2012年07月23日

新入荷ゾクゾク♪

こんばんは。
今日はまだギリギリ30度には届かず、幾分真夏にはまだ早い?東京でした。
Tでございます。

さてさて、新入荷のギターがゾクゾクと♪
ズズイとご紹介です。

Ibanez_Jcustom_RG9570_Head.jpg

いきなり当店では見慣れないヘッドの画像。
米国で日本製のギターは?と聞いて真っ先に返ってくる答えがこのブランド《Ibanez》
ここまで独自性が高く、世界的に成功している国産ブランドは無いでしょう。

アイバニーズといったらこれでしょ!のJ-Custom。
スルーネックの最終期ハイエンドモデルRG9570です。


Ibanez_Jcustom_RG9570_Joint.jpg

ネックヒールも滑らか。
メイプル/ブビンガの5ピーススルーネックはスーパーウィザードシェイプ。
無茶苦茶な薄さ、メチャクチャ弾きやすいです。
「ジャパニーズはクレイジーだぜー」と言われますね、これだけ薄ければ(笑)
指板はフレイムメイプル巻きのエボニー。





Ibanez_Jcustom_RG9570.jpg

メイプルトップ/ホンジュラスマホガニーバック。
PUはDimarzioのノートン/ブルーベルベット/トーンゾーン。
ブリッジはLo-Pro Edge。

アイバニーズのハイエンドモデル。
探してるひとが非常に多い機種ですので、気になる方は即ご連絡を♪




次はこちら。

PRS_JPLtd_McCarty_Head.jpg

このヘッド画像で「っん?」となった方、あなたはPRSマニアです(笑)
クルーソンペグにインレイのシグネチャー、この組み合わせって非常にレアなのです。
シングルカットのアーティストと思った方は正解!でも残念、今回は外れです。





PRS_JPLtd_McCarty_FB.jpg

最近は本当に見る機会が減ったハカランダ指板。
パウアアバロンのインレイもきれいです。





PRS_JPLtd_McCarty_Back.jpg

綺麗な縞の入ったマホガニーバック。
ネックはローズウッドですね。
コントロールキャビティカバーはローズ製のものをアドオン。





PRS_JPLtd_McCarty.jpg

正解はこちら。
Japan Limited McCartyでした。カラーはチャコールです。
アーティストグレードのイーストコーストメイプルトップはウネウネしていて良い感じです。
PUはMcCarty。コントロールノブ、トグルチップはCrazy Parts製。
オリジナルパーツも付属します。
アーティスト扱いのMcCartyは限定モデルしかないので、お探しの方はぜひ。
新品同様でピカピカです♪





次はこちら♪

20th_Cu24_GB_Top.jpg

これまたあまり見ることのなくなったワンピーストップ。
2005年製のCustom24。カラーはGray Black。
グレイブラックは人気カラーですが現在はラインナップされていませんね。





20th_Cu24_GB_PU.jpg

ピックアップはフロント:Santana Original,リア:Dragon IIです。
コントロールは5wayロータリーから3way+プッシュプルタップに換装。
コンデンサはビンテージムラードに交換済みです。





20th_Cu24_GB_Back.jpg

バックには歴戦の証。
割れたり剥がれたりしてはいませんが、バックルラッシュがあります。






20th_Cu24_GB_Body.jpg

トラスロッドカバーは20thのエンボスロゴが入った金属製のもの。
ヘッドの先にチップあり。





20th_Cu24_GB_Inlay.jpg

20th Anniversaryの初期(2005年初頭)はインレイがオールドスクールバード。
2005年の後半以降にBirds in Flightインレイに徐々に変わっていきます。

こちらも気になった方はぜひお問い合わせください♪


最後に大物!

DTM_V5_GBlue_Head.jpg

ヘッドだけでヨダレモノ。
キルトがきれいです。エッジのナチュラルバインディングも美しい。
クワガタではありません、パズルピースヘッドと言います。






DTM_V5_GBlue_Top.jpg

David Thomas McNaught 《V5》の美品used品です。
David Thomas McNaughtはノースカロライナで完全ハンドメイドで製作されているブランド。
・・・なんて他人行儀に書くのもアレですね(笑)
現在約2年近くのオーダー待ちになっております。。
一本一本、本当に一本一本作っていますので、オーダーをされている方はお待ちくださいね。





DTM_V5_GBlue_Top2.jpg

ダイアモンドキルトのメイプルトップにライン入り。
コントロールはVol./Tone.(Push/Pullタップ)/3wayトグルPUセレクター。
Tone Pros製のTune-O-Maticブリッジ、弦は裏通しになっております。
PUはWCR Guitar Pickups(Wagner)のDarkburstセット。
WCR PUsにご興味ある方もお気軽にお問い合わせください♪






DTM_V5_GBlue_Back.jpg

マクノウトが良いのは作りやトップ材だけではありません。
バック材やネック材に使われる材も「これでもか!」というくらい素晴らしい材です。
本機はマホガニーバック、マホガニーネック。
コントロールキャビティプレートとネックヒールキャップはトップと同じダイアモンドキルトで製作。





DTM_V5_GBlue_FB.jpg

エボニー指板。真っ黒。
インレイはホワイトマザーオブパールのオフセットブロックインレイ。
フレットはステンレス。もちろんまったく減っていません。






DTM_V5_GBlue_FBside.jpg

指板の周りはフレイムメイプルが巻かれています。
フレットのタングも見えないようにきれいに処理されています。

V5は有名ミュージシャンの方の使用でMcNaughtに注目している方にはある意味一番見られているシェイプかもしれませんね。
これをひきこなそうという猛者はお早めにお問い合わせ下さい。
これを逃すとV5に巡り合えるのはいつのことやら・・・という感じです。
OHC付属、COAは欠品しています。


今回もかなーり濃いラインナップです。
やらずに後悔するよりやって後悔(?) お気軽にお問い合わせくださいね。
それでは明日の皆さまのお問い合わせをこころよりお待ち申し上げます^^





posted by チーフT at 23:45 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | サキダシ新入荷情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WCR Guitar PickupsのDarkburstのPUはどんな音が出ますか?
Posted by ぐっしゃー at 2013年03月15日 20:36
ぐっしゃー 様

こんばんは。ご質問ありがとうございます。
「WCR Guitar Pickups」の「Darkburst」は、いわゆる「P.A.F.系」のくくりのピックアップで、それは、中程度のゲイン(歪みレベルと言いましょうか、が、ハイパワーのPUに比べ低い)を持ち、粒立ち良く、キレのあるクリーントーンから、古臭くて、心地良いオーバードライブトーンを持っています。

もしヘヴィロック系の音色がお好きでしたら、Darkburstより、もっとゲインの高い、セラミック・マグネット系のピックアップの方がお持ちの機材にマッチングするかも知れません。

もし東京店にご来店可能でしたら、WCR PickupのDarkburstやその他のデモ機をご用意可能ですので、ぜひ弾いてお試しください♪

試奏歓迎です。

Posted by チーフT at 2013年03月15日 23:07
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。