2016年03月26日

メンテナンス PRS 513 Maple Top Faded Blue Burst ブリッジ、ネック調整 即日リペア 田園調布店 ※事前予約がおすすめ

3/29 追記 ↓

4/2〜4の関西出張はリスケになりましたので、その土日月は店舗にいる予定です。リペア・メンテナンス案件で重浦ご指名の場合はご予約を頂けますと幸いです。
また、4/1から5/10まで『分割払い金利0%{無料}キャンペーン』を実施致します。
速報としてこの場を借りてお知らせ申し上げます。


↑ ここまで

−−−−−−−

こんにちは。
久しぶりの登場、ボトムズアップギターズ重浦です。
先日私がメンテナンス対応をさせて頂きました『PRS 513』が美しい雰囲気でしたので撮影させて頂きました。

メンテナンス PRS 513 Faded Blue Burst リペア 修理 ご予約ください 丁寧に即日作業します 東京 田園調布 ギターショップ

メンテナンス PRS 513 Faded Blue Burst リペア 修理 ご予約ください 丁寧に即日作業します 東京 田園調布 ギターショップ

メンテ内容は
・ネック調整 順反りの矯正
・ブリッジ調整 弦高、オクターブ調整
 付随してブリッジのフローティング(トレモロスプリング)調整
・弦交換 簡易クリーニング
費用は弦代全て合わせて¥5,000-(税込)でした。

メンテナンス PRS 513 Faded Blue Burst リペア 修理 ご予約ください 丁寧に即日作業します 東京 田園調布 ギターショップ

今回は、オーナー様のご指定でダダリオのEXL120+(0095-044)のゲージを使用。

このゲージはP.R.S.氏も長きに渡り愛用していたゲージで、個人的にもPRSとの相性は抜群だと思います。
近年は10-46が標準ゲージになっていますが、上は46でも、下は09や095がマッチする個体も多いと感じています。
特に408シリーズを試奏して何か気に入らないと感じた方はぜひ09-46や0095-044を張ってもらいご試奏してみてください。印象がガラッと変わるはずです。
※もし一般の楽器店さんで頼む場合は、きちんと購入前提でお願いしてくださいね。

メンテナンス PRS 513 Faded Blue Burst リペア 修理 ご予約ください 丁寧に即日作業します 東京 田園調布 ギターショップ

non10topのメイプルトップですが、このグラマラスな感じと杢の雰囲気が良いですね・・・

ブリッジは、サドルビスがブラス、イントネーションスクリューもブラスになっている時期の仕様です。

メンテナンス PRS 513 Faded Blue Burst リペア 修理 ご予約ください 丁寧に即日作業します 東京 田園調布 ギターショップ

この黒っぽい金色っぽい物体は、PYREX(パイレックス =強化ガラス)、周囲はアイボロイドです。
つまり、このインレイは貝類が使われていません。この時期貝類の輸出入規制が厳しくなっていたからです。
2011年からしばらくこの仕様でした。
その前は25th Bird inlayで、
さらにその前はJ-Birdという仕様でした。

ちなみに、J-Birdのアレコレはこちらの2009年5月24日の当BLOG記事をご覧ください。

ちなみに、ちなみに。こちらの2013年11月10日の当BLOG記事ではバードインレイ当てクイズ?が行われております。(笑)  わっかるかな〜、、、コレ。(苦笑)

それでは、また。

今日はこれから外出です。
明日は終日いる予定です。
月曜日は流動的で、29〜31は臨時休業。
4/1 は武道館
4/2〜4 は関西出張予定 ←別日に予定変更になりました。
4/6〜9 は九州出張
その後 4/17〜19も博多です。

東奔西走ですが、今後とも宜しくお願い致します。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL /// 水木連休
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by 東京本店 at 16:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

ピックアップ交換♪ 〜Suhr Modern x Guardian Pickups "A-Luminous" 、PRS P24Limited x PRS PU "Metal"〜

こんばんは。
Tでございます。

2月も3分の2が過ぎ、そろそろ春の気配がちらほらと感じられるようになってきましたね。
しかしながら、Tは寒いのが苦手なので、私はまだ熱源から離れられません(笑)
雪国生まれなのに・・・


そんな今月2月は弊社決算月ということで、下記セールを展開中です!

