2019年07月17日

#PRSAMP 【7月28日 新発売】ついに日本でも販売開始!PRS Guitarsが放つ、小型軽量、機能充実!マークトレモンティ氏のシグネチャーアンプヘッド「MT15」!



PRS_MT15_1.jpg


こんばんは。
ボトムズアップギターズ東京本店でございます。

今回は久々!のPRSアンプ新製品発売のご案内です^^

Signature製品という型にとらわれること無い、良品です。
久しぶりにオススメ出来るポールリードスミスのギターアンプが出てきて嬉しいです。



PRSシグネチャーアーティスト、Mark Tremonti(マーク・トレモンティ)氏のシグネチャーアンプ 『MT 15』


いよいよ・・・

令和元年 7月28日販売開始!

もちろん!ボトムズアップギターズ東京本店、福岡サンパレス店、共に入荷します^^



●ランチボックスサイズ『小型で軽量』
●本格的な “フルチューブ” 2チャンネル仕様
●7Wのハーフパワーモードもあり、
●エフェクトループもついて、
●言わずもがなサウンドはPRSの折り紙付きです♪
●そして、正規輸入品・保証付きで、このロープライス・・・!!

チャンネル切り替えのフットスイッチとアンプカバーも付属します。




昨年、発表された際に、ポールリードスミスファクトリーで実機を弾いてきましたが、
クリーンもキラキラ、リードはゴリゴリで、
「♪」なアンプですよ、かなり!



サウンドは実際にトレモンティ氏が弾いて解説もしているオフィシャル動画が上がっていますのでそちらを参照ください。
↓↓↓






価格は 税別92,000円 (8%税込 99,360円)と、
アンダー10万円なのも嬉しいところ。

112のマッチングキャビネットも同時発売。
こちらは税別52,000円(8%税込 56,160円)。

スタックセットでも、税別144,000円。(8%税込 155,520円)




SPECIFICATIONS

気になるスペックは以下の通りです。

mt15_hero_large.jpg
MT 15
15 or 7 ワット スイッチ切り替え | 2 チャンネル | 6L6 パワー管仕様




mt15_photo5.jpg

FRONT PANEL CONTROLS
ゲインチャンネル: Gain, Master, Treble, Middle, Bass
クリーンチャンネル: Volume, Treble (with pull Boost), Middle, Bass
共通: Presence, Channel Switch Toggle, Standby, Power


mt15_photo6.jpg

BACK PANEL FEATURES
インレット: Fused Power Inlet (IEC)
エフェクトループ: Loop Return, Loop Send
バイアス: Fixed Bias, Adjustable (bias jacks accessible from back panel)


mt15_photo4.jpg

TUBES
パワー管: 2x 6L6GCMS
プリ管: 6x JJ EC83S
クリーンチャンネルで、リードチャンネルでに光ります。


mt15_photo2.jpg

MEASUREMENTS
幅: 14" (355.6 mm)
奥行き: 8" (203.2 mm)
高さ: 7.25" (184.1 mm) *with feet
重量: 17.8 lbs (8.074 kg)


ACCESSORIES
付属品: 1-ボタンフットスイッチ (Gain/Clean チャンネル切り替え), アンプカバー


幅広い音作りに対応できそうですし、小型軽量で部屋置きにも持ち運びにもちょうど良いサイズじゃないかな、と思います。


入荷数は限られますので、「手に入れなければ!」とセンサーが働いた方はすぐに動かれることをオススメ致します♪


ご注文は下記の弊店HP お問い合わせフォームからメール、営業時間内にお電話(03-3721-1721 ※水曜不在が多いです)、各種SNSのダイレクトメッセージもOKです。
Bottom's Up Guitars オフィシャルHP お問合せページ
※東京、福岡共通のフォームです。


お支払い方法柔軟に対応致します♪
・現金(店頭 / 銀行振込)
・超低金利ショッピングクレジット(店頭 / 来店不要のWeb申込みもできます)
・クレジットカード(店頭 / 来店不要のWeb決済もできます)
・代金引換(代引き通販)


明日は東京本店は不在日、福岡店もお休みです!
(メールは随時受け付けておりますが、不在日は返信が遅れます。)

