2006年11月19日

オーバーホール習慣

JACKSONHEAD.jpg

書きたいこと(書きたいネタ)はたくさんあるんだけど、時間がそれを許してくれないから、しばらくは写真+ちょいコメントでやってみようと思います。
コメントやご質問にはお答え致しますわーい(嬉しい顔)


オーバーホール
私の大好きな習慣のひとつ。
もはや「オーバーホール週間」なんて銘打ってみなさんにもサービスしたり・・・(!?)
って来週やるやん! って?(笑)

ここの所どうやらアンプ屋さんも兼ねている私。
未熟者ですから皆さんにもお教えを賜ることもあろうかと。宜しくご指導ください。

あまったチューブなんかを欲しい人にはあげようと思っています。

では、また。

SOVTEK-12AX7WA.jpg  SOVTEK-5881.jpg  MULLARD.jpg
posted by 東京本店 at 00:32 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アンプ関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、よしよし♪です。
いや〜驚きましたよ。
アンプのメンテナンスもこなすギターショップなんて、なかなか有りませんよね。(凄)
おそらく殆どのギターショップではギターのメンテはそこそこ対応してくれますが、
アンプに関してはアンプ専門のリペアマンやメーカー(もしくは代理店)に任せているのが多いはずです。

『MEを買うならBUGで!』

って話題が有りましたが、
こりゃ〜、

『ギターもアンプも全部ひっくるめて、BUGで決まり!』

・・・・・って感じでしょうか?


ちょっと誉めすぎですかね・・・・・(笑)
ではでは寒くなってきたので、風邪にはご注意を♪

【PS】
真空管(Mullard)の箱の後ろに、
新入荷の“Swamp Ash Special”が!(驚)
Posted by よしよし♪ at 2006年11月19日 21:16
こんばんは。よしよし♪さん。
月火と出掛けていましたのでお返事が遅くなりました。ごめんなさい!

「アンプのメンテナンスは専門の技術者に」
これは言わずもがな鉄則であります。
私のところでもチェックやクリーニング、真空管交換、その他。は、やりますが、オシロスコープやその他本格的な計測器を使用した作業はもちろん信頼する技術者の所へ持って行き修理・改造をおこなっております。

何でも出来る便利屋として使って頂きたい反面、「店内で出来ない点=専門家に任せるべき点ははっきり表明する」お店でもありたいと思っています。

私は常日頃より技術屋さんや下請け業者さんには敬意を払っております。
出来る職人の技術や、売れる営業マンの気配りは尊敬に値します。

今後も「良いお客さんの為の良い仕事supported by良い専門家」に勤しみたい重浦であります。
Posted by 筆者 at 2006年11月22日 02:19
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。