年に一度の大決算セール
"BUG決算大特価祭 2016"


交渉もウェルカムです!
今月末の2/29までですので、ぜひご活用ください^^

詳細、セール品ラインナップはBlog記事へどうぞ♪
http://bug.seesaa.net/article/433899074.html





また、先週末は福岡サンパレス店ではT's Guitars 高橋社長をお招きして、
スペシャルイベントを開催しました!

tsguitars_event_20160221_a.jpg


イベントの模様は福岡サンパレス店Blogに上がっていますので、そちらでお楽しみください^^
http://bughakata.seesaa.net/article/434129655.html







前置きが長くなりましたがタイトルへ戻りまして・・・
今回はモディファイの中で、一番ご依頼の多いであろうピックアップ交換です♪

サウンドを劇的に変化させるには一番効果的なパーツであることは間違いありません。
しかも昨今はハンドメイド系のPUメーカーも多く、試してみたいものだらけ。
ワクワクです♪






Suhr_A-Luminous.jpg

まず一本目。ベンガルなSuhrさん。

ピックアップを取り囲む金属のウォールが強烈に主張していますね。
ビルローレンスかコレか、といった感じです。


お客さまお持ち込みの 《 ガーディアンピックアップス "アルミナス" 》 です。
音に厚みがあってクリア、広いレンジ・・・何度載せてもこの密度感には圧倒されます。
これまでのパッシブPUの概念を覆すPUですね。

DTMや打ち込み系のサウンドには特に合いそうな感じです。








PRS_P24_MetalPU.jpg

お次のギターさん。
【P24 Limited 10Top B.U.G. Mod.】

Custom24 + Piezo = P24Trem がレギュラーラインに加わる前に限定生産された激レアストップテールモデル!
に、PRSの新世代ハイゲインPU "\m/(Metal)" を搭載♪



もともとP22&P24にはゲイン低めなピックアップが搭載されています。
これはこれで良いマッチングなのですが、せっかくナチュラルなPiezoサウンドが出るのですから、
ゲイン高めなピックアップを載せてコントラストをはっきり付けてあげると、
静寂のAメロから激動のソロまで、これ一本でものすごい広い範囲を極める事ができます。
メタルPUはドロップやダウンチューニングにしても解像感を保てるのでGoodです。

リアPUだけとか、PRSのギター以外にもバッチリ使える優秀なピックアップです^^


現在このギターは東京本店で販売中です。
気になる方はセール期間中にぜひどうぞ♪

デジマート掲載中です!こちらからどうぞ!


明日あさってはお休みです!
定休日明け、週末のご来店、お問い合わせをお待ち申し上げます。
それでは・・・
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL /// 水木連休
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 22:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

超便利!なクルーソンタイプのGotoh社製 ロック式ペグ。〜Gotoh SD90MG-T / SD-91MG-T

こんばんは。
Tでございます。

めっきりさむくなりましたね!
もう秋を通り越して、冬の匂いがしてきそうです。

今日はリペアというかモディファイのお話です。
弊店はPRSのメンテナンス、リペア、セットアップが一番多いのはまちがいありませんが、
案外その他ブランドのギターやベースもやっていたりします。
Fender、Gibson、SuhrにTom AndersonにTylerに・・・もちろんSugiやT's Guitars、FCGR等の日本製ギターも幅広くご用命頂いています♪

モディファイ内容でご相談が多いのは、大別すると 《演奏性》、《安定性》、《アンプからの出音》 の3つの方向性かなと思います。

 ・弾き心地が良くない / しっくりこない
 ・チューニングが安定しない
 ・ノイズが多い、アンプからの出音を変えたい、回路の動作を変えたい



どれも好みに合わないと気持ち悪いものですよね。
そんなときはご相談ください♪
セットアップはオーナーさまの目の前で作業し、実際にフィッティングしながらセットアップを詰めて行きますので安心です。
※店頭の状況によってはお預かりとなりますので、事前にお電話、メール等でお問い合わせ頂けますと幸いです。


さてやっと本題。

Suhr_ClassicT_peg_1.jpg

今日ご紹介するのは、ブルーのキルトが見目麗しいSuhrのClassic T。
ハカランダの指板がスベスベ♪







Suhr_ClassicT_peg_2.jpg

オリジナルのペグはクルーソンタイプのステップペグ(1〜6弦のポストが階段状に高さが変わっており、テンションピン等を使わなくても適正なテンションが得られるすぐれもの)を搭載。

