2014年01月31日

メンテナンスと新入荷のお知らせ♪

こんばんは。
あっという間に1月も終わってしまいました。。
一年の12分の1が終わってしまったなんて・・・どんどん月日の流れが早くなっていきます。
皆さまもいちにちを大切に^^
Tでございます。

さて、今日は定休日明けということで、メール、電話、ご来店と賑やかな一日でした♪
ありがとうございます。

今日ご来店されたのはこの方♪

0131maintenance.jpg

遠方よりお車ではるばるご来店♪
2004年製Custom22のグレイブラックをメンテナンス。
いやーいいですよね、この太杢、濃くてワルい感じのカラー♪
グレイブラックはこれくらい濃いほうがかっこいいですね^^
しかもワイドファットのネックにトレモロ仕様はCustom22ではなかなか珍しいです。

本日は、下記の内容を処置。
・弦のゲージセットを10-52から10-46へ、チューニングもDrop C#からレギュラーチューニングへ変更。それに合わせてセットアップをやり直し。
・ピックアップ(DragonII)のカバーを外してオープン仕様に。

最近は物理的に多弦を更に下げて低い音を出していくバンドと、チューニングはさほど低くないけれど、
サウンド的には「低く聞こえるように」サウンドメイクしていくバンドの2極化が進んでいるように感じますね。
よく使われる弦は全体的に太くなっている気がします(笑)

弦の太さとチューニングを変える場合、ナットとサドル溝の調整、ネック調整、ブリッジ調整、オクターブ調整が必要となります。
全体的なセットアップをやり直すと、驚くほど弾きやすく、サウンドも良くなります。
あまり意識されない部分ですが、ピックアップ自体の調整も効果大です。

今回はDragonIIのPUカバーを外してオープン仕様にしましたが、逆の場合・・・オープンピックアップにカバーをかけたいというご相談も多く頂きます。
PRSのピックアップはポールピースピッチが特殊なため、通常のビンテージタイプ、Fスペース、トレムバッカーのカバーはどれも厳密に言えば穴がずれます。
(使えないわけではないものも有ると思いますが、保証出来ません。)
PRSはピックアップカバーをパーツ販売しておりませんので、ご相談は多いのですが入手ができません。
オリジナルデザインの宿命ですね^^;

ちなみにPRSのピックアップはワックスポッティングをかなりしっかりしていますので、
オープン仕様にする場合は綺麗に仕上げるのが大変です。
また、ご自分でカバーを付け外しされる場合は断線の危険性があるのでご注意くださいね。




さて、明日はこのギターをご紹介!(予定)


Provision_Karakusa.jpg

鮮烈な赤。
複雑な模様を描くサウンドホール。
素晴らしい材、素晴らしい作り、素晴らしいサウンド。
また入ってきちゃいました、ナイスなギター^^

明日は土曜日、2月のはじめの日!
皆さまのご来店、お問い合わせを心よりお待ち申し上げます♪
それでは・・・
posted by チーフT at 23:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

PRSのナットいろいろ

こんばんは。
今日は福岡、東京共にお休みの日でした。
と言っても東京本店は内部作業をしていたわけですが^^

さて、一昨日の記事でカスタム24を2本ご紹介しましたが、
そのなかで気づいたことが。

「あ、やっぱりナットが変わってる」

PRS_2013_Nut.jpg


これが昨日ご紹介したCustom24のナット。

で、これが在庫の408のナットです。

PRS_2012_Nut.jpg

最近のナット(Custom24)のほうはなんだか白っぽく、表面がさらっとしていて、キラキラと金色っぽい粉末のようなものが見えます。
408のナットも質感は似ているのですが、白っぽくなく、金色の粉末状のものも見えません。
軽く叩いてみると、最近のナットのほうが少しカキっ!とした感じの音がします。
まさか、PRS、とうとうナットにまでブラスの粉を・・・?
さすがにそれはないと思いますが(笑)、どうなんでしょうね。



ついでに他の年代のも簡単に。

PRS_ME_Nut.jpg

これは初代MEのナットです。
MEのナットは通常のナットと仕上げが少し違っていますが、素材自体は2000年代半ばはみんな一緒です。





PRS_L90s_Nut.jpg

90年代後半〜2000年代前半のナット。
一番樹脂感が強く、ヌメっとした感じがします。
サウンドもマイルドです。




PRS_80s_Nut.jpg

80年代、ビンテージPRSのナット。
溝の切り方が特長で、V字に溝が切られています。
材質もどの年代ともちょっと違いますね。


ナットはギターのサウンド傾向を決定づける大きな要因の一つです。
PRSもナットは年々変わっており、常にサウンドの向上とチューニングの安定性を追い求めています。
PRS氏のインタビュー動画を見ても、特にコダワリを持って研究しているのがよくわかります。


