2019年05月29日

昨日は #タメシビキ 撮影でした。#PRS #Privatestock と #BrazilianRosewood を特集致します(^^)

20190528_225627.jpg
昨日は朝から晩までひたすらに『タメシビキ』の撮影でした。


今回は、『Paul Reed Smith Guitars』の『Private Stock』と『Brazilian Rosewood(ハカネック)』、『Tree of Life / Vine inlay』にスポットライトをあてます。


お楽しみに!


posted by 東京本店 at 12:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

#PRS #FactoryTour 現地三日目の朝を迎えております。今日はPrivate Stockオーダーミーティングと工場見学。

20190522_023949.jpg
さて、(インターネット環境の都合上)、ツイッターやフェースブックで、その後の更新をさせて頂いていましたが、悪天候による離陸遅延後は、スムースに北米東海岸へとフライトし、定刻より一時間未満の遅れでWashington D.C.に到着。

ハイヤーの代わりに迎えに来てくれていたPaul Reed Smith Guitars社の国際営業課長のティムさんとハグ。
お互いに “最近どうだい?” なんて会話をしながら空港で同乗者を待つ、

待つ、、

待つ、、、

来ない。

(笑)


どうも入国検査と税関検査で抜き打ち検査的な洗礼を受けて、ずっと足止めされていたらしい。
さすがになかなかの長時間で心配しました。
無事でなにより。



そんなわけで、ティムさんのミニバン(と言っても日本のそれよりは随分デカい)で、一路、アナポリス〜ベイブリッジ方面へドライブ。


だいたい順調に行くと、一時間半〜 くらいでPRS Guitarsに到着します。



その途中、昼ご飯にハンバーガー、
(これでもリトルバーガー…)

20190522_025248.jpg

を、食し、ベイブリッジを渡り、

20190522_032248.jpg

ホテルにチェックイン。



そして、ポールリードスミスギター社へと訪問しました。

おなじみ、“Paul Reed Smith専用駐車スペース”

20190522_041631.jpg



そんなこんなで、快晴に恵まれた、初日と二日目を過ごし、これから三日目のミーティングへと向かう支度をしているところです。



それでは、また!

20190522_041717.jpg

(超 ユーモラスなティムさんと)


ボトムズアップギターズ
Twitter

Facebook

BLOG


Bottom's Up Guitars東京本店
☎03-3721-1721

posted by 東京本店 at 20:22 | 東京 ☀ | Comment(2) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

【#セットアップ #メンテナンス】久しぶりに80年代のポールリードスミスがご来店。PRS "1985" Custom (24) Vintage Yellow Original 弦交換 with R.Cocco 10-46. {Wiki的な製品解説も少々}

1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。

1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。


こんばんは。

ボトムズアップギターズ代表の重浦です。

いつもお世話になっております!


今日は、嬉しいことに、久しぶりの『Vintage PRS』が来店。


日本が平成から令和へと移り変わろうとしている今、このPRS(Paul Reed Smith Guitars)は、平成よりも前の、1980年代から右肩上がりで成長を続けて来た希少なギターメーカー(ブランド)です。


1985年が会社としての初年度出荷となる『PRS Guitars』

その、最初の200本のうちの一本となるこの個体。

※PRSは通しシリアルになっているので、The PRS(Standard)やCustomを含めた総数での200本ですから、今や270,000本を超えるUSAのレギュラーラインの初期の初期ということになります。


85年モデル特有の仕様違いが見て取れます。


(1)ヘッドストックロゴは「Small Logo」と呼ばれる書体で、まだこの時は登録商標の 🄬 じゃなく、トレードマークの TM が付いているレアなものとなっています。
1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。


(2)ブリッジの形状も少し削りが大きいほんの少し体積の少ないもので、サドルもサドル上下調整のイモネジも後期とは異なります。
1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。


(3)エンドピン(ストラップピン)も取り付け位置と方向が異なります。
1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。


