2012年06月02日

昨日の獲物1♪

こんばんは。
今日はお店の最寄り駅の多摩川駅の商店街でお祭りがありました。
露店が並び、子供神輿なんかもでていてなかなか盛況だったようですよ。
この土日、浅間神社のお祭りみたいですね。

そうそう多摩川で思い出しました。
ごくたまーにいらっしゃるのですが、当店の最寄り駅は「多摩川駅」です。
駅からさほど遠いわけではないのですが、商店街でもなければ路面店でもなく、看板すら出ていないので(笑)最初は迷われる方が多いです。

そんな店舗位置のお問い合わせのなかで、たまにあるのです。
「あのー、いま、駅についたんですが、どの出口から出たら良いですか?」
この時点で嫌な予感がします。。
多摩川駅には出口はひとつしかなく、ほかに出口はないのです。
よくよく聞いてみると、いらっしゃる場所は「二子玉川駅」ということが度々あります。
確かに同じ「たまがわ」で方向も近いものがあるので、勘違いもわからなくはありません。

二子玉川からいらっしゃる場合は、「東急大井町線」で自由が丘まで出て頂き、「東急東横線」で多摩川駅で下車となります。
誰かの役にたつのでしょうか(笑)
わかりませんが、気がついたら二子玉川についてしまったという方は上記の路線で移動して頂けますと幸いです。

さて、やっと本題(笑)
昨日のギターをご紹介です♪

513CC_Top2.jpg




はい、久々も久々の513です。
先日、Custom24のローズネックでも採用されていた、カスタムカラーものです。
このカスタムもいま見ても惚れ惚れするトップです。
Bossが「こんないいCustom24は久しぶりだ!」と太鼓判を押した一本でした。
その時に一緒に入ってきた(正しくは商談会で選定してきたのですが)ギターはどれも、「この機種買うならこれを買え!」と言いたくなる1本(4本?)でした。

513CC_Top.jpg

ボディトップ。
このなんとも言えないバースト具合。
センターはナチュラルに近い感じで、サイドは端まで透けるサンバースト。
とても上品な雰囲気です。
そして杢目。スンバラシイ10Top。
ギラギラとしてユラユラとしていて良いです。





513CC_Back.jpg

ボディバック。
バックもバーストって実はレギュラーラインでは普通無いんですよね。
当店でPrivate Stockをオーダーするときに指定をかけたりしますが、マホガニーのバーストもまたオツなものです。
例えばこれとか。





513CC_Back2.jpg

ネックジョイント部分もバースト、ネックもバースト。
どうやって塗り分けてるんだろうと気になります。
あ、そういえばまたPRSは新しい塗装技術を開発したようです。
塗料ではなく、技術です。
やっぱりすごいなぁ、と感心します。
誰か当てて見ませんか(笑)?





513CC_Head.jpg

ヘッドもバースト、これも良い雰囲気です。
手間がかかっているんだろうな、と、それがちゃんと伝わってくる仕上げです。





513CC_Headback.jpg

ヘッドの裏側。
ここももちろんバースト。
バーストが難しいのを身を以て知っているので、セットネック全体をバーストは寒気がします(笑)





513CC_FB.jpg

指板も良い材が使われているような気がします。
よく詰まったインディアンローズ。

これだけ拘った塗装ときれいなトップで、レギュラー品と同じ価格です♪
オンリーワンの一本、ゲットしませんか^^

また時間が・・・。
余計なことを書きすぎました(笑)
それでは続きはまた今度!
posted by チーフT at 23:58 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サキダシ新入荷情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。