2018年05月31日

【画像多数】Holy Grail Guitar Show 2018に参加してきました。



こんばんは。
Tでございます。

本Blogをご覧の方はご存知かもしれませんが、
5月の1週目、5日と6日にドイツのベルリンで行われた「Holy Grail Guitar Show2018」に参加してきました。


EstrelHotel.jpg
会場のエストレルホテル。



このギターショウはEGB(The European Guitar Builders e. V.)が主催するギターショウで、
世界中の製作家、小規模な工房が出展するショウとなっています。

このショウは誰でも参加できるわけではなく、EGBに選出されなければ出展できません
出展できることは名誉なことで、これまでも日本からの参加はごくごく限られています。
(今回はIHush GuitarsとJERSEY GIRL homemade guitarsが日本から参加。)

全体ではエレクトリック、アコースティック、ベース合わせて135ブランドです。


今回、Tが参加したのは「IHush Guitars」のお手伝いが目的です。
少し前に投稿した帰ってきました記事(⇒こちら)に載せた4本のギターを展示しました。

Holygrailguitarshow2018_2.jpg

来場されたお客さんも、出展していたビルダーさんもその美しさに見惚れて、
更に彫金がレーザーカットではないという点を説明されると、驚愕の目で見ていました。
人によってそれぞれ好みが違い、まんべんなく別れていたように思いますが、Figured(杢目模様)はやっぱり一様に驚かれていましたね。


フィギュアドのユラユラっぷりを動画で撮ってきましたのでご覧ください。
(フリーハンドで撮っているので、ブレはご容赦ください。笑)








さて話変わって。
HGGSの会場はホテルのホールを2箇所使って開催されました。



Holygrailguitarshow2018_3.jpg Holygrailguitarshow2018_4.jpg


片方の会場は2面がガラス張りで非常に明るく、もう片方の会場はいわゆるホール的な感じでした。

2日ともとても良い天気で、ガラス張りの会場のほうはものすごく明るく、ブースによっては逆光になるような感じで、
ディスプレイにも気を使う感じでした。

一方のホールのほうは落ち着いた雰囲気で、ちょっと暗いかな?という感じで、照明をうまく使ったところはきれいに演出できていましたね。
2日とも大盛況と言って良いお客さんで、関心の高さが伺えます。



それでは出展者さんの展示をどんどん載せていきます。
上記のようなコンディションで、特に明るいほうの会場は飛びまくり、暗い方はブレまくりで使えない写真が大量でした。。
なので全部は載せられませんでした。少しでも雰囲気が伝われば幸いです。
日本で人気のSkervesenなんかもあったんですが・・・(泣)
※A-Z順。ブランド名_国名になっています。





HGGS2018_Adamovic_basses_netherland.jpg
Adamovic_basses_netherlands

HGGS2018_BattistonGuitar_France.jpg
BattistonGuitar_France

HGGS2018_BigfootGuitars_India.jpg
BigfootGuitars_India

HGGS2018_BlackatGuitars_Poland.jpg
BlackatGuitars_Poland

HGGS2018_BorghinoGuitars_Italy.jpg
BorghinoGuitars_Italy

HGGS2018_caseGuitars_UK.jpg
CaseGuitars_UK

HGGS2018_DaguetGuitars_France.jpg
DaguetGuitars_France

HGGS2018_DennysGuitars_germany.jpg
DennysGuitars_germany

HGGS2018_ElrickBassGuitars_HGGS2018.jpg
ElrickBassGuitars_USA

HGGS2018_EyestoneGuitars_germany.jpg
EyestoneGuitars_Germany

HGGS2018_FantGuitars_Austria.jpg
FantGuitars_Austria

HGGS2018_FibenareGutiars_Hungary.jpg
FibenareGuitars_Hungary

HGGS2018_FrankHartungGuitars_germany.jpg
FrankHartungGuitars_Germany

HGGS2018_FranzBassguitars_netherland.jpg
FranzBassguitars_Germany

HGGS2018_FremeditiGuitars_Greece.jpg
FremeditiGuitars_Greece

HGGS2018_GalassoGuitars_argentina.jpg
GalassoGuitars_Argentina

HGGS2018_JamesCollinsGuitars_UK.jpg
JamesCollinsGuitars_UK

Holygrailguitarshow2018_JerseyGirlHomemadeGuitars_1.jpg
JerseyGirlHomemadeGuitars_Japan