(4)漆黒のブラジリアンローズウッド指板も垂涎ですね。(BZFは1985年から1991年までの期間採用されていました。)
1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。







そして、このゆらゆらと表情を変えるCurly Maple Topの顔つきが、(裏のマホガニー材もそうですが)、ヴィンテージPRSを手に入れたい欲求を刺激してくれちゃいます。


杢が見えないポジションですとこうですが ↓

1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。


角度が変わると・・・ ※NOフラッシュです



1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。

1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。

1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。

1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。


このように様々な顔つきで魅せてくれます。


昨今のSoft Maple とは異なる、Hard MapleでかつFiguredのトップが悩ましい・・・




今回は弦交換の依頼だったのですが、
Elixir → R.Cocco への変更に応じて、
・指板磨き
・ブリッジサドルの清掃
・ペグ周りのクリーニング
・ブリッジの再調整{弦高、オクターブ}
なども同時にサービスで実行しました。


弊店の防音室で試奏頂いてセットアップにご満足頂きました。



ちなみに、『PRS Original Locking Tuners』をきちんとセッティングすると、下記のようにWingがㇵの字に美しく並びます。

1985年 初年度のOriginal Vintage YellowのCustom (24) をセットアップしました。


メーカー発足初期から、特許取得のハードウェアを搭載するポールリードスミスは実に機能美に溢れた魅力的な製品を多く生み出しました。

2020年で35周年を迎えるギターブランドですが、その哲学は一貫して製品に活かされています。


それでは、また。


※恐れ入りますが、重浦へのセットアップ依頼は、出張等で不在がちなため、ご迷惑をおかけしないためにも、必ず事前にご予約をお願い申し上げます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ホームページ ///
https://www.buguitars.com/

/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html

【東京本店】
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
※東京本店のみ完全予約制をとっております。
※丁寧な対応を心掛けておりますので、恐れ入りますが、事前にご予約をお願い致します。

/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs

/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。

/// デジマート 東京本店 ///
https://www.digimart.net/shop/3160/

/// 福岡サンパレス店・デジマート ///
https://www.digimart.net/shop/4895/

ーーー♪ (^^♪ ♪ーーー
posted by 東京本店 at 20:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

USA製PRS(新品)を買って、PRSオリジナルタンブラー(非売品)を貰おう♪【限定数 / 早いもの勝ち!】


こんにちは。
Tでございます。


さてさてPSカレンダーの入荷案内に引き続き、今回はキャンペーンのご案内



タイトルの通りですが、

『USA製PRS(新品)を買って、非売品のPRSオリジナルタンブラーを貰おう♪』

というキャンペーンです!




PRS_2018-19_Campaign.jpg


こんなタンブラーです♪
安心のThermos(サーモス)製、ロゴ入りの非売品です。
PRSのロゴとイーグルが表裏に入れられていて、ヘアライン仕上げも高級感があっていい感じ!
普通に売ってたら買いたい(笑)



PRS_2018-19_Campaign_2.jpg

サイズ的にはこんな感じ。
Elixir弦を横に置いてみました(弦は付属しません)。



対象商品: USA製PRSの新品
期間 / 個数: 期間は1月末日まで ※タンブラーがなくなり次第終了!


今回、タンブラーの個数がかなり絞られています。
先日の『PayPay』騒ぎじゃないですけど、、、期間到来前に早々と終了する可能性が大!!
購入検討中のPRSがある場合は、ぜひ早めにいっちゃってください♪


それではご注文、お待ちしております^^
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ホームページ ///
https://www.buguitars.com/
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html

【東京本店】
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。

/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
posted by チーフT at 16:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も来ました♪【2019 PRS PSカレンダー】!! しかも奇跡的な出来事が・・・♪


こんばんは。
Tでございます。

さてさて今日のご紹介は年末恒例のアレ!