これをロック式のペグに交換、というご依頼です。








Suhr_ClassicT_peg_3.jpg

サラッと交換後。
見慣れたクルーソンタイプのペグの上にディスクが。
昨年のNAMMで発表されたMG-T(マグナムロック-トラッド)です。

これまでのマグナムロックは中心にペグに追従して回る芯があり、

ネジ切りされたポスト外周部分を上から緩めて芯と外周部分の間に隙間を作る

弦を隙間に通す

ペグを巻くとネジが締まっていき、弦がロックされ、チューニングできる状態になる

という、文章では全く伝わらない(笑)ですが理解すれば簡単な仕組みになっています。

確かにガッチリロックできますし、ほとんどポストに巻くことなくチューニングできるので、
安定性も高いです。
でも、コツを掴むまで巻き上げるのにけっこう時間がかかってしまったりするんですよね。


それに比べてこのタイプは、後ろからネジではじめに固定してしまうので、あっという間に巻き上がります。
Sperzelをはじめ、Grover、Hipshot等も採用している、ロック式のもう一つのスタンダードと言えます。








Suhr_ClassicT_peg_5.jpg

横から。
ゴトー社の製品はメッキの質感や細部の仕上げが本当にきれいです。
ディスク部分の仕上げなんて芸術品と言ってもいいですね。

ディスク部は軽量なので、重量もそれほど気にならないのも良い点ですね。







Suhr_ClassicT_peg_4.jpg

表からはポストに弦が巻かれていない以外は全く変化ありません。
このペグもステップになっていますので、テンションピンが無くても適正なテンションを保ってくれます。

特にSuhrのようなヘッド面とナットの高低差が少ない仕様のギターは、ナット底面に十分に押す力が働かず、
弦振動が逃げやすい傾向にあるので、ステップになっているか、Gotoh社のH.A.P.システムのようにポストの高さが調整できるものが好ましいと思います。


このMG-TペグはPRS SEシリーズに加工無しで取り付けられるタイプも販売されています♪
カラー、ボタンの形状もお選び頂けますので、お気軽にご相談下さい^^

明日、明後日は東京本店はお休みです。
金曜日のご来店、お問い合わせをお待ち申し上げます♪
それではまた・・・
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 22:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

[リペア日記]PRS BUG Metal Black x Blue ナット交換 & シルバーウィーク特別企画 《コリングス体験会》開催!

こんばんは。Tでございます。
今週は弊店、お休みを頂いておりまして、店舗改装に精を出しておりました。
おかげさまでスッキリして広くなりました!ぜひ遊びにきて欲しいと思います。

さてさて、営業再開そうそうにリペアのご紹介♪
(ご紹介できていないだけで、たくさんのメンテリペアを承っているのですが・・・なかなかご紹介できず;;)



PRS_metal_BlackBlue1.jpg

たびたび当ブログにも登場している弊店謹製のメタル!
ルックスはもちろん、セレクトした材を用いたサウンドも秀逸です^^

さーらーに!オリジナルの59/09PUから\m/Treble PUに交換。
名前こそ「Metal」ですが、超優秀なモダン系クリーン〜ハイゲインまでいけちゃうPUという感じですね。
抑揚の差が大きいミクスチャーやニューメタルはもちろん、クリーン系を多用するロックもバッチリです。







・・・とPUの紹介をしていますが、今回はナットを交換!

PRS_metal_BlackBlue2.jpg

Crazy Parts社の無垢マザーオブパールのトラスロッドカバーが美しい・・・
いやいや、主役はナットです。

2014年辺りからリニューアルされたPRS純正ナットです。
キラキラした金色っぽいツブツブがみえますね。
詳しい組成は好評されていませんが、ガラス系の素地にブラスの粉が練りこまれています。

サウンドは以前のものに比べて芯がしっかりとし、レスポンスも良くなっています。
少し鳴り方が柔らかいかな?と感じるギターのナットを現行の純正ナットと交換するとすごく良くなりそうです!

