2013年05月25日

Are you Experienced? Yes, S Tee!

こんばんは。
もう初夏の陽気ですね。今年の梅雨はどんな具合なんでしょうか。
Tでございます。

いやいや、もう入荷がザクザクです!
掲載できていないのが歯がゆい。。
というわけで、駆け足で国内初入荷のスペシャルギターをご紹介♪

RS_Guitar_STee_BLD_1st_Top3.jpg

RS_Guitar_TwistedContour_Top.jpg   

お家芸とも言えるレリックを施した各種ギターを製作する一方で、クリエイティビティ爆発!の個性的かつ実用性に富んだギターを創出しているブランド、RS Guitarworks。
これまでにもTee Vee(Telecaster ✕ Flying V)、Tee Byrd(Telecaster ✕ Firebird)という個性的なモデルを発表しています。
見た目だけにとどまらず、AerosmithのJoe Perry氏が愛用するなど、ミュージシャンが実際に使えるギアとしての優秀さも併せ持った高次元のギターブランドです。

さ、前置きはこれくらいにして、今回の2本をガツガツ画像でご覧頂きましょう♪

RS_Guitar_STee_BLD_1st_TopAll.jpg

今回のお題はTele ✕ SG = S Tee!






RS_Guitar_STee_BLD_1st_Top1.jpg

Ash/Mapleでブロンドの王道テレスタイル。






RS_Guitar_STee_BLD_1st_Joint.jpg

Telecasterに準じた使用ですので、ジョイントはボルトオン。
SG のプレイアビリティはボルトオンとの相性抜群です。
ボディの厚みもテレキャスターと同様です。






RS_Guitar_STee_BLD_1st_Back.jpg

レリック具合も非常にリアル。
傷も気にせずガンガンいけますね。






RS_Guitar_STee_BLD_1st_Bridge.jpg

ブリッジもテレキャスターのブリッジを採用。
サドルはイントネーションが揃うようにアレンジされたブラスサドル。
ピックアップはLindy Fralin製。






RS_Guitar_STee_BLD_1st_FB.jpg

指板も弾きこまれた様子を再現。
フレットは減っていません(笑)






RS_Guitar_STee_BLD_1st_Head.jpg

ヘッド。
オリジナルのヘッドストックも良い感じです。
ペグはクルーソンペグを採用。

このモデルはRS Guitarworksを気に入り、自身も愛用される長岡亮介氏(ペトロールズ/元東京事変の浮雲氏)が、誌上レビューをされた際に出されたアイディアを具現化したモデルです。
輸入元のトーラスコーポレーションさんの関連ページはコチラから。

http://tauruscojp.wix.com/rsguitarworks#!stee/c1e3l

ご本人もライブ・レコーディングに愛用されているモデルのファーストロット!

書きかけですがとりあえずここまで!
のこりは後半で!
それでは。。
posted by チーフT at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サキダシ新入荷情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。