PRS_PS2019Calendar.jpg

《2019 PRS PSカレンダー》
販売価格3,800円(税込)




このカレンダーが届くと、「ああ年末だなあ・・・」と例年しみじみ。




・・・




さて、ご存知の通り、プライベートストックとは、レギュラーモデルとは違い、
最高の素材を用い
最高のビルダーチームが、
ユーザーが望む仕様で製作する「オール・ワンアンドオンリー」
な、ギターたちです。

毎年、世界各国のアツいユーザーからのオーダーを受けて、特別な仕様のギターを一本一本、プライベートストックチームの面々が製作しています。



そんなプライベートストックの中から、このカレンダーには1年でたった13本だけがこのカレンダーに採用されます。

『Calendar Guitar』
それは、
その確率たるや何%だろうか・・・という、世界中のPrivate Stockオーナー&オーダーを夢見るユーザー、注目の出来事なのです。



そして今年また! Private Stock Calendar 2019に、

弊社代表 重浦 が製作したプライベートストックが 採用されました


最近ボトムズアップギターズを知ったという方へのインフォメーションとなりますが、
弊社Bottom's Up Guitarsは、2000年台から、長きに渡り、この『Calendar Guitar』の販売や、そこに採用・掲載された『Private Stock Guitar』を数多く手掛けて来た掲載製品取扱い数日本ナンバーワンのギターショップなのです!






さあ、どれでしょう・・・?
読者の方ならわかる!・・・かも?


2019年のPRS GUITARS プライベートストック・カレンダー 裏面





今年は部数が少なく、売り切れる可能性が高いです!
お早めにご注文頂くことをオススメします♪



お問い合わせフォーム、お電話、どちらでもお取り置き、通販、対応致します。

お早めのご注文、お待ちしております^^
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ホームページ ///
https://www.buguitars.com/
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html

【東京本店】
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。

/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
posted by チーフT at 14:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

チラリ・・・ / 選定品が入荷して参りました・・・ 本番記事は追って...


ボトムズアップギターズのPRS特別選定商談会 ハンドセレクトアイテムのご紹介!{Custom24, McCarty 594 Soapbar, Hollowbody II McCarty594, Private Stock, S2 Studio Limited, }


あ。。。 間違った💦 これは福岡サンパレス店のギターだった・・・!

あっちのBLOGにも載ると思いますので、チェックお願い致します...(^^; )



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by 東京本店 at 14:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

今年最後の『Paul Reed Smith Guitars』特別選定商談会に臨みました。ボトムズアップギターズのコンセプトとは?(15年間このポリシーですが)


BuGtrs_PRS_PrivateStockHollowbody2-McCarty594Limited_eagle.jpg


PRS_BuGtrs_SelectedCustom24_AngryLarry.jpg


BuGtrs_PRS-Custom24-08-Handselected.jpg



毎年、NAMMショウのモデルが発表されたの3月頃、、初夏の頃、、秋、、そして12月・・・


それ以外にも米国(PRS Guitars本社)でもこの『選定会』に参加し続けて、恐らくこのBLOGにも数十件の記事が残っているかとは思いますが、私(=ボトムズアップギターズ)がギターをセレクトする際に大切にしていることを、今日は記したいと思います。


●ギターとしての完成度 / プレイヤビリティ&サウンド

●オリジナリティ / 意匠も含む

●ワクワクがあるか / 稀少価値も含む

なのですが、



こと、PRS Guitarsに関して言えば、

■プレイヤー目線での品定め / 音 や アプリケーション(可能性)

■PRSらしさ / PRSらしいオリジナリティがあるか

■稀少価値 / 日本でこれだけしか入手できない等

を、大切に『目利き』して来ています。



そこは勝負の世界なので、やはり くじ運 や 多数の参加企業との 戦略的かけひき もあるにはありますが、いつでも大事にしている『B.U.G.らしさ』は、“当社が国内初をやる” とか
“当社のみ扱うことが出来る” と言った、先駆者的、専門店的要素も逃さないように集中して、数百本の中から上述のようなことを気に掛けて、じっくり真剣に向き合って、ハンドセレクト(=まさに選定)して来ます。


