2012年08月31日

入荷しましたよ♪【XOTIC EP Booster Black Limitedほか】

こんばんは。Tでございます。
なんだかまた地震がちょこちょこと起きていますね。
大飯原発が再稼働しましたが、この夏場は電力不足に陥ることはありませんでした。
とはいえ、9月から電気料金が値上がりしますし(泣)、こういった状況だからこそ、色々な面での急激な技術の進歩が促されるのではないかな、と期待しています。
まぁ、技術が進歩して、電力が現在より安全に安価に作り出せたとしても、電気料金は下がらない気がしますが・・・

さて、そんなネガティブ思考な話は置いておいて、新入荷のご案内です♪

EPbooster_Blackltd_top.jpg

黒光りするアイツ、登場です。

痒いところに手が届くエフェクターをクリエイトし続けるXoticから、EP Boosterの限定カラーが登場です。

Bossが福岡サンパレス店Blogで書いていたブツです。


EPbooster_Blackltd_top.jpg

黒い筐体にアクセントのシルバーライン。
シルバー部分はヘアライン加工されています。画像が高精細だと汚れているように見えてしまいますが、新品ですからピカピカですよ^^

そして怪しく光る紫のLED。
これは単に黒×紫でセクシーだろう?ということではなく、「現場での視認性が一番良いのは紫だ!」という検証結果を反映させたのだそうです。

このBlack Limited、筐体もこれまでのレギュラー品とすこし変わっていまして、アルミ削り出しになっています。
通常、エフェクターの筐体はアルミダイキャスト製(鋳造)です。ダイキャストは金型に溶かした素材を流し込んで作るため、効率と精度が高いのが特徴です。
対して削りだしはその名の通り、ブロックから不要な部分を削って形をつくるため、手間とコストが掛かります。
贅沢な作りで、ことエフェクターの筺体に使用した場合は若干の音質の変化があるようです。

※訂正です。
本製品の筐体は削り出しではなくアルミダイキャスト(レギュラー品と同様)でした。
下記コメント欄もご参照下さい。
お詫び申し上げます。


もう一つ、このBlack Limitedだけではなく、最近のEP Boosterは全てそうなのですが、内部のディップスイッチの効きが変更になっています。
元は+3dbのゲイン切り替えとベースブーストだったのですが、近年のものはゲインスイッチとブライトスイッチになっています。
これによって、よりクセの少ないサウンドが作れるようになっています。
パッと弾いた時に、「あ、ちょっとブライトで分離感が良い。」と感じました。
以前の仕様はもう少し良い意味でモフっとしていたというか、厚みがありました。
特別な場合を除いては使いやすいのはこちらでしょうね。
※訂正です。
初期のEP Boosterはベースブーストスイッチ+ブライトスイッチで、現行品は3dbのブースト+ブライトスイッチです。
下記コメント欄も参照下さい。
kpさま、ご指摘ありがとうございました。



他にもこんなのも入荷していたり・・・
あとで追記します(笑)した!

Leqtique_MAR.jpg

《Leqtique》 Maestro Antique Reviced
Shun Nokina氏のブランド、レックティークのオーバードライブペダル。
この価格(14,700円実売)でこのトーンは驚異的。
過去記事でも掲載していますのでレビューはそちらを♪




CAJ_INandOUT.jpg

《Custom Audio Japan》IN and OUT
ジャンクションボックスです。
InとOutに定評のあるナチュラルバッファが入ったエフェクトのセンド/リターンと、いろいろ使えるスルーIn/Outジャックが一つになったボックスです。
9VDC使用、ほかのエフェクターへの電源供給もできます(1口)
スルースイッチをうまく使うとアンプ等の2チャンネルのフットスイッチがペダルボードにインクルードできちゃいます♪
簡単なペダルボードを組む際に非常に重宝しますね。





Saudio_PEQ.jpg

《Source Audio》Programmable EQ
機種名の通り、プログラミングできちゃうEQです。
積極的な音作りにも、エフェクターの補正にも♪
4つのプログラムされたEQをオートスクロールさせることで不思議なオリジナルエフェクトがクリエイトできます。

以上全て東京本店の店頭でお試しいただけます♪(売り切れ御免♪)
あすから9月!早いです。。
それでは皆さまのご来店、お問い合わせを心よりお待ちしております^^
それでは・・・
posted by チーフT at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | サキダシ新入荷情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
epブースターのリミテッドについてですが、
筐体はアルミ削りだしではなく、今まで通りのダイキャストではないですか?
ディップスイッチの仕様も
ベースブーストとブライトから+3dbとブライトへの変更だと思います。
間違っていたらすみません、そうだと思って現物を購入し、中を見た所書いてある事と違ったのでコメントさせて頂きました。
Posted by kp at 2012年09月07日 22:40
kpさま

コメントありがとうございます。
ディップスイッチの件・筐体の件ご指摘ありがとうございます。
kpさまの仰るとおり、初期のEP Boosterはベースブーストスイッチ+ブライトスイッチ(内部ゲイン固定)で、現行品(SN11012以降〜)は3dbのブースト+ブライトスイッチですね。

「ベースブーストスイッチがなくなった」ことと「+3dbブースト」が追加になったことが頭に残っていて、記述の際にごちゃごちゃになってしまったようです。

筐体に関しましては問屋さんのほうからそう案内があり、「音も違ってくるようです」と言われておりましたが、削り出しの部分はフェイスプレートだけですね。筐体自体は通常のダイキャスト製でした。
これも私の確認不足です、申し訳ございません。

こんな記事を書いているようではだめですね・・・反省しきりです。
今後、更にしっかりとした確認・裏付けを取り、BUG BLOGならではの正確で安心できる情報をお届け出来るよう努力致します。

お客さま、メーカーさまにご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。
重ねてお詫び申し上げます。
Posted by Tでございます at 2012年09月08日 12:27
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
メールアドレスは非公開になります。