音質向上にナット交換、おすすめです♪
摩耗したナットは交換することで、知らず知らずのうちに低下していくプレイアビリティも回復しますし、一挙両得です^^
PRSのナット交換は7,560円(税込、交換弦代別)から、となっております。





PRS_newNut.jpg

最近入荷した一番新しいナット材。
間違わないようにか、《REGTALL》と刻印が入るようになりました。





話変わりまして!
もう来週はシルバーウィーク!
せっかくの連休、楽しいことをやろう!ということで企画しました!

《 Collings Guitars 体験会 》

輸入元のトーラスコーポレーションさんにもご協力を頂き、普段なかなか比較することができないコリングスのエレキギター、アコースティックギターを取り揃えて、弾き比べてもらっちゃおう!という企画です。
もちろんマイギター持ち込みの比較も歓迎です♪

期間中には輸入元さんよりコリングス担当さんも来店されるのですが・・・なんと!
米国コリングス社への出張から戻って即、本イベントに駆けつけてくれることになっています!

詳細は追ってご案内致します^^
ご都合が合いそうな方はぜひ遊びにいらしてくださいね。

それではまた明日もよろしくお願いします♪
posted by チーフT at 23:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

PRS CE-22をメンテナンス♪ 〜B.U.G.3wayコンバージョンキット組込み&セットアップ〜

こんにちは。
もうすぐお盆ですね。
Tでございます。

さてさて、なんか少し前に見たような記事タイトル。
ナイスタイミングで今度はCE-22のコンバージョンキット組込みが入りましたので、
今日はそちらをご紹介♪

PRS_Ce22_TQ_Conversion.jpg

いいカラーですね、ターコイズ。
2000年前後にだけ製作された、なかなか見られない珍しいカラーです。
ブルーマテオは緑がかった青、ターコイズは青みがかった緑と言えば良いかな?
Tが好きなカラーの一つです。

しかもワンピーストップ。
霜降りの上品なトップがいい雰囲気です。

トップのカーブが現行とちょっと違っていて、今より高低差がはっきりしています。
ムキッ!と盛り上がっている感じ。




PRS_Ce22_TQ_Conversion_2.jpg

ネックにもフレイムが入っています。
不思議なもので、オプションで素晴らしい杢目よりも、レギュラーモデルでたまたまこういうのを見つけたほうが嬉しくなりますよね。
手にした時の愛着もひとしお♪

メイプル特有のゴン!となる感じがいいですね。


本機はDragonIIを搭載しています。
CE-24のHFS/Vintage Bassと比べると出力はあまり変りませんが、中域が豊かで、ちょっと甘め。

弊店のコンバージョンキットは、ピックアップの特性、個体の持つサウンドに合わせて細かくチューニングします。
今回はCE、22フレットの特性にあわせてほんの少しシャープでブライトに仕上げたので、
シングルミックスの音がセクシーで秀逸です。

一本で何でもできる素晴らしいギターです^^
CE欲しくなっちゃいますね。

東京本店は明日は定休日、13日の木曜〜16日の日曜日までは11時から営業です♪
ご来店、お問い合わせをお待ちしております^^
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。


posted by チーフT at 15:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

PRS CE-24をメンテナンス♪ 〜B.U.G.3wayコンバージョンキット組込み&磨き上げ&セットアップ〜

こんばんは。
8月も既に1週間が過ぎましたね。
東京でも猛暑日が7日続き、夜も熱帯夜と、非常に体にきつい日々が続いています。
体調崩されないよう、お気をつけ下さいね。


さて。
話変わって先日、弊店にご依頼頂きましたギター。
作業完了後、あまりにきれいだったので写真撮影。

CE24_SSB_Maintenance.jpg
(所有者様に掲載許可を頂いております。ありがとうございます♪)

つやつやぴかぴか。

CE-24Maple Scarlet Sunburst です。
もう15年以上前に製作された、黒ヘッド、Low Mass Locking Tuner期のモデルです。

メイプルボルトオンのCEは当時、《Customの廉価版》と認識されることが多く、
P.R.S.氏が「求められる音を作り出すために至った仕様なんだ。」とよく口にしていたのを思い出します。

ディスコンになって久しい今でも、そのキレの良さ、ヌケ感を求めて探されている方の多い「銘器」です。


今回のご依頼頂いた内容は・・・

●5way ロータリースイッチサーキット ⇒ B.U.G.3wayコンバージョンキット組み込み
●ノブをランプシェードノブに交換
●リセットアップ、全体調整
●フレット&金属パーツ磨き上げ、指板コンディショニング
●SIT BUG Rock弦でセットアップ