時には、2番手3番手の順で、その前まで狙っていた個体が他店様に先に取られてしまい、次点をどれにすれば戦略(コンセプト)がブレないかと考えを巡らせて、選定品を決定回答するまで若干時間を要することもあり、他店様を待たせてしまうこともありますが、これらの重要なポイントをずらさず、もう一度申しますが、『B.U.G.らしい』買い付けを全うする使命に心血を注いで、この特別選定商談会を過ごしています。


今回の記事で、少しでも私達ボトムズアップギターズの信念がお伝えできれば幸いです。


Bottom's Up Guitars 代表 重浦 宏太
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by 東京本店 at 11:14 | 東京 ☔ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

本日はPaul Reed Smith Guitars特別選定商談会に出席しています。(真木も福岡から参戦!)

20181205_133208.jpg
20181205_124734.jpg

後ほど今日の戦果報告も致しますね(^^)

Bottom's Up Guitars Tokyo & Fukuoka.


デジマートストックリスト



posted by 東京本店 at 14:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

【Experience PRS in Japan 後記】その@ ポールリードスミスさんにサインしてもらったギター一覧


こんばんは。
Tでございます。


さて、PRSのイベント『Experience PRS in Japan 2018』(以下EXP PRS)が開催されて一週間も過ぎ、気がつけばもう11月に入ろうとしています。

11月からは色々とまた動き出しますよ!ボトムズアップギターズ!!

さてさて、そのアナウンスはBOSSから別途あると思いますので、
今回は、そのEXP PRS会場でP.R.S.氏にサインしてもらったギターを一覧にしてみました。




まずはJohn Mayer Silver SkyのFrost。
この個体は会場でのP.R.S.氏のセミナーで使用された個体そのものです!
ヘッド裏にサインしてもらいました。
↓↓↓
2018_EXPPRS_PRSseminor_2.jpg

2018_EXPPRS_PRSseminor.jpg







こちらは同じくシルバースカイのHorizonです。
これも同じくヘッド裏にサインをしてもらいました。
貴重なシルバースカイになります。早い者勝ちですね♪









Japan LimitedのCEサテン。
これはバックプレートにサインを貰いました。

『タメシビキ』でも取り上げられ、他のモデルとは一線を画す弾き心地とサウンドが多くのプロユーザーも生む「CE」。
こちらもぜひ防音室のあるボトムズアップギターズでチェック頂きたいギターです。










513の後継機、509。これもバックプレートにサインを貰っています。
おちゃめに(?)この個体はサインした向きが反対です。(笑)









先日話題をさらったタメシビキ動画『社長インタビュー(YouTube)』でも、重浦が「強いて言えばCustom22が一番のオススメ。」と語ったPRSの中でもオールマイティ色の強いカスタム22の珍しい10トップキルト。グレイブラックのキルトは探している人にぜひ伝わって欲しい個体です。
これもバックプレートにサイン入り!









米国PRS FACTORYで代表の重浦が選定会で買い付けて来た『2018 Experience PRS Limited Paul's Guitar』にもヘッド裏にサインしてもらいました!
これでこの個体は、ヘッド表にイーグルインレイがあり、ヘッド裏にSignature(ポールの直筆サイン)があり、指板がジリコテ材、ケースがブラックペイズリー&ブルーインテリアの「超」特別なギターになりました!!







あと、まだ掲載されていませんが、上記のExperience Limitedのプロトタイプ、
Paul's R&D 12!
めちゃくちゃ良いです、コレ♪
コレもヘッド裏にサインしてもらえました!

