2012年07月13日

今日から3連休ですね。(Hand Signed Custom24,DGT Standard Limited,New SEモデル等)

こんばんは。
もうあっという間に7月も中盤です。
長野で地震が起きて、つい昨日は九州で猛烈な雨・・・日本はどうなってるんでしょう。
もう少しやさしい国にならないものでしょうかね、気候も・・・。
もうとにかくやること満載で、うまく消化しきれていないのがなんだか悔しい気分の今日この頃です。
ということで早朝ですが更新します(笑)

今日から3連休なのに、紹介できていないギターがたくさん!
少しでもお見せしておかねば・・・ということで新入荷のギターさんたちのご紹介。

HSH_Cu24_WB_Head.jpg


まずは先日の商談会でGetしてきたギターから。

【《Hand Signed Headstock》Custom24 - Black Gold Wraparoundburst -】

HSH_Cu24_BGWAB.jpg

ヘッドストックにPRS氏の直筆シグネチャーが入れられた限定仕様のカスタム24。
インレイはME2と同様のきれいなパウア+アバロン。
現在はアーティストパッケージ扱いと同等のグレードのギター(McCarty58やSC58)でないとシェルのインレイは採用されていないので、実質現在のCustom24ではこのリミテッドモデルだけの仕様ですね。
国内入荷は55本とのこと。
その他のスペックは通常のCustom24+10Topとなります。
PRS氏の直筆サインが入り、インレイもシェルになって定価ベース+1万円アップは非常にお買い得♪




DSC03798.jpg

ヘッドストックのサイン。
当然のことながら直筆ですので一つ一つ形が違います。





HSH_Cu24_Inlay.jpg

バードインレイ。
キラキラで綺麗なシェル♪指板も黒めで良いです。





【《Hand Signed Headstock》Custom24 - Whale Blue -】

HSH_Cu24_WB.jpg

上記と同じくハンドサインが入ったCustom24のホエールブルー。
人気カラーですが現在は廃盤カラーですのでファンの方はぜひどうぞ。




HSH_Cu24_WB_Head.jpg

ヘッドストック。

福岡サンパレス店にもWhale BlueとGold Top(国内1本だけ!)が入荷しております♪
こちらも近々Upされると思いますが、ご興味ある方は直接お問い合わせくださいね^^





次は限定品の当店オーダーもののご紹介♪

まずはこれ、【DGT Standard Limited - Natural -】

DGTstd_Nat.jpg

David Grissomシグネチャーのオールマホガニーバージョン。
DGTはカタログ外スポットでごく少数のみ製作されてきたマッカーティトレムの進化形といえますので、このDGT Standard LimitedはMcCarty Trem Standardの進化形(実際はそんなモデルはありませんが)といえます。
通常はボディバックにマホガニーを使用する場合は板目で取ることが多いのですが、本Limitedは柾目〜追柾で取られている材が多く、板目で取られている物は少なく思います。
恐らくオールマホガニーボディの甘い音質を考慮し、しっかりしたレスポンスを得るための配慮ではないかと思います。
重量は3.9s弱と少しどっしりしていて、音もガッツがあります。






DGTstd_GB.jpg

同じくDGT Standard LimitedのGreen Burst。
このGreen Burst、もともとCustom Colorにあってきれいだなーと思っていたのです。
なんだかとっても「デキる男風」な見た目じゃないですか??
出しゃばらず、でもしっかり主張する。そんな感じでしょうか。

DGT Standardの弾いてみた印象としては、メイプルトップがない分もっこりするかと思いきや、結構しっかり音の輪郭があって、濃密な中域がしっかりと出てくる感じです。
レギュラーモデルではメイプルトップでダンピングされている中域がストレスなく出てくるので、エネルギッシュというか野性味があるというか(笑)
でもインテリジェンスも感じる・・・あ、David Grissom氏本人の風貌や人となりに非常にイメージが近いことに気づきました^^
こちらは軽量で3.3sほど。上のNaturalに比べるとすこし軽やかです。

DGTモデルはもっとたくさんの人が使って、良さを実感してくれると良いなあ、と思う機種ですね。
2ボリュームでレスポール的なサウンドメイクができるせいか、本国ではスタジオ/セッションミュージシャンの使用率が高いモデルです。





【SE Orianthi】

SE_Orianthi.jpg

オリアンティの本人仕様モデルのマイナーチェンジ版。
といってもカラーがレッドスパークルからスカーレットレッドに変わったので、新しいモデルのようです。
12フレット近辺にデカデカとある月のような《O》シンボルは相変わらず。
メイプルトップ、コリーナバック、メイプルネック、エボニー指板というスペック自体も変わりません。
※SEは2012スペックからべべルドトップと呼ばれるタイプになり、Miraのコンターのようにエッジが滑らかにカットされています。





【SE Dave Navarro】

SE_Navarro.jpg

SEの新ラインナップ、デイブ・ナヴァロのシグネチャー。
本家の同氏シグネチャー同様に、Custom24をベースに、Goldハードウェア、ジェットホワイトフィニッシュ、3wayトグルPUセレクターが特徴。
本機もSE Orianthi同様にべべルドトップです。





【SE Custom24 - Whale Blue -】

SE_Cu24_WB.jpg

2012年仕様のSE Custom24ホエールブルー。
今年からの変更点は、くどいようですがべべルドトップに加えて、3ウェイのブレードPUセレクターになった点と、プッシュプルのトーンタップが標準搭載されました。
これによって、6通りの音が出るようになりました。
しっかりセットアップすれば実用的に全く問題ないレベルまで持っていけそうです。




【Mira Moon Inlay Mod.】

Mira_Mod.jpg

ごっそりモディファイしたミラの委託品です。
限定で製作したシリアルナンバー入りのMira用ローズウッド製ピックガードをはじめ、PU、ノブ、スタッドを交換したモディファイ。
今でも非常に問い合わせの多いローズピックガード付きをお見逃しなく♪




【Two-Rock EXO Head - Tan -】

TR_EXO_Head_Front.jpg

Two-Rockの新コンセプトアンプ、EXO。サイズ比較用に雑誌を置きました。
クラシカルな外観を打ち破り、昨今の真空管オーディオアンプにもどこか通じるようなデザインです。
部屋におもむろにおいてあったら、「これ、ギターアンプ?」と聞かれること請け合いです。
取っ手すらなくした(手をかけるくぼみがサイドにあります)デスクサイドなんかに置いておいてもまったくうるさくないデザインですね。





TR_EXO_Head.jpg

横から。
最近の小型アンプと比較しても同じくらいか小さいくらい。
15Wで重量は6.1s。ちょっとしたスタジオくらいなら十分すぎるサイズです。

詳細スペックは福岡サンパレス店BlogのほうでBossが書いていたので、そちらをご覧ください(笑)
こちらからどうぞ♪

今回のカラーはタン、淡い茶色といえばいいでしょうか。
東京本店のほうで試奏もできますので、お気軽にお問い合わせください♪

さて、これで全部かな・・・?
あ、そうそう、こんな子もいました。

ME1_Abalone.jpg

入ってきて即お嫁入り決定です。
この縞が当時の日本では敬遠されていたのです。
こんなに愛らしい、そして美しいのに。。
今は後悔しているかたも多いのかもしれませんね。

もうあと6時間くらいで開店です(笑)
関東は天気が良くないようですが、皆さまのご来店お問い合わせを心よりお待ち申し上げております♪
それでは・・・
posted by チーフT at 23:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サキダシ新入荷情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。