2014年04月07日

日米のサドウスキー (#SadowskyNYC/#SadowskyTYO)

こんばんは。
Tでございます。
そろそろお花見シーズンも終わり、学校が始まったり新年度のドタバタもほんの少し落ち着き始めたりするころでしょうか?

expsuhrfb4.jpg

福岡サンパレス店ではExperience Suhr (JST) Guitars開催中!
お近くの方はぜひ体験しにサンパレス店へお立ち寄りください^^


東京本店はこの2本でSuhrを迎え撃ちましょうかね(笑)

Sadowsky_Head.jpg

日本とアメリカ。
師匠と弟子。
親と子。
そんな間柄の2本のサドウスキー。





Sadowsky_ALL.jpg

《下:1990 Sadowsky NYC ULTRA VINTAGE S-Style Guitar -Candy Apple Red-》
《上:Sadowsky TYO Classic Edge Strat Custom Order Model -59 Burst-》

約20歳差の2本です。





Sadowsky_NY.jpg

まだヘッドロゴが[Sadowsky Guitars LTD.]時期、1990年製。
現在24歳、今でも現場で即戦力のプレイアビリティ、サウンド。
プロミュージシャンが大事に育ててきたギターは伊達ではありません。
ちゃんと暖かみと奥行きがあって、いわゆるモダンコンポーネントの枠を超えたサウンドを提供してくれます。
プリアンプも優秀で、太くブーストしますがヌルくならないのがさすが。

店頭で触って頂いたお客さま全員が「これめちゃくちゃ良いですね!」とビックリされる一本。
手放せなくなりますよ^^







Sadowsky_TYO.jpg

2008年製作。
弊店のお客さまが拘りに拘って弊店経由でオーダーした一本です。
Lollar製 BlackFaceピックアップセットにSuhr BPSSC、Sadowsky Mid Boostサーキット。
上のNYCに比べると若々しく猛々しいサウンド。
ギラッパキッとしたローラーブラックフェイスPUが60'sのイイ雰囲気。
ミッドブーストすると、粘りあるのモッチリサウンドに変貌。

弾き比べるとNYCのほうは50'sのような丸さを暖かさがあり、このTYOはジャキジャキとした鉄弦の気持ちよさがあります。
どちらにも良さがあり、米国製、日本製という枠で考えるのはナンセンスです。
両方弾いてみたら「こっちが好き!」と人それぞれ違うでしょうが、
お好みにバチッとハマるギターだと思います。

NYCのこの時期のギターは入手困難ですし、TYOも現在は既にオーダー終了しておりますので、
これだけのスペックを詰め込んだギターは出てこないでしょう♪
弾いて楽しんで、人に見せて自慢できるギターです。

他にもRS Guitarworks、Provision、Freedom C.G.R、David Thomas McNaught等、
ストラト系のギターが色々揃っています^^
弾き比べ、してみませんか?
面白い発見があるかもしれませんよ♪

明日は福岡サンパレス店はお休み、東京本店は元気に営業。
みなさまのご来店をお待ちしております!
それでは・・・

posted by チーフT at 23:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
メールアドレスは非公開になります。