2008年05月25日

今日も無事に

ふー

お疲れ様でした!

今日も無事に営業終了。

Greco Les Paul Birds-eye Maple Top


「引越しアウトレットセール」は今日はあいにくの雨模様。

新しくシェクターの7弦ギターや、PRSのTESTピックアップ、VOXのスピーカーケーブルなど、あらたなアイテムを追加しました。

今週は水曜日(28日)も休まず営業しますので、ぜひアウトレット品を漁りに来てください。

店頭からは場所の都合で引っ込めちゃいましたが、新品未使用のハードディスクレコーダー(古いです)や、BOSSのレコーダーも激安放出しております。

それから、マニアックなところでは、OLD PRSのVolumeポットや、モダンイーグルのブラススタッドなどもジャンク箱に入っていますので見つけてみてください♪

引き続きよろしくお願いします。
posted by 東京本店 at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 社長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は忙しい中、変な質問に答えてもらってありがとうございました!

リアの歪みのザクザク感を前に出すために、結局僕が取った手段は

リアオンリーにしてアンプ側でMIDを足してバランスをとってやる事くらいでした(笑)

今度フロントのピックアップを変えようと思っているのですが

#7とVintage bassの大まかな違いを教えてほしいです!

Posted by 越川 at 2008年05月26日 14:23
越川さん
こんばんは!

先日はドーモ。
あんなタイミングで某著名ミュージシャンに会えるとはね!ラッキーでしたね。(^^)

ギターも楽しんで頂けている様で、何よりです。

さて、フロントPUのそれらの違いですが、
大きくは、PUカバーが有るか無いかの違いだけです。





(笑)冗談です!




 #7(BASS)はマッカーティサーキット搭載ギターやシングルカットモデルなどの22Fギターのフロントに推奨されるピックアップで、フルレンジのオーバーワウンドBASSピックアップと言った感じです。そのサウンドはウォームでファットでウッディです。
グライコで言えばミドル・センターを中心に緩やかな山型に持ち上げ、さらにローミッドにもピークを持たせた感じの特性です。
このピックアップは単芯のVintage Braided Wire仕上げになっておりますので、弊社の特注品を除けば通常の販売品では“コイルタップは出来ません”。従って、殆どのダブルカットシェイプのポールリードとは基本的にはあわない格好です。(5wayロータリースイッチとは組み合わせ出来ません。 スワンプアッシュスペシャルやマッカーティとは組み合わせ可能ですが、通常コイルタップは出来ません。 ホロウボディシリーズに載せるにはちょっと出力が高すぎます。)

 Vintage Bass は名前からすると“フロント用のヴィンテージサウンド”のピックアップにあたりますが、どちらかと言うと現代的な“よく整理されたトーン”を持ちます。
出力はリアのHFSとのバランスを取る為に高めに設定されており、(※PRSの24Fモデル、(Custom24、Standard24、CE24らにはこの組み合わせがファクトリースタンダードとなっております)、サウンドキャラクターはクリアでストレートです。特にこのPUは、5wayロータリースイッチとの組み合わせで使われる為、リアの同じくマルチワイヤーのPUとのコンビネーションにおいてクリアでトゲトゲしく無いハイトーンが出るように設計されています。
グライコで言えば全域を細かく分けてそれぞれのピークをバランスよく持ち上げてブレンドしてある感じです。
PRSの22フレットギターのフロントのサウンドをもう少しクリアにしたい人にお勧めいたします。

どちらのPUもアルニコマグネットのPUです。
カバーの有り無しというルックス的な問題やワイヤリングの問題はありますが、フロント用のPUとしてはどちらも優秀です。
倍音やサスティーンは#7の方が多いです。

以上回答申し上げます。

越川さんの目指すフロントサウンドの方向性で決めて良いかと思いますよ。
Posted by 筆者 at 2008年05月27日 05:41
越川様

こんにちは、従業員Tです。
お返事を・・・と思ったらBOSSから説明がなされておりますので、そちらをご参照ください♪

またどんなことでもお気軽にご相談くださいね♪
そしてまたお店のほうにも遊びにいらしてください。
新店舗はもっとゆっくりできるスペースになりますから^^

それでは失礼いたします♪
Posted by 従業員T at 2008年05月27日 13:55
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。