2013年06月02日

導電塗料でノイズ処理。

こんばんは。
梅雨入りしたとは思えない快晴、皆さまお出かけされたでしょうか。
本格的に暑くなる前のこの季節はいいですね♪
Tでございます。

たまにはメンテやリペアのことも。
(たくさんのリペアやメンテを承っております!ありがとうございます。)


DSC02771.jpg

ここで問題です。
このギターの名前を応えて下さい♪
分かる人はズバッとわかる明確な違いがありますね。
んんん?!と惑う方もいるかもしれません。

さて、3月8日の記事にも書きましたが、現行の米国製PRSのギターはコントロールキャビティのシールディング加工(ノイズ処理)がされていません。
以前のPRSの製品は黒い導電塗料が塗られており、ノイズ処理がされていました。

導電塗料が塗られなくなったのはここ3〜4年ほどの事です。
シールディング加工をすることはノイズカットをすると共に、高域を減衰させてやや暗い音調になります。
ビンテージ系のサウンドを狙った現在の57/08、59/09、53/10ピックアップ等は高域の抜け感がスポイルされるのを嫌ったのかもしれません。
(ビンテージのFenderやGibsonは完全なシールディングはされていません。)

しかし、こと一般ユーザーさんのDTM環境のような、現代日本のノイズまみれの環境の中では、ノイズは深刻な問題です。
それならいっそシールディングしてしまいましょう♪
ノイズが軽減すると、気持ちも少し軽くなるものです(笑)
と、いうわけでこのギターはこれからシールディング作業に入ります。
以前の記事では導電塗料を塗布した後の画像しかなかったので、今回は無垢のキャビティを掲載しました。

また塗ってからの経過報告もできたらなと思います^^

それでは今日はこれまで!
日替わりセール商品も毎日掲載予定ですのでお楽しみに♪
それでは・・・


posted by チーフT at 23:44 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【謝恩企画その2】〜6/3 正午まで PRS Custom22 Semi-Hollow Quilt -Aquamarine-

東京店より6月日替わり【謝恩企画その2】

6/1より日替わりで、タイムセール的な感じとなりますが謝恩価格にて、
お買い得情報を投稿しております!

本日は第ニ弾、『PRS Custom22セミホロウ / キルトトップ / アクアマリン』を大特価にてご奉仕!

通常売価¥258,000-を、〜6/3 正午までタイムセール放出!!

{※定刻にて終了致しました}

早い者勝ちです!

Paul Reed Smith Custom22 Semi Hollow STP Moon inlays Aquamarine


お電話:03-3721-1721 または お問い合わせフォーム よりご注文ください!

(期間終了後元の価格に戻させて頂きます)
posted by チーフT at 12:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。