PRS_513RW_Nut.jpg

そういえば513のナットは特徴的でしたね。
513 Rosewood(ハカランダネック)は上記の白いナット。
スキャロップドナットと呼ばれていました。
もう手に入りません。。。


PRS_513_Nut.jpg

25周年モデルを含む、513メイプルトップは黒のスキャロップドナット。
ネックシェイプが513シェイプからパターンレギュラーに変更になったのを機に、
ナットはレギュラー用のナットに統一されました。


東京本店の次の営業日は31日の金曜日!
皆さまのお問い合わせ、ご来店を心よりお待ち申し上げます♪
それでは・・・
タグ:PRS ナット
posted by チーフT at 23:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | リペア/ユーザーズボイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

垂涎のリミテッドカスタム24が入荷♪

こんばんは。
昼間は暖かかったのに、夜はまた寒いですねー。
Tでございます。

さて、今回は久々にカスタム24をご案内!

今回ご紹介のカスタム24は限定モデル、Limited Edition♪
2本ご紹介です^^

Cu24_13_KID_LTD_BCB_Top.jpg

うーん渋い!ド派手なカラーが苦手な方にもオススメできる美しいカラーです。
カラー名はBlue Crab Blue。
ブルークラブはPRSのあるチェサピーク湾でたくさん獲れるカニで、ガザミのような見た目です。
足や甲羅がほのかに青いのでこの名前がついています。
とても美味しいのです♪







Cu24_13_KID_LTD_BCB_Top2.jpg

今回のこのリミテッドは全てレギュラートップ。
しかしどうですか♪
バリトラにはないこの雰囲気^^







Cu24_13_KID_LTD_BCB_Bodyback.jpg

バックのマホガニーが良い♪
よく詰まっていて、しっかりした感じがあります。
アフリカンマホガニーもこのくらい詰まっているととても良いです^^







Cu24_13_KID_LTD_BCB_Neck.jpg

ネックもしっかりしています。
パターンレギュラーグリップで握り感も程よくあります。






Cu24_13_KID_LTD_BCB_bird.jpg

バードインレイはアイボロイドとアバロンのコンビネーション。
ローズもいい感じです。






Cu24_13_KID_LTD_BCB_Head.jpg

ペグはPhaseIIIチューナー。
本Limitedはハードウェアはゴールドとニッケルのハイブリッドです。








Cu24_13_KID_LTD_BCB_yoko.jpg

このユラユラした感じ、なかなか伝えられないのがもどかしい(笑)
これだけ太くて、ユラユラ動く杢は普通の10topではそう見られません。
ライブで使ったら目立ちまくりでしょう^^

お早めにお問い合わせください!




次、もう一本も同じLimitedのCustom24ですが・・・

Cu24_13_KID_LTD_Korina_MBlue_Top.jpg

真木なブルー、否、マケナブルーが眩しいカスタム24♪
フチのシースルーブルーに杢目が見えると、なんだかすごく幻想的です。







Cu24_13_KID_LTD_Korina_MBlue_Bodyback.jpg

この個体のセールスポイントはこのバック!
シースルーブルーでちょっと見づらいですが・・・







Cu24_13_KID_LTD_Korina_MBlue_Neck.jpg

ネックも♪
実はこのギター、ネックとバックがコリーナ
そう、今でも探されている方の多い "Japan Limited Custom24 Korina"と同じです♪
シェイプはパターンシン。
ワイドシンよりすこししっかりした感じがありますね。







Cu24_13_KID_LTD_Korina_MBlue_Head.jpg

ヘッドに見える木目もコリーナです♪
Custom24 Korinaは弊店おなじみのミュージシャンの方にも愛用して頂いている通り、
マホガニーとは違った、特有のサウンドを持っています。
歯切れが良く、音の通りが良いので、爆音でもしっかりと前に出てくる明瞭さがあります。







Cu24_13_KID_LTD_Korina_MBlue_yoko.jpg

雰囲気満点でしょう♪
コリーナバックのCustom24はなかなか出ませんので、探していた方はこの機会に確実にゲットしてくださいね!

