2013年01月11日

PRS 新製品が続々々!その3 〜NS-14&15 / Gary Grainger 4&5string Bass〜

引き続きましてTでございます。
今回はニューモデルからNS-14&15 / Gary Grainger 4&5string Bassをご紹介♪



《NS-14》

NS14front.jpg

タイトルではNS-14&15とまとめましたが、機種としては全く別物です。
機種名が示す通り、どちらもNeal Schonのシグネイチャーモデルとなります。
NS-14はシングルカットシェイプ(フルホロウかセミホロウかは現状不明)のボディに片側fホールつき。
そしてニールショーンといえば、のフロイドローズブリッジ搭載。
メイプルトップ / マホガニーバックのボディに「ニールショーンネックシェイプ」の25インチマホガニーネック、ローズウッド指板。
ヘッドはローズウッドの突板、PRS Signatureロゴがインレイされています。

ピックアップは57/08Set、コントロールはシングルカットと同じ位置に3wayトグルスイッチがあり、ボリュームとトーンが1個ずつという個性的な配置です。
カラーは21種類、10Topオプションもあります。


《NS-15》

NS15front.jpg

こちらはJA-15のボディを持った機種。
スプルーストップにマホガニーサイド、カーリーメイプルバックである点もJA-15同様です。
NS-14と同じくフロイドローズが搭載され、ボディの両サイドにfホールが開いています。
25インチスケールの「ニールショーンネックシェイプ」メイプルネック、エボニー指板。
ヘッドにはエボニーの突板、こちらもPRS Signatureロゴがインレイされます。
バードインレイ、ヘッドロゴのインレイはMOP/Paua Heart製。

ピックアップはNS-14と同様に57/08セット、コントロールはボリューム・トーン・3wayトグルがfホールの内側に配置されます。

カラーは茶色系を中心とした8色展開となります。


《Gary Grainger 4&5string Bass》

GG4front.jpg   GG5front.jpg

とうとうPRSのベースがレギュラーラインナップに復活。
古くは80年代のPRS創生期にラインナップされ、90年代末〜2000年初頭にごく少数が生産されたPRS Bass。
近年はPrivate Stockでのみ製作されてきたGary Grainger Bassが4弦と5弦モデルが一挙に登場。
基本スペックは4弦か5弦かの違いだけで他は同一仕様です。

Fenderジャズベやプレべと同様の34インチスケールのメイプルセットネック、ローズ指板(オプションでメイプル指板もあり)、24フレット仕様。
メイプルトップにマホガニーバック、10Topフレイム/キルトのオプションもあります。
PRSオリジナルのブリッジにライトウェイトなペグを搭載。

ピックアップはパッシブのPRSオリジナルハムピックアップを2基搭載し、アクティブサーキットが組まれています。
コントロールは各ピックアップの独立ボリュームに3バンドEQの計5つ。
ボリュームポットは引っ張り上げることでパッシブでも動作します。
電池切れしてもパッシブで出せるので安心です♪

カラーはCustomと同様の21色展開。

ちなみに、1月10日現在、新製品の日本国内販売価格はいずれも未定です。
こちらも判明次第ご案内させていただきますね^^

今回はここまで。
それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします♪
posted by チーフT at 09:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。