2012年09月08日

当店オーダーPrivate Stockのご案内♪・・・の詳細

こんばんは。Tでございます。
ちょっと空いてしまいましたが、当店オーダーPSのご紹介です^^

PS3600_Sig_Ltd_AB_408Pickup.jpg



今回のこのギターのコンセプトは、「オリジナルと最新のSignature Limitedの融合」です。
オリジナルのLimited Editionは24フレットのセミホロウ構造のボディを持ち、Tune-O-Maticブリッジを搭載したギターでした。
トップ材はレッドウッド・シダー・メイプルの3種が用意され、ボディトップ/センター(マホガニー)/フラットバック(マホガニー)の3層構造になっているのも特徴です。
対して新Signature Limitedは22フレットのソリッドボディ、トレモロとストップテールがあります。
新しい408ピックアップとサーキットを搭載した、Signatureの名を冠するにふさわしい力の入れようです。
この2本の特徴的な部分+PRS社のこれまでの歴史的なパーツやマテリアルを取り入れて、新しいSignatureを作ってしまおうという試みです。
ちなみに本機を含めて3部作(全て仕様が違います)の予定です♪
全てBossハンドピックの厳選材が使われています。


PS3600_Sig_Ltd_AB_408Pickup.jpg

ベアクロウスプルースをトップに配したこのPS、ちょうど昨日ご紹介した408と同じピックアップを搭載しています。
PUリングも新たにデザインされ、滑らかなカーブが付けられた独特の形をしています。
Signature Limitedもそうですが、フロントピックアップが通常とは逆に付けられています。
これはタップした際のトーンをよりシングルらしくすることに一役買っているようです。






PS3600_Sig_Ltd_AB_CTRL.jpg

画像右からボリューム、フロントとリアPUの独立タップスイッチ、トーン、3wayトグルスイッチです。
スプルースは杢が出にくい材なのでこういった杢がでた材は希少なのですが、控えめながらなかなか味のある杢がでて良いですね^^






PS3600_Sig_Ltd_AB_bridge.jpg

ブリッジはPRS New Two Piece Bridge。
詳しくは本Blogの記事をご参照ください♪
こちらからどうぞ。






PS3600_Sig_Ltd_AB_neck2.jpg

ネックはフィドルバックマホガニー。
ホントにマホガニーか!?というくらいシマシマです。
ん?何か見えますね。






PS3600_Sig_Ltd_AB_neck.jpg

反対側から。
フレイムメイプルは数あれど、これだけバリバリの縞が入ったマホガニーが使えるのはPSくらいでしょう。
むむ、またもや。






PS3600_Sig_Ltd_AB_back2.jpg

ボディバックもこれまた強烈なマホg・・・さすがにこれはメイプルですね。
PRS氏が直々に選んでくださったイーストコーストカーリーメイプルです。
とんでもなく強烈です。ギラギラ、ただギラギラ。
ナチュラル・スモークド・バーストがこれまたアダルトな雰囲気で素晴らしい♪
ちょっと画像が暗く写ってしまいました。
バックプレートも同様の材で製作。






PS3600_Sig_Ltd_AB_MEagle.jpg

マンドリンイーグルを入れました。これもPRS社の歴史の一端です。
ネックヒールに入れることは多いのですが、今回はボディの上部に。
朝靄や雲間の枝に留まっているようで非常にきれいです。






PS3600_Sig_Ltd_AB_back.jpg

フラットバックなので縁は滑らか。
スモークドバーストの断面までギラギラです。






PS3600_Sig_Ltd_AB_Side.jpg

サイド(センター)もフィドルバックマホガニー。
ここも手抜きなしです。よく詰まっていい雰囲気です。






PS3600_Sig_Ltd_AB_FBall.jpg

ぐるりと表に回って、指板です。
指板材はエボニー。縞が入ってツヤツヤの仕上がりです。
インレイはアメリカーナ。
本来アメリカーナは22フレット仕様のインレイですが、本機は24フレットにもちゃんとおります(笑)





PS3600_Sig_Ltd_AB_FB.jpg

このアメリカーナインレイは、鳥類の彫刻で世界的な名声を得、過去には幻のギターと称される「Golden Eagle」(※ハワード・リースモデルではありません)を製作したFloyd Scholz氏のデザインです。
(余談ですが、DragonIIIや2000、2002をデザインしたジェフ・イーズリー氏は世界的なテーブルボードゲーム「Dungeons & Dragons」のデザイナーとして世界的に有名です。)
このアメリカーナインレイも現在は受注終了となっております。。
非常に手が込んでおり、ついつい時間を忘れて見入ってしまいます。






PS3600_Sig_Ltd_AB_FB.jpg

更にアップで。
最高品質の各種シェルが使われ、エッチングも施されています。
フレットも拘りました。
昨年から指定ができるようになったGold Fret。ベルブラスのような、金色のフレットです。






PS3600_Sig_Ltd_AB_head2.jpg

ヘッド。
エボニーの突板に精緻にエッチングされたブラックリップパールのイーグルが。
他のパールには無いグレーのベースカラーに、光のあたり具合で七色に変わる色合いがとても美しいです。
ペグはPhaseIIIチューナーにFaux Boneボタン。しっとりしたアイボロイドのような質感ですね。






PS3600_Sig_Ltd_AB_head.jpg

違う角度から。
ヘッドサイドもやっぱりユラユラ。


本機はスプルーストップのセミホロウで非常に軽く仕上がっています。(2.89kg)
塗装はニトロセルロースラッカー。非常に薄く、ラッカー特有の温もりを感じます。

スプルースとセミホロウの柔らかな空気感を持ちつつ、センターのマホガニーとバックのメイプルのブライトで締まった中低域もしっかりと併せ持っています。
さらに408ピックアップの音のコシ(まさにコシ、と表現できる弾性を感じさせてくれます)、マテリアルや組み込み、セットアップまで細部にわたって丁寧に作りこまれて初めて生まれる立ち上がりの良さとサスティンの長さ、12フレット以降を弾いた際のスムースでまとわりつくような滑らかなトーンは、もしかするとこれまで弾いたPSの中でも3本の指に入るのではないか?というくらいにTのお気に入りです。
クリーンやクランチの心地よさは当然のことながら、かなりヘヴィに歪ませても音像が崩れず、ハイフレットの盛り上がり方はついついロングトーンでクイクイやってしまうでしょう(笑)

と、いうことでTがたまらない一本です。
騙されたと思って触っていただきたいな〜、と思います(笑)
気になっておられる方はぜひご相談下さいね。

本日はこれまで!
まだご紹介したいものがありますが、また次回に・・・
それでは皆さまの明日のご来店、お問い合わせを心よりお待ち申し上げます♪
posted by チーフT at 23:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サキダシ新入荷情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。