今なら2本で弾き比べもできます♪
PUは59/09セットとHFS/Vintage Bassで違いますが、鳴り方の違いも体感できますよ^^

と、いいつつ次回の営業が31日(金)という・・・^^;
ご連絡はお早めに♪

それではまた・・・!
posted by チーフT at 23:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サキダシ新入荷情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡米中のBOSSと真木氏より、NAMM2014関連画像がドサドサ♪

こんにちは。
昼間の更新♪
Tでございます。

現在、NAMMショウ開催中のアメリカ、カリフォーニアは25日(土)の23時頃。
NAMMショウ及びNAMM関連のパーティが続いているようですよ♪

そんなBOSSより、ガンガン画像が上がってきていますよ^^
現在はパーティー中だそうです。

最新情報や画像はTwitter、Facebookでお楽しみください♪
(どちらも登録不要でそのまま見られます♪)


●Twitter ⇒ https://twitter.com/BuGtrs

●Facebook ⇒ https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars


1621838_669433006433255_1948722822_n.jpg

マキナブルーの彼も写っていました♪

それでは引き続き、お楽しみくださいませ^^
posted by チーフT at 16:03 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | NAMMニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

イケメンな ME Quatro が入荷♪

こんばんは。
今日はちょっとだけ暖かかったですね。
週末はグッと暖かくなるみたいですが、体調おかしくしないように注意しましょう♪
Tでございます。

さて、今日も店舗の営業はお休みでした。
現地からはNAMMの風景や画像が現地から送られてきていますね^^
みんなTシャツ!さすがLA♪

今日は昨日ご紹介の新入荷のイケメン♪

ME_Quatro_10_STP_FBB_Top.jpg

ME Quatro Stoptail -Faded Blue Burst-

PRS社のフラッグシップモデル、Modern Eagleの第4世代です。
そりゃあイケメンです、ええ♪






ME_Quatro_10_STP_FBB_Pu.jpg

特長は、53/10PUセットを搭載している点。
このPUは1953年製のとある歴史的銘器のPUのワイヤーを参考に製作された、特殊なワイヤーを使って製作されています。
クリアでスッと抜ける爽やかさを持ちつつ、芯の太いサウンドが特長です。
まるでギターのカラーのような透明感♪







ME_Quatro_10_STP_FBB_neck.jpg

ネックはME II以降に採用されているセレクトされた Black Rosewood。
しっかりした柾目のネックで、クリアでレスポンスが良いです。







ME_Quatro_10_STP_FBB_Headback.jpg

本機は2010年製。
初期物の証、グロメットスタイルチューナーが取り付けられています。
後期になると、現行のPhase IIIチューナーに変更されます。






ME_Quatro_10_STP_FBB_Head.jpg

現行Phase IIIチューナーの礎になったとも言える、ブッシュタイプ(ヘッド表面からナットで止まっていない)がグロメットチューナーの特長です。
ヘッドにはME IIから続くイーグルインレイが。







ME_Quatro_10_STP_FBB_Bird.jpg

指板にはアイボロイドのバインディングが巻かれ、バードインレイはハイグレードなパウアアバロンのセンターにマザーオブパールのアウトラインとなっています。







ME_Quatro_10_STP_FBB_back.jpg

ボディバックは軽量なマホガニー、重量は3.47kgと軽量です♪






ME_Quatro_10_STP_FBB_Top2.jpg

傷も殆どなく、美しいコンディションを保っています。
ペイズリーケースとイーグルタグが付属します♪

Modern EagleシリーズはこのQuatroで一旦姿を消しておりますので、
PRS社としてはひとつの完成を見たモデル、といえるのかもしれません。







ME_Quatro_10_STP_FBB_Top3.jpg

初代からこのQuatroまで、Modern Eagleはどんどんと進化してゆき、
各世代がそれぞれに個性を放つ、完成度の高いモデルとなっています。
全世代をコレクトするもよし、お好きな世代のギターをゲットするのもよし♪
どれも間違いないギターです^^
ぜひ手にとって、感じてみて下さいね!

週末は東京本店も営業致します♪
皆さまのお問い合わせ、ご来店を心よりお待ち申し上げます。
NAMM情報もガンガンくるでしょう!お楽しみに♪

それではまた・・・
posted by チーフT at 23:53 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。