2010年04月27日

ゴールデンウィーク目前♪《Private Stock Santana Brz Neck》

こんばんは!
気が付けばゴールデンウィーク目前です♪
従業員Tでございます。


本日はこちら♪

PS_santana_Body.jpg

最近、減少傾向にあるハカランダネックや指板。
市場在庫も徐々に減りつつあり、出てもすぐに売れてしまうこともしばしば。

今回ご紹介するギターは、2002年生まれの逸品、『プライベートストック サンタナ』です。
2002年といえば、Brazilian Limitedが発表される前年ですね。
Modern Eagleも2003年頃からスタートしていますので、それよりも前に製作されたギターです。


2PS_santana_Body.jpg

《Top》
上質なイーストコーストカーリーメイプルトップ。
硬そう!と見て取れるフレックが入ったメイプル。
カラーはBurnt Orangeです。
トートイズシェルやタイガーアイに近い、高級感のある色合いです。



PS_santana_Back.jpg

《Body Back》
バック材は良く詰まったSouth American Mahogany。
叩くと『コンコンコン』と硬くてクリアな音がします。



PS_santana_Neck.jpg

《ハカランダネック》
ツルツルのハカランダネック。
肌理細かく、硬いのに柔らかな手触り(笑)
ヒタっとしていて、吸いつくような独特の手触りです。



PS_santana_Inlay2.jpg

《指板・インレイ》
指板もハカランダ、柾目の綺麗な材です。
インレイは14金にエングレービング(彫金)が施されています。
フレットが汚れています・・・綺麗にメンテしてからのお渡しとなります♪



PS_santana_Inlay.jpg

《インレイ アップ》
精緻で惚れ惚れしてしまいます。
各ポジションの鳥がどんな鳥か、細かく見ることが出来ます♪




PS_santana_Head.jpg

《ヘッド》
ヘッドの突き板、トラスロッドカバーもハカランダ。
イーグルインレイもエングレービングされた14金。




PS_santana_Eagle.jpg

《イーグルインレイ》
素晴らしい♪これぞPSですね。
写真が難しいです(笑)


マテリアルを見るとかたーい印象なんですが、実際に弾いてみるとそんなことはありません。
ローズネック、特にハカランダ特有の立ち上がりの早さ、ハイミッドの艶やかさ、適度に整理された美しい倍音、単音でも存在感のある太さを持っています。
パキパキにはならず、滑らかな高音域は、古い録音のレコードを想起させるトーンです。
真空管アンプの匂い(トーン)とも良く似ているイメージですね。


もちろんコレクションとしても一級品ですが、本当に音にこだわる方にこそ使って頂きたいギターです。
プライベートストックは見た目以上に音が良い(笑)
いや本当に。

気になった方は是非お問い合わせください♪
もちろん店頭にてご覧にいれることが出来ますので、お気軽にどうぞ。

さて、そろそろ帰り支度をしなけれは・・・
明日はお店はお休みです。
ゴールデンウィーク中は休まず営業致しますので、皆さま遊びにいらしてくださいね!
それでは♪
posted by チーフT at 23:21 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS Private Stock(プライベートストック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。