2008年12月12日

Private Stock #1998 & #1999 ジョーナッグス・ハンドカーブPSギターが入荷致しました。

 Paul Reed Smith Guitars
 
 プライベートストックセクション総責任者
 
 ジョセフ・ナッグス氏が来日しハンドカービングの実演をし、

 本国に持ち帰り完成させてきたギターが堂々の入荷を果たしました。

 プライベートストックナンバー「1998」、「1999」を纏う
 
 珠玉のPRSギターです。

 特集ページを作成致しましたので、動画や詳細写真をお楽しみ頂ければ幸いです。

 ボトムズアップギターズ PRS PS#1998 & PS#1999 特設サイト
posted by 東京本店 at 21:07 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナッグスさんの削ったメイプル材をこっそりポケットに入れました。BUGの社長もノミを入れましたよね(ポッケでなくギターに)・そいつは多分、紫の奴!? いいね〜欲しいね〜値段もソソルよね〜。ああ そろそろ車も買わないといけなかったんだ。私は縁が無かったと・・・誰かイイ人のもとに行ってくれ〜 (ああ無常)
Posted by ギターオタクz at 2008年12月15日 19:18
こんばんは、オタツェット様!

覚えていますよ〜 覚えていますとも。あの秋の日の出来事は、、、鮮明に。
ちょうどナッグスさんがハンドカービングの実演をやっているときに楽器フェア(パシフィコ横浜)の会場でご一緒していて、そのあとは・・・
横須賀は某町まで3人で移動して、しこたま飲み食いしたんでした。(本当にあの時はご馳走になりました。また帰りの足代まで・・・ うーうーうーうー(男泣))
あの晩はすっかりイイ酒と幸せな時間(楽しい会食)にヤラれちゃってもう泥酔状態で(苦笑)、どのくらいの時間をかけて家まで帰ったのか不明です。
あの時の一人暮らしの淋しい家に、どうやってあがり、寝たのか。一切覚えておりません。(悲惨)
次の日は普通に仕事したのかな・・・?まぁ思い出せないし。いいか。
2〜3年前のことに思えるのですが、ほんの1年少々前なんですよね? (え?!ほんとか??)

しかし一年経つとこうも生活が(生活環境が)変わるとは、、、。
店も家も暮らしも何もかもが変わってしまいました。
目標を一つ一つこなしてきた事とはいえ、不思議な気分と言いますか、感慨深いと言いますか、、、
すべて「お蔭様」なんだなぁとしみじみ思います。

今後ともご贔屓・ご指導・その他もろもろ、何卒宜しくお願いします!!

重浦   拝復

http://www.buguitars.com/csgtr/ps_1998_1999/
Posted by 筆者 at 2008年12月16日 05:04
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。