2013年02月15日

ななんと!David Thomas McNaught Guitars 《Vintage Single Cut》の本年初フリー分が入荷決定! / Tonepros /

こんにちは。
今週平日、今日いっぱいまでは臨時休業を頂きまして、営業をお休みしております。
今日は寒い雨ですね。雪になるかも?とも言われておりますので皆さまちょっとだけご注意を。
Tでございます。

さて、本日はタイトルの通り!David Thomas McNaught Guitars(以下DTM Guitars)のメイン機種の一つ、《Vintage Single Cut》のフリー分が今月末に入荷致します!

まずは画像からいってしまいましょう。
DTM_VSC_BB_Top.jpg

ダイアモンドグレードのフレイムメイプルトップ。
鮮やかなブルーのバーストも素敵!
指板はエボニーをカーリーメイプルでバインディング。
インレイはホワイトマザーオブパールのオフセットブロックインレイ。
フレットはステンレスでいつでも快適なプレイができます。

ワンピースのネック材がピックアップの下を通っているのがわかるでしょうか?
このネック材はピックアップの下を通り、ブリッジの少し先まで入っています。
“SET-THRU”NECKR(セット・スルーネック)と名付けられ、この機構がマクノウトギターのサスティンが強烈に長いことの一つのファクターです。






DTM_VSC_BB_All.jpg

全体。
コントロールは3wayトグルスイッチに2ボリューム2トーン。
トラディショナルなコントロールをDTM Guitars流にアレンジ、デザインされた配置です。
ピックアップは評価の非常に高いWCR PUs(Wagner Pick Ups)製の「Moore/Green Set」を搭載。
ブリッジはTone Prosのブリッジとテイルピースが載ります。







DTM_VSC_BB_Back.jpg

ボディバック。
今は本当に貴重になってきた非常に良質なホンジュラスマホガニーを使用したバックとネック。
サラサラのサテン仕上げのネック。ジョイント部分にはフレイムメイプルのキャップが。
非常にパワフルなトーンとロングサスティンが持ち味のマクノウトですが、以外にも?ネックフィールは不思議と細めにも感じるかと思います。
これはナット側はほんの少し三角で、ハイフレットに従ってUシェイプに移行していく非対称のネック構造によるものです。プレイアビリティ抜群。
ペグはSperzel Trim Lockです。


音にうるさいアーティストさんの信頼も厚く、一度手にされたかたは更にもう一本・・・と追加オーダーを頂くことが多いことからも、その魅力の一端が伺えるDTM Guitars。
DTM Guitarsはデザインからスペック、材の選定、木工加工、塗装、ワイアリング、セットアップまですべてをDavid McNaught氏本人が手がけています。
月産4本程度を丁寧に製作しており、米国、日本をはじめワールドワイドに常に多くのバックオーダーを抱えています。
現在、日本からのオーダーも先まで埋まっており、およそ18ヶ月程度が納期の目安となっています。

こうしたフリー分の入荷は一年に1本〜2本あるかないか。
この機会を逃すとまただいぶ先までお目にかかれないかもしれません。

付属品は純正ハードケース、COA(証明書)、製作中の画像が入ったCD-Rとなります。
※David Thomas McNaught Guitarsの正規輸入品は入荷後2週間ほど日本の気候に慣らし、エージングとその間にお客さま一人ひとりに合わせたセットアップを施してのお渡しとなります。
入荷後すぐにお見せすることはできますが、お渡しまでに少々お時間をいただきますのでご了承ください。

希少な正規輸入品のマクノウトギターを待たずに手に入れる千載一遇のチャンスです!
この機会をお見逃しなく♪
posted by チーフT at 16:33 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。