2016年09月30日

【最下段に追記あり】PRS Private Stock 20th Anniversary Limited Edition! {諸事情により書きかけです・・・}

こんばんは。
Tでございます。

さあ、今週末を以って、11月まで営業が一旦終了となります。
ということはですよ、超オトクな現金特価&ショッピングクレジット金利無料も終了ということです!
まだまだありますよー、幸せになれるギター達!

まだ間に合いますよ♪
最高の一本、見つけちゃってくださいね^^

休業前大放出大会の概要は ⇒ こちらからご確認ください♪
東京在庫一覧(デジマートリンク)は ⇒ こちら!
福岡在庫一覧(デジマート)は ⇒ こちら!


さてさて、今回はこのギターを徹底的に見てみようと思います。

PS_20th_NLSB_Eagle2.jpg

美しいイーグルがヘッドにおられる方です。
バナーには「20th Anniversary」のエングレーブが。








PRS_PS6018_20th_Anni_NLSB_All1_write.jpg

この方です(タイトルでまるわかりですが 笑)。
《PRS Private Stock 20th Anniversary Limited Edition》

2016年はプライベートストックが発足してから20年目にあたります。
本機はそのアニバーサリーモデルということです。



ここで少し歴史を遡って・・・
プライベートストックチームの歴史は、80年代の終わりから90年代の初頭、いわゆるPRS創生期に始まります。
一般のラインとは別に、ハイエンドなリミテッドモデルやDragonシリーズ、アーティスト向けのカスタムギターを製作する、「PRS Custom Shop」がその母体となっております。

また、このCustom ShopやPrivate Stockチームは開発チームとしての側面も担っており、
続々と登場する新モデル、新しいパーツ達、美しい新色は、このチームとPRS氏が主となり産み出されています。








PRS_PS6018_20th_Anni_NLSB_Top1.jpg

話戻りまして、本機はPrivate Stockチーム20周年モデルということで、
これまでの技術の総集編という意味合いを持ち・・・と思ったら全くそんなことはありませんでした(笑)
(10th Anniversaryモデルは10周年の総集編という感じでしたね。)

新しい試みだらけ!初モノだらけ!







それでは、各セクションに分けて見ていきましょう。

PRS_PS6018_20th_Anni_NLSB_Top4.jpg

トップはカーリーメイプルトップ。
本モデルのトップ材はPaul Reed Smith氏(以下、PRS氏)ご本人がハンドセレクトしています。
PRSのオフィシャルHPにもPRS氏がセレクトしている旨と合わせて、
「Deep, Wide-Curl Curly Maple Top」との記載があり、特別な基準で選んでいるのがわかります。







PRS_PS6018_20th_Anni_NLSB_Top2.jpg

そう言われてみると、確かに氏の好む材の特徴が出ています。
くっきりしていて、少しグリッとうねる杢目。
Paul's28やVionlin Guitar、Dirty100も同じ雰囲気を持っていますね。


ちなみに通常のPSは、特に指定がない限りはPSチームがリクエストに沿ってコーディネートしていきます。
もちろん素晴らしい材ばかりですし、チームの目利きが行うので通常のセレクトでも安心ですが、
やっぱりPRS氏が選びだした材は格別です。








木材選定 ポールリードスミスギター アメリカファクトリー with Mr. Paul Reed Smith

こんな感じで材を濡らして杢目の出方を確認しつつ、サウンドも考慮して選び出していきます。
PRS氏は材を選ぶのが速い!しかも的確に良い材を抜き出していくので、いつもびっくりしてしまいます。









PRS_PS6018_20th_Anni_NLSB_Bodyback.jpg

上記のトップ材にマッチングさせたボディバックはリボン杢の出たアフリカンマホガニー。
見る角度でキラキラ表情が変わる美しい材です。

アフリカンマホガニーはホンジュラスやサウスアメリカンマホガニーに比べると比重が軽く、
音も柔らかい傾向にあります。
本機のようにリボン杢の出る方向(= 柾目や追柾目)に取ることで、サウンドにコシを持たせるように組み合わされているのかな、と感じます。








PRS_PrivateStock_PS6018_20th_Anniversary_LimitedEdition_Drpth.jpg

上の写真は、PS #5561 Paul’s Graphite Guitar(画像上)と並べて比較した画像です。

ストップテールのPaul's Guitarとトレモロの20th PSではネックの挿入角が違うのがわかります。

・ストップテールのPaul's Guitarはネックが若干ボディバック側(で、伝わるかな?)に傾いていて、ボディと弦の距離がブリッジに向かって離れていきます。
・対してトレモロの20th PSはネックとボディが並行に近く、ボディと弦の距離が近いです。

ギターを構えたときの1フレットの位置が結構変わってくるので、トレモロの有無以外にも、
フィッティングの良さも基準にしても良いと思います。







PRS_PS6018_20th_Anni_NLSB_Neck.jpg

ネックもボディバック同じくマホガニー。
ですが、全然表情の違う材が使われています。
黒い筋が長く伸びていて、色も濃い目。
指でタッピングすると「カンカン、コンコン」と硬くて高い音がします。








PRS_PS6018_20th_Anni_NLSB_Headback.jpg

ヘッド裏。
PRS氏のサインと、PSチームの責任者、Paul Miles氏のサインが入ります。
他には通しで入るシリアルナンバー、PSナンバー、完成時のデイト(2015/12/3完成)、
「20th Anniversary LTD」の文字








PS_20th_NLSB_Eagle2.jpg

ぐるっと回ってヘッド





と、ここまで書いたのですが、どうしても接客と出荷作業その他電話メール対応とが重なり、21時40分現在でも接客があり、まだ推敲を終えた文章を書き上げられませんでした... (・・;)

書きかけですが、一旦ここまででアップさせて頂きます。

また、追って完成させます!

by T



完全版はこちらです!!
【完全版】PRS Private Stock 20th Anniversary Limited Edition!
posted by チーフT at 21:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS Private Stock(プライベートストック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
メールアドレスは非公開になります。