以上のメニューでした。

とてもお喜び頂けたようで、嬉しいお言葉を頂きました♪
作業者冥利に尽きる瞬間ですが、嬉しさ半分、ホッとした気分半分です。
お渡し前はいつもドキドキです(笑)。

______

CE24_SSB_Maintenance_3.jpg

今回は全体磨き上げを行いました。

実は非常に手間のかかる磨き上げ。
今回のCEは比較的状態が良く、メッキの剥がれもなかったのできれいに仕上がりました。

実際にガンガン弾くギターの場合は磨き上げはそれほど必要ないかもしれません。
どんなにケアしていてもブリッジやサドル等のメッキ剥がれやくすみは出てくるものですし、
ボディやヘッドも打痕や傷も付くものでしょう。


でも、せっかく美しいギターなのだから、美しいままでいて欲しい!
その気持ちもとても良く分かります。

そこで、弊店ではセットアップの他に、ギターの磨き上げ、コーティングも承っております。
パーツを一つ一つ分解清掃して磨き上げ、同様にボディ・ネックも磨き上げ、艶出し、コーティングを施します。

一つ一つ手作業で進めますので、多少お時間はかかりますが、仕上がりはピカピカになりますので、
お喜び頂けると思います^^

Private Stockはもちろん、少しでも美しい状態で保管したい!と思われているビンテージPRSや貴重なギター、
はたまた思い出の詰まったギター、どんなギターでもご相談承ります。


ご相談はお電話(03-3721-1721)で営業時間内に頂くか、メールでご連絡ください。
メールの場合はこちらから
↓↓↓
Bottom's Up Guitars オフィシャルHP お問合せページ
http://goo.gl/OBnnk

遠方でしたら発送でのご依頼も喜んで承りますので、まずはお気軽にお問い合わせください^^


お盆期間中(13〜16日)は 休日同様に11時から 営業致します。
ぜひぜひお立ち寄りください。

それでは真夏の週末をお楽しみください^^
Tでございました♪

オマケ。
先日Twitterに載せた画像 ⇒ (こちら) の別バージョン。
よだれモノのお三方です♪

PRS_Signature_Artist1_30thAnniversaryCu24_2.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 19:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

メンテナンスの当日作業のご依頼は可能な限り事前にご連絡を頂けますと幸いです。




平素より大変お世話になっております。
ボトムズアップギターズ東京本店でございます。

連日多数のご依頼を頂けていることに厚く御礼申し上げます。

余談ではございますが、恐れ多くも、現在多数の作業を承っておりますため、誠に申し訳ありませんが、可能な限り『当日作業のご依頼』に関しましては事前に簡単で結構ですのでお電話またはメールを頂けますと幸いです。

けして突然のご依頼を否定的に扱うものではございません。
交通整理と品質の維持向上の視点からのやわらかなお願いでございます。

すべての方がこちらをご覧になってないことは承知の上で、恐れながら、最近のご来客の傾向をみての投稿です。

上記につきまして、どうぞご理解ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

わざわざご足労頂くことを100%活かせるように出来たらと思っております。特に土日のお持ち込みは時間をずらすことで待ち時間無くスムーズに対応可能ですので、宜しくお願い申し上げます。

Bottom's Up Guitars
Tel:03-3721-1721

土日祝日 11時〜23時
(※20時以降の予約が無い場合は21時等、早仕舞いすることがございます)

posted by 東京本店 at 10:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

リペア・モディファイ・メンテナンス好評承り中♪ 〜今日はPRS Custom24のHFS PUを → \m/ピックアップへ換装〜 ギター、PU交換、多摩川駅



こんばんは。
お久しぶりすぎるTでございます。
元気ですよ−!