¥ 678,240- 税込

PRS_EXPPaulsRandD_Proto_Copper_top1.jpg

PRS_EXPPaulsRandD_Proto_Copper_headback_autograph.jpg




如何でしたでしょうか。

先日入荷し、エクスペリエンスには陳列しなかった「激レア」の「Vine」ギターもお待ちしております♪

憧れのPRSを手に入れて頂きたい。そういう思いで、11月末日まで〜最大48回分割金利0%(全額当社負担!)キャンペーンや「高価下取キャンペーン」を実施中です。

ぜひこの機会に、駐車場完備試奏室完備来店予約可能な、田園調布のボトムズアップギターズまで足をお運びください。

ご自身の機材との弾き比べによる購入決定や、その場でのセッティング変更など、他店にはないサービスクオリティで常時対応中です。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

Tでございました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【B.U.G. 東京・田園調布本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前に電話かメールでご予約をお願い致します。
/// お問い合わせメールフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by チーフT at 21:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

こちらはエクスペリエンスPRSには陳列しませんが販売開始!デジマートも追って掲載致します。『日本未発売、スーパーレアなPRS 30th Anniversary Vine Custom22 & Vine McCarty』



日本未発売のマニア垂涎のモデル!!

PRS創立30周年記念Limitedモデル

『Vine Guitar』の、Custom22 と McCarty、

現地買い付け品です!!



PRS_2015_Vine_Cu22Trem_FWB_fb.jpg


PRS_2015_Vine_McCarty_FRB_fb.jpg



PRS社発足30周年を記念して2015年に製作されながら、日本には入荷がなかったスーパーレアモデル!

今回一気にCustom22とMcCartyが入荷!

蒐集家の方に2本合わせてコレクションしてほしいなあ・・・と思います!



まずはなんと言ってもこのギターの特徴であるインレイ「Vine」。

日本語にすると「つる」、蔦なんかが有名でしょうか。

30th Anniversary モデル用にデザインされたホワイトマザーオブパールのバードインレイの周りを、パウアのバインインレイが流れるように優雅に入れられています。

真っ黒なガボンエボニーとのコントラストがとてもきれい。



ネックにはhighly figured Artist Grade Mapleを採用。

杢間がワイドでくっきりしているハイグレードな材です。

ネックシェイプはしっかりした握り感のPattern。

ガツンと強く弾いたときにもしっかりついてくる剛性感が素敵です。




トップ材にはアーティストグレードのフレイムメイプル、バックにはマホガニーを採用。

アーティストグレードらしいくっきりはっきりした杢目と、うっすら褪色した感じを再現したフェイデッドホエールブルーが良い雰囲気です。



ピックアップは57/08セット。

57/08はカラッとヌケが良くクリアで、チャキチャキとしたカッティングや空間系のエフェクトを掛けたサウンドが気持ち良いです。

本機はネックがメイプルでマホガニーより明るくクリアなサウンドなので、ズバッと突き抜けてくるアンプのクランチサウンドなんかもGoodです。





PRS_2015_Vine_Cu22Trem_FWB_topall.jpg

PRS_2015_Vine_Cu22Trem_FWB_backall.jpg

PRS_2015_Vine_Cu22Trem_FWB_top1.jpg

PRS_2015_Vine_Cu22Trem_FWB_neck2.jpg


PRS_2015_Vine_Cu22Trem_FWB_head.jpg

PRS_2015_Vine_Cu22Trem_FWB_vine3.jpg

PRS_2015_Vine_Cu22Trem_FWB_vine2.jpg

PRS_2015_Vine_Cu22Trem_FWB_vine1.jpg




PRS 2015 30th Anniversary ”Vine” Custom22Trem
Faded Whale Blue


販売価格 ¥798,000-(税込)
新品ですが、デッドストック品の為、デジマート上では中古・新品同様と表記します。









そしてもう一本!



