2012年10月26日

PRS New Pickup 搭載ギターのワイヤーの話

こんばんは。
花金(死語?)、皆様いかがお過ごしでしょうか。
Tでございます。

さて、本日はワイヤーのお話を。
以前より承っております、5wayロータリースイッチから3wayトグル+Push/Pullタップへの換装、いわゆる3wayコンバージョンキットの組み込みが依然好評で、依頼も非常に多いです。

2010年以前のCustom(及びStandard、CE)は24フレットのモデルにはHFSとVintage Bassが、22フレットのモデルにはDragonII(それ以前のモデルにはDragon I)が標準搭載されていました。

同時期のモデルの特徴として、ひとつのモデルが誕生した際にはその機種に合わせたチューニングを施され、多くはそのモデル名が冠されたPUのが搭載されることが常となっていました。
それはMcCartyであったり、MEであったり、Miraであったり・・・Singlecutは#7が、Singlecut Tremには#6ピックアップが搭載されていました。

そんな原則1機種1ピックアップという流れを打破したピックアップがあります。
それが今後、PRS社のギターに搭載されていくピックアップの新たな源流と呼ばれることになるであろう「57/08 Pickup」です。

このピックアップはGibson社が1957年当時にワイヤーを製造していた機械(この機械もビンテージですね)の独占使用権をPRS社が得て製造される、これまでのPRS社のPUとは趣の異なる特殊なピックアップです。
トーンは名前から連想される通りの、PRS流解釈のPAFと言えるものです。

このピックアップが発表になった年のPRS社で行われるイベント「Experience PRS」では57/08Limitedというモデルが発表されました。
そのモデルの説明の際にP.R.S氏は、「このリミテッドランは、ピックアップにギターがおまけでついてくる、と思ってくれても構わない」とまでいうほどの自信を持って送り出したピックアップです。
(現に後述の59/09ピックアップ、53/10ピックアップが単体で販売されるに至った現在でさえ、この57/08ピックアップだけは単体販売はされていません。)

また、翌年には57/08をホットにアレンジした(と、単に公式では発表されていますが・・・?)59/09ピックアップが、その翌年には1953年のシングルコイル(ブラックガードでぶっといトーンのあのギターです。)をモチーフにした「53/10」ピックアップが登場します。

どれもこれまでのPRSのピックアップとは一線を画す、ビンテージフィーリングをふんだんに感じるトーンになっています。
(それと同時に、これまでのそれぞれのピックアップが絶妙のアレンジで作りこまれているのだな、と改めて感心し、次々に生産完了になっていくのが非常に惜しい!と残念な気持ちにもなるのですが・・・)

現在のラインナップは一部を除いて、パワーがある程度あるほうが良いギターは59/09ピックアップが、更にビンテージフィーリングを持たせたいモデルには57/08ピックアップが、さらに古めのイメージのトーン(うまく説明できません^^;)が似合うモデルは53/10が採用されています。


うーん、前置きが長い(笑)
何が言いたかったかというとこれです。

PRS_OutputWire

これはアウトプットのワイヤーです。
ボリュームポットの2番からジャックを繋ぐ、ギター内部の最終ワイヤー。
このワイヤーはPRS社はずっと網線シールドのワイヤーを使っています。







PRS_OutputWire

伸ばしてみるとこんなに長い。
これは一連の新PUが採用されてからしばらくしてこのようになりました。
それまでは最短になるように短いものが使われています。

どうしてこうなっているか。
さあみんなでかんがえよー♪ということで、たまにはクイズっぽくしてみましょうか。
なんでこんなに長いワイヤーが使われているのか?
正解(とおもわれるであろう理由)者には粗品を進呈しましょう♪なにかあるかな(笑)

散々書いて本題がやたら短いですが、本日はここまで。
そうそう、新品・Used PRSがたくさん入荷しております!
Webに載ってないものもいろいろと・・・ぜひ遊びにいらしてくださいね^^
また、Lefty Custom24 LimitedやExperience PRS限定モデルも近日入荷予定となっております♪
週末の皆さまのご来店、お問い合わせを心よりお待ち申し上げます。
それでは・・・
posted by チーフT at 23:45 | 東京 ☁ | Comment(12) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。