さて。
あまり記事にはしておりませんが(すみません。汗)、実は弊店は、
PRSをはじめとする各種ギター、ベースのメンテナンス、リペア、モディファイ、セットアップ等々、
常時かなりの数を承っております。

店頭で対応できるメンテナンスやリペア、セットアップで、タイミングが合えば、
目の前で作業し、その場でチェックして頂いてお持ち帰り頂くことも可能です♪
(事前にお電話やメールでご相談頂けますと幸いです。)


今日は、以前ワンコインメンテナンスキャンペーンを利用して頂いたUさんのお友達、Mさんのギターをモディファイ♪



《Before》

PRS_Cu24_AQ_PU_before.jpg


Blue Matteoのグリーンを少し控えめになったような、さわやかで透明感のあるブルーが素敵な「Aquableux」のCustom24。
良杢のトップ、さまざまな限定スペックでありながらお買い得なお値段!が魅力の「Wood Library Limited」です。
本機は珍しいロックメイプルのネックにカーリーメイプルの指板。
指板のカラーに合わせてミルキーなホワイトがベースカラーのアバロンインレイを持ってくるあたりがおしゃれですね。

ちなみに元PUはHFS/Vintage Bassでした。




《After》

PRS_Cu24_AQ_PU_after.jpg


リアピックアップを\m/(メタル)ピックアップに交換。
フロントピックアップが新形状のVintage Bassなので、形状が近くて似合いますね。
「\m/」の刻印が主張しています(笑)

合わせてブリッジはベタ付けにし、スプリングを強く張って固定しました。
チューニングはドロップC#でセットアップ。

ゴリゴリのリフ&ピッキングハーモニクスをギュンギュン決めて、喜んで頂けました♪


今回のお代はPU交換(1個)2,500円 + トータルセットアップ6,000円 + 消費税
=9,180円。


_______________


\m/ピックアップはその名(メタル)の通り、ハイゲインピックアップです。
が、その一方で、「なんか名前で損しているような・・・」という気がしないでもないピックアップでもあります。

とても守備範囲が広く、現在の音楽シーンのダイナミクスの幅に対応できるピックアップです。
低音域の量感があり、ボヤけずしっかり出てくれるので、ダウンチューニングなんかにはバッチリハマりますが、ポップスやライトなロックもしっかりやれちゃう器用なピックアップです。

個人的には、SuhrのAldrichにも通じる、現代的な歪みに感じます。

しっかり歪んで、クリーンも使えて便利!新世代のPRSピックアップ、ぜひお試しください♪
弊店在庫ギターに\m/PU搭載のCustom24がありますので、試奏も歓迎です^^
↓↓↓

Metal_Custom24.jpg

この等高線のように出る年輪の感じ、ギラギラ動くワイルドなフレイム・・・
Tが大好きな一本です。
買っちゃおうかしら。


明日は新しい一週間の始まりの月曜日!
良い一週間に致しましょう^^

それではまた♪
posted by チーフT at 22:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

【最近のリペア・モディファイ】PRS PhaseIII Locking Tuner ペグ交換

《PRS PhaseIII Locking Tuner ペグ交換》

だいぶご無沙汰となってしまった【最近のリペア・モディファイ】記事。
その間にリペアやメンテナンスをしていないかといえば、一日一本以上のペースで作業をしています。
サウンドメッセに楽器フェアに新入荷ギターに・・・と迫り来る恐怖!、
ではなくたくさんの出来事に一杯一杯でした。

そして迫り来る年末。。一年はやっ!

というわけで、久々ですが今日もちょっとだけ・・・。

PRS_PhaseIII_Peg_Alminium.jpg  PRS_PhaseIII_Peg_Ebony.jpg

クリックで別ウインドウ(オリジナルサイズ)が開きます。


明日お渡し予定のPRS KID Limited Standard24。
PhaseIIIチューナーのペグボタンをエボニーボタンに交換しました。

PRSのロック式ペグには、年代別に下記の4種があります。

・Original Locking Tuner
・Low Mass Locking Tuner
・Phase II Locking Tuner
・Phase III Locking Tuner

この中で上の3種類はSchaller製ペグをベースとしています。
従って、シャーラーペグに準拠したペグボタンが対応します。
(個体差によって取り付かない場合もあります)

それに対してPhase III ロッキングチューナーはGotoh(ゴトー)製。
シャーラー対応のペグボタンはそのままでは取り付きません。

Phase II チューナー用のボタンを加工して取り付けることはできますが、
PRS社から発売されている専用のボタンを使えば、そのまま交換することができます。

写真のEbony製ボタンの他に、ボーン(骨)調のボタンもあります。
12月11日現在価格はエボニーボタンが11,880円、ボーン(骨)調が9,720円、
どちらもお取り寄せとなります。

