2014年01月28日

PRSのナットいろいろ

こんばんは。
今日は福岡、東京共にお休みの日でした。
と言っても東京本店は内部作業をしていたわけですが^^

さて、一昨日の記事でカスタム24を2本ご紹介しましたが、
そのなかで気づいたことが。

「あ、やっぱりナットが変わってる」

PRS_2013_Nut.jpg


これが昨日ご紹介したCustom24のナット。

で、これが在庫の408のナットです。

PRS_2012_Nut.jpg

最近のナット(Custom24)のほうはなんだか白っぽく、表面がさらっとしていて、キラキラと金色っぽい粉末のようなものが見えます。
408のナットも質感は似ているのですが、白っぽくなく、金色の粉末状のものも見えません。
軽く叩いてみると、最近のナットのほうが少しカキっ!とした感じの音がします。
まさか、PRS、とうとうナットにまでブラスの粉を・・・?
さすがにそれはないと思いますが(笑)、どうなんでしょうね。



ついでに他の年代のも簡単に。

PRS_ME_Nut.jpg

これは初代MEのナットです。
MEのナットは通常のナットと仕上げが少し違っていますが、素材自体は2000年代半ばはみんな一緒です。





PRS_L90s_Nut.jpg

90年代後半〜2000年代前半のナット。
一番樹脂感が強く、ヌメっとした感じがします。
サウンドもマイルドです。




PRS_80s_Nut.jpg

80年代、ビンテージPRSのナット。
溝の切り方が特長で、V字に溝が切られています。
材質もどの年代ともちょっと違いますね。


ナットはギターのサウンド傾向を決定づける大きな要因の一つです。
PRSもナットは年々変わっており、常にサウンドの向上とチューニングの安定性を追い求めています。
PRS氏のインタビュー動画を見ても、特にコダワリを持って研究しているのがよくわかります。


PRS_513RW_Nut.jpg

そういえば513のナットは特徴的でしたね。
513 Rosewood(ハカランダネック)は上記の白いナット。
スキャロップドナットと呼ばれていました。
もう手に入りません。。。


PRS_513_Nut.jpg

25周年モデルを含む、513メイプルトップは黒のスキャロップドナット。
ネックシェイプが513シェイプからパターンレギュラーに変更になったのを機に、
ナットはレギュラー用のナットに統一されました。


東京本店の次の営業日は31日の金曜日!
皆さまのお問い合わせ、ご来店を心よりお待ち申し上げます♪
それでは・・・
タグ:PRS ナット
posted by チーフT at 23:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
メールアドレスは非公開になります。