それでは!
※本記事を一番下までスクロールすると、小ネタがあります♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ホームページ ///
https://www.buguitars.com/

/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html

【東京本店】
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
※東京本店のみ完全予約制をとっております。
※丁寧な対応を心掛けておりますので、恐れ入りますが、事前にご予約をお願い致します。

/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs

/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。

/// デジマート 東京本店 ///
https://www.digimart.net/shop/3160/

/// 福岡サンパレス店・デジマート ///
https://www.digimart.net/shop/4895/

ーーー♪ (^^♪ ♪ーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと小ネタ(?)
トレモンティ氏といえばPRSギターのシグネチャーアーティストとしておなじみのギタリストですね。
「短髪、マッチョ、アゴヒゲ」のイカツかっこいいお兄さんという印象です。
むかーし、米国メリーランド州にあるPRS本社で遭遇して写真を撮ってもらったことがありますが、優しい目をした穏やかなお兄さんでした^^


氏のバンドはCreed、Alter Bridgeともにゴリゴリに歪ませて速弾きの印象が強いですが、
サビ以外ではクリーンサウンドもかなり多用します。

なので、氏のシグネチャーモデル(ギター)はリアPUは非常にハイゲインですが、フロントPUはカバードタイプで、実は出力はPRSピックアップのなかでも1,2を争うくらい低いモデルだったりします。

緩急をつけたモダンなオルタナティブ・ロックの先駆けといえるプレイスタイルに合わせたモデルになっているわけですね。


そんなプレイヤー目線の仕様となっているこのモデル、
隠れた名機として玄人、特にプレイヤーさんに人気!

入荷数が少ないため、常に探している方の多いモデルだったりします。

●シングルカット厚のボディ(カスタムより厚いマッカーティより更に厚いです)
●トレモロユニット搭載(第一世代はストップテール仕様のみ、現行モデルはアジャスタブルストップテールとトレモロ仕様から選べます)
●トレムアップルート標準搭載(ブリッジ下部のザグリ、アームアップ幅が大きく取れる)
●4ノブコントロール&上部のトグルスイッチ


レスポールシェイプでこのスペックを持ったモデルはPRS以外を見渡しても案外無いんですよね。

PRSのこういったモデルは「シグネチャーだから」、と敬遠するのは本当にもったいない!
と思います。
もっと自由に楽しんでいいと思いますよ^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上
posted by チーフT at 00:17 | 東京 ☀ | Comment(3) | サキダシ新入荷情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはです!お疲れ様です!!
先日は楽しい時間ありがとうございました。
改めてPRS愛が深くなりました。
アンプすごいですね!これは良さそうです。
個人的には小ネタの方がえらく刺さってますが・・・笑
先日のやーばいギターが寝ても醒めても・・・
貯金貯金ですね笑
またお伺いさせてください!
Posted by わたなべ at 2019年07月17日 21:01
投稿されてなかったようなので再投稿^^

こんばんは!!お疲れ様です!!
またヨダレの出るアンプが・・・
それとさらにヨダレが垂れ流される小ネタが・・・笑

先日はありがとうございました。
楽しい時間ありがとうございました!改めてPRS愛が深まった感じですね。帰ってきてから恒例の?アーチ部分の美しさにやられてます。

やっぱりあのや〜ばいギターはたまらんですね。
貯金をしなきゃ^^
大人の楽しみです
Posted by わたなべ at 2019年07月17日 21:37
わたなべ 様

コメントありがとうございます^^

先日はご来店ありがとうございました。
ギターのお話はもちろん楽しいですが、お客様から聞かせて頂く別業種のお話は知らないことだらけで、非常に勉強になります!

小ネタ、楽しんで頂けたようで何よりです♪
もともとレスポールだってシグネチャーモデルですし、
アーティストサイドに寄せたモデルはもっと使う人が増えて良いと思います^^


ギターのアーチを流れる光は美しいですよね。
特に太陽光は偉大です(笑)


以上、Tでございましたm(_ _)m
Posted by BUGより(返) at 2019年07月18日 11:49
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。