない状況なので,これが続くと,やはりTさんにお願いですね.その時が来たら宜しくお願いします.
Posted by PRSJPLTDのK at 2011年06月22日 12:59
PRSJPLTDのKさま

コメントありがとうございます^^
改造は楽しいですよね♪
個人で改造される分には、音質や使い勝手が本人の満足のいくものになればよいと思います。
時間とお金の無駄にはならないと思います。
何かしら得るものがあるでしょうから、
人生のどこかでフィードバックできれば良いのではないでしょうか。

それを差し引いても、楽しい時間はプライスレスですから♪
Posted by Tでございます at 2011年06月23日 14:47
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。