上記のVine Customと同時に発表された双子のようなモデル。

鮮烈なファイアーレッドがかっこいいマッカーティです。



素晴らしく美しいアーティストグレード フィギュアドメイプルのトップとネック、マホガニーバック、ガボンエボニー指板と使用されている木材はCustom22と同様。

30th Anniversary バードインレイに寄り添うように流れるヴァインインレイも同様です。

Vine カスタム22との違いは以下の通りです。
・McCarty Thickness Body(Customよりボディ厚がちょっとだけあります)
・Stoptail Bridge with Brass Inserts採用(Paul's Guitarにのみ採用されていたブリッジ!)
・58/15ピックアップセット
・3wayトグルPUセレクター & push/pull コイルタップ サーキット



ボディ厚とブリッジの差だけと思うなかれ、生で鳴らしたトーンが全く違います。

ストップテールブリッジはトレモロブリッジに比べてダイレクトに弦の振動をボディに伝えます。

ブラスインサートブリッジの恩恵で、通常のストップテールブリッジに比べて音の重心が下がり、各弦の分離感も良くなっています。



アンプを通してみると、明らかにVine Custom22より太くてホットな音がします。

Vine McCartyはツルツルっと弾けば柔らかいトーンに、ガツンと弾けば熱を帯びた力強いサウンドにと、ニュアンスの変化にしっかりついてきます。

こちらは太くてリッチなトーンのアンプで弾くのがよく合いそうです。




PRS_2015_Vine_McCarty_FRB_topall.jpg

PRS_2015_Vine_McCarty_FRB_backall.jpg

PRS_2015_Vine_McCarty_FRB_top.jpg

PRS_2015_Vine_McCarty_FRB_neck2.jpg


PRS_2015_Vine_McCarty_FRB_head.jpg

PRS_2015_Vine_McCarty_FRB_vine3.jpg

PRS_2015_Vine_McCarty_FRB_vine2.jpg

PRS_2015_Vine_McCarty_FRB_vine1.jpg



PRS 2015 30th Anniversary ”Vine” McCarty
Fire Red Burst


販売価格 ¥798,000-(税込)
新品ですが、デッドストック品の為、デジマート上では中古・新品同様と表記します。





そうそう、Vineはケースもかっこいいです!

PRS_Vine_Case.jpg


ブラックペイズリー♪






いかがでしたでしょうか?

日本未発売の「誰も持っていない」レアアイテム、手に入れたくはありませんか?

しかも、米国では$6,000-と送料、税等を必要としますので、仮に送料$250、115円の為替手数料込みレートで、消費税8%で計算すると、輸入代行業者に頼んだら、20%の手数料等を加算して100万円近くになります。
実物を見られない、どんなコンディションの物が届くか、トラブルは無いか、アレコレと不安材料が多いことを考えると、どうみても今回の2本はお買い得です。

BOSSこと、Bottom's Up Guitars創業者重浦が、アメリカ現地にて買い付けして来たことをご評価頂いて、安心込みでお求め頂けたら嬉しいです。

どうぞご検討くださいますよう宜しくお願い致します。


ご高覧ありがとうございます。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
posted by 東京本店 at 17:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

ボトムズアップギターズ・プレゼンツ #タメシビキ 新作動画を最後まで観ると、#PRS #GIGBAG #プレゼント のお知らせがあります!!


ボトムズアップギターズのOfficial Twitterフォロワー限定企画






↓↓↓ アップされた動画はコチラ ↓↓↓


今回のYOUTUBE動画は約40分あります。
下記タイトルもしくはYouTubeロゴをクリックすると別ウィンドウでYouTube画面が開いて、下の方に、詳しい説明と、好きなタイミングのタイミングにジャンプできるTIMEリストがあります。ご活用ください。

出来れば、もちろん、静かな環境でじっくり全編ご覧頂きたいですが・・・

5分ちょうどくらいから観ても楽しめるかと思います。
飛ばしたければ13分へ、ジャンプしちゃってください(^^)