HGGS2018_LavaGuitars_Lithuania.jpg
LavaGuitars_Lithuania

HGGS2018_MacphersonGuitars_Canada.jpg
MacphersonGuitars_Canada

HGGS2018_ManneGuitars_Italy.jpg
ManneGuitars_Italy

HGGS2018_MaxmonteGuitars_Italy.jpg
MaxmonteGuitars_Italy

HGGS2018_M-toneGuitars_USA.jpg
M-toneGuitars_USA

HGGS2018_MOVGuitars_Italy.jpg
MOVGuitars_Italy

HGGS2018_NazangiStromgitarren_Germany.jpg
NazangiStromgitarren_Germany

HGGS2018_NoemiGuitars_Italy.jpg
NoemiGuitars_Italy

HGGS2018_ODGuitars_Israel.jpg
ODGuitars_Israel

HGGS2018_OniricaGuitars_Italy.jpg
OniricaGuitars_Italy

HGGS2018_OroborusCustom_germany.jpg
OroborusCustom_Germany

HGGS2018_PierrickBrua_France.jpg
PierrickBrua_France

HGGS2018_redlayerguitars_1.jpg
RedlayerGuitars_Netherlands

HGGS2018_RischkeGUitars_germany.jpg
RischkeGuitars_Germany

HGGS2018_RuokangasGuitars_Finland.jpg
RuokangasGuitars_Finland

HGGS2018_SKC_germany.jpg
SKC_Germany

HGGS2018_SliwaGuitars_Poland.jpg
SliwaGuitars_Poland

HGGS2018_SpaltInstruments_Austria.jpg
SpaltInstruments_Austria

HGGS2018_StankeviciusGuitars_Lithuania.jpg
StankeviciusGuitars_Lithuania

HGGS2018_StradiInstruments_Poland.jpg
StradiInstruments_Poland

HGGS2018_TAGUA_Guitars_PANAMA.jpg
TAGUA_Guitars_PANAMA

HGGS2018_ThomasHarm_Germany.jpg
ThomasHarm_Germany

HGGS2018_UlrichTeuffel_Germany.jpg
UlrichTeuffel_Germany



全体的な傾向としては、
・ギターはファンフレットやヘッドレスが多めで、デザインも多彩。
アクリルやレジンをボディに併用したりしているギターもありました。
あと、重量が軽いことを推しにしている工房も多かったように感じます。

・ベースもエレキと同じく多弦、ヘッドレス、ファンフレットが多く、エキゾチックウッドを使用したものが目立ちました。

・アコースティックギターは、サイドバックにローズ系の材以外を使ったところが多いように感じました。
ワシントン条約の影響があるのかもしれませんね。




日本ではなかなかお目にかかれない個性的なブランドがたくさん出展しているので、
マニアには堪らないショウです♪
アンティーク調だったり、大手メーカーでは見られないようなデザインも多く見られるので、
ギターにあまり興味がない女性も楽しめると思います。
ヨーロッパ旅行に行かれる際に予定に組み込んでみるとおもしろいと思いますよ。


以上、写真で振り返るホーリーグレイルギターショウ2018でした。

ショウの前後にはベルリン市内を観光したり、イタリアまで足を伸ばしたり、ドイツバイオリンの聖地に立ち寄ったり、お城を見たりと、駆け足ですが観光もしてきました。
そのあたりはTのインスタグラム(⇒ こちら)でポロポロ上げていくかも?です。
(写真がたくさんありすぎて大変です 笑)
店舗でのギター写真等々も上げているので、よろしければそちらもどうぞ♪


それではまた♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
http://www.buguitars.com/ask.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 20:46 | 東京 ☁ | Comment(0) | 海外出張関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。