交換工賃は2,000円(以上、全て8%税込)です。

年末年始、使い慣れた愛機をドレスアップして、
リフレッシュ&モチベーションアップを図ってはいかがでしょうか。

以上、久しぶりすぎるTでございました。

※メンテ、リペアは可能な限り事前にご予約をお願い致します!! m(_ _)m
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 東京本店TEL ///
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by チーフT at 23:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

【最近のリペア・モディファイ】Baker B1 BFTS(バズフェイトンチューニング)調整 / Suhr Collection Standard 調整

Baker_B1_Maintenance.jpg  Suhr_Collection_Series_STD_BLK.jpg

Baker B1 BFTS(バズフェイトンチューニング)調整 / Suhr 2013Collection STD 調整

《Baker B1》
Gibson / Fenderの両Custom Shopに在籍した稀有な経歴を持ち、
現在はb3 Guitars、Premier Builders Guildのマスタービルダーとしても活躍している天才、
Gene Baker氏の名を冠したブランドBaker GuitarのB1。
Baker Guitarsは途中からベイカー氏の手を離れ、現在は韓国製となってしまっておりますが、
本機はUSA製の時期のもの。
2000年前後の製作で10数年を経過していますが、ピカピカで新品のような美しさです。

Gene Baker氏の手によるギターはシェイプや構造の差こそあれ、みな同じニュアンスの鳴り方をします。
一貫した思想を感じさせます。

ダダリオ10-46、Buzz Feiten(BFTS)レギュラーチューニングでセットアップ。
さすがに上のほうまでビシっときれいにチューニングが合います。

弊店はバズフェイトンチューニングシステムの公認セットアップ/リペアショップの資格を保有しておりますので、
セットアップ、組込等、お気軽にご相談ください。


《Suhr 2013Collection Standard》
高品位かつ美しいギターを製作しているSuhr Guitars。
Fender Custom Shop、Custom Audioでのギター、アンプの開発を経て立ち上げられたのがSuhr Guitarsです。
プレイアビリティが非常に高く、ギタリストの腕を1段2段上へと引き上げてくれるようなギターです。

本機はSuhr Guitarsが《コレクション》と銘打って製作するスペシャルモデル。
画像で見られる黒と白のストライプは木材の積層で表現されており、
ヘッド、指板、そしてボディトップが、メイプルとエボニーを組み合わせて製作されています。
画像には写っていませんが、ピックガードもメイプルをセンターに挟んだ3プライというこだわりようです。

こちらのギターは以前にもメンテナンスをしており、今回はネックの反りと各所の微調整を中心にセットアップ。

ネックの反りによるサウンドの変化はこちらのBlog記事を参照ください。⇒ こちら

ウッディな鳴り感は、他のサーのギターとは一味違ったサウンドです。
弾くのが楽しいギターですね。

ダダリオ10-46レギュラーチューニングでセットアップ。
(本ギターはBFTSは非搭載。)

・BFTS搭載ギターのベーシックメンテナンス: 税抜 8,000円
・BFTS非搭載ギターのベーシックメンテナンス ・・・ 税抜 5,000円
※ネック調整時にネックを外す必要があるギター、FRT搭載ギターはアップチャージがかかります。
 お気軽にご相談ください。


※メンテ、リペアは可能な限り事前にご予約をお願い致します!! m(_ _)m

ボトムズアップギターズ東京本店
TEL:03-3721-1721 (11:00〜21:00)
定休日 毎週水木
posted by チーフT at 22:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

【最近のリペア・モディファイ】PRS SC 245 Artist Package Orange Fade NAMM2013 / (HFS ⇒ SC 250 Treble PUへ交換済み)の調整

 PRS_SC245_ArtistPkg_OrangeFade_NAMM2013_Top.jpg  PRS_SC245_ArtistPkg_OrangeFade_NAMM2013_Neck.jpg

 PRS SC245 Artist Package Orange Fade NAMM2013
 (HFS PU Set ⇒ SC250 Treble PUへ交換済み)の微調整

半音下げ、エリクサーNano 11-49ゲージセットでセットアップ。

弊店で購入して頂いた、《2013 Winter NAMM Show》に展示されたSC 245アーティストパッケージ。
溜息がでるほど美しいオレンジフェイドカラーのボディトップ、良く詰まった板目のセレクテッドマホガニーバック。
フレックが入っていかにも硬そうなカーリーメイプルネックに真っ黒のエボニー指板。