ご応募は、フォロワーでかつ、Twitterで上の投稿を、リツイート + いいね することで完了します。

もちろんですが、抽選時点でフォロー解除している場合は対象となりません。

その他の作業は必要ありませんが、暖かいクチコミやコメントなど頂けると大変嬉しいです。

応募締め切りは10/7(日) 24時とします。

厳選なる抽選の結果、

一名様にPRSギグバックを贈ります。


当選者には、ツイッターのDMにてお知らせ致します。


奮ってご応募ください(^^)

なお、個人情報は当選者への発送にのみ利用し、完了後破棄致します。




Fender StratasterとVanzandt、PRS Silver Skyをブラインドテスト! 山口和也のタメシビキ Presented by ボトムズアップギターズ

⇒ https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=s4ZFAd0apGg

近めの価格帯の各社ストラトモデルをブラインドで比較!

・Fenderカスタムショップ製Stratocaster
・PRS Silver Sky
・VanZandt STV-R2

(店頭での収録のため若干のノイズ混入ありますがどうか心のノイズサプレッサーONでよろしくお願いいたします…!)

今回も即興で弾いて、台本無しで語っています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
PRS Silver Sky 詳細スペック等はこちらを参照ください。
実機で徹底レビュー!『Silver Sky 解体新書』画像満載です♪
Bottom's Up Guitars オフィシャルBlog記事
http://bug.seesaa.net/article/prs_joh...
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【東京本店】
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。


posted by 東京本店 at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

【解体新書:まとめ】ついに内部が明らかに!超話題のPRSのニューモデル「John Mayer Silver Sky」を奥の奥までご紹介します!(まとめ)


こんばんは。
Tでございます。


PRS_2018_SilverSky_Frost_bodyfrontall1.jpg

昨日の第五弾でラストを迎えたPRS John Mayer Signature Silver Sky 解体新書!
お付き合いくださりありがとうございました♪


本記事は今後見つけやすいように、Silver Sky関連の記事をまとめておきます。
お探しの箇所があるときは下記のリンクからどうぞ♪



その1:ボディ編
PRS_2018_SilverSky_Frost_cavity.jpg ⇒ 記事へのリンク



その2:ネック編
PRS_2018_SilverSky_Frost_neckback.jpg ⇒ 記事へのリンク



その3:ハードウェア前編(ブリッジ)
PRS_2018_SilverSky_Frost_bridgeup2.jpg ⇒ 記事へのリンク



その4:ハードウェア後編(ペグ、ストラップボタン)
PRS_2018_SilverSky_Frost_peg4.jpg ⇒ 記事へのリンク



その5:PU, エレクトロニクス編
PRS_2018_SilverSky_Frost_PUback1.jpg ⇒ 記事へのリンク




Silver Sky発表時のブログ記事はこちら!各所の詳細説明もございます。
PRS_JohnMayerSig_Shigeuratray_SM.jpg
《大注目の新製品》 PRSが誕生させた新STタイプギター、John Mayer (ジョン・メイヤー) シグネチャーモデル「Silver Sky」を詳細解説! #ニュースリリース



サウンドメッセ2018会場での弊社代表によるSilver Skyの試奏レビューはこちら!
silver_sky_1.jpg
最速試奏レポート! PRS John Mayer Signature Guitar 「Silver Sky」 @Sound Messe in OSAKA 2018. 価格情報とレビュー有り。





店舗の方はといいますと、Silver Skyだけじゃなく、新入荷がザクザク!

最新情報はデジマートをご覧ください^^

Twitter、Facebook、Instagramも更新しているので、下記のリンクからぜひフォローお願いします♪

短いですが今日はここまで!
それではまた♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ホームページ ///
https://www.buguitars.com/
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html

【東京本店】
/// TEL /// 
TEL:03-3721-1721
※東京本店のみ4月より完全予約制に移行しております。
(福岡サンパレス店はこれまで通りです)
来店ご希望の方は事前にご予約をお願い致します。

/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
日常の様子からお楽しみ投稿までバラエティに富んだ発信をしています。
どなたでもご覧頂けます♪ ページに「いいね」すると最新情報をGETできます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
posted by チーフT at 22:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。