アーティストパッケージならではの豪華仕様、しかもNAMMモデルとくれば、
「もうPrivate Stockじゃないの!?」という存在感です。

もともとHFSとVintage Bassのセットを搭載しておりましたが、
オーナーさんのお好みのサウンドに近づけるため、SC 250 Trebleに換装、
あわせてハンダをサウンドの微調整に、各所合ったものに打ちなおしてあります。
SC 250PUはHFSに比べてローミッドがタイトで、ガッツリ歪んでも芯がハッキリしたサウンド傾向です。

さすがにシングルカットシェイプのSC 250に搭載されていたピックアップだけあり、相性はバッチリ。
ザクザクしたハイゲインサウンドはもちろん、TrebleとBassで独立したボリュームやトーンを駆使して様々なトーンを作り出すことが可能です。

嬉しい事にこまめにご来店頂き、常に状態チェックをさせて頂いていますので、基本的な調整は今回ほとんど必要なし。
ネックの微調整やほんの少し調整だけであとはきれいにクリーニング。

しっかり弾きこまれて、購入当初よりもメイプルネックらしいヌケの良いサウンドになってきました。
このままオーナーさんのカラーにしっかり育っていってくれればと思います。

今回のお支払いはなし。
弊店で購入して頂いたギターは、手厚くアフターフォロー致しますので、
お気軽にご相談下さい。

※メンテ、リペアは可能な限り事前にご予約をお願い致します!! m(_ _)m

ボトムズアップギターズ東京本店
TEL:03-3721-1721 (11:00〜21:00)
定休日 毎週水木
posted by チーフT at 23:30 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

【最近のリペア・モディファイ】PRS MIRA Moon Inlay -Vintage Mahogany- Adjustable Stoptail Bridgeへ換装&調整

PRS_Mira_AdjustableSTP.jpg

 PRS MIRAのブリッジをアジャスタブルストップテールブリッジに換装

アーニーボール 10-52ゲージセット、Drop C#でセットアップ。
ナットをGraph TechのBlack Tusqに、配線材とコンデンサもヒアリングをもとに既にアップグレード済みです。

先日ご来店頂いたUMBERBROWNのギタリスト、Toshiさんの愛機ミラです。
オールマホガニーにピックガード、Moon Inlayが渋い!ミラはハットノブも良く似合います。

現在、次回作を鋭意レコーディング中!のUMBERBROWNさん。
先日このMIRAもメンテナンスしましたが、デフォルトのストップテールピース(各弦で個別の調整ができないタイプ)では、
ヘヴィゲージでドロップチューニングにした際にはオクターブチューニングがピッタリには合わないケースがよくあります。

本機もその傾向にあったため、今回はブリッジを各弦で個別に調整できるアジャスタブルストップテールに換装しました。

※通常のゲージセット(09-42や10-46)でレギュラーチューニングや半音下げチューニングにセッティングする場合は、ちゃんと調整してあげればオクターブチューニングもほぼピッタリ合うところまでもっていかれます。
調整方法は下記のPRSサイトを参照ください。
(もちろん弊店でもセットアップ承ります。ご相談ください♪)
 http://www.prsguitars.jp/csc/bridges.html


キッチリ弦高、オクターブチューニングを追い込み、バッチリ使えるところまで持っていくことができました。

お渡ししたあとは、トラブル等起きていないだろうか、思い切り楽しんで頂けているだろうか、、、とドキドキです。
今日は名古屋、明日3日は東京渋谷でライブだそうですので、気になった方はぜひライブに足を運んでみてください♪
ゴリゴリのライブバンドなので楽しめること請け合いです。

PRS Adjustable Stoptail Bridge: 税抜 34,300円
交換工賃(弦高、オクターブ調整込): 税抜 4,000円
※ブリッジ交換の際は弦を新品に交換致します。

※メンテ、リペアは可能な限り事前にご予約をお願い致します!! m(_ _)m

ボトムズアップギターズ東京本店
TEL:03-3721-1721 (11:00〜21:00)
定休日 毎週水木
posted by チーフT at 23:34 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メールアドレスは非公開になります。