2013年08月27日

たまらない杢目♪(Vintage PRS)

こんばんは。
今日は気持ちのよい天気でしたね。
グッと秋めいた空気、涼しくなったらなったで物悲しくなるというなんとも勝手な感情ですね(笑)

さて、涼しくなったら食欲の秋、です。

PRS_1989_Cu24_Top.jpg

んー美しい。
こういった杢のCustomは探してもなかなか見つかりません。
Vintageファンの方が見たらウズウズしちゃう杢ですね。

PRS_1989_Cu24_Head.jpg

ヘッド。
スモールロゴにOriginal Locking Tuner。







PRS_1989_Cu24_inlay.jpg

Vintageのバードインレイはまだ精密な加工ができず、インレイと指板の間に隙間があります。
隙間を埋める為に、黒い接着剤が入っています。
ん?シャドウバードインレイはもしかして・・・違いますね(笑)






PRS_1989_Cu24_Nut.jpg

ナット。
ビンテージのナットは素材、形状が違います。
溝の切り方も現在と違い、V字に切られています。






PRS_1989_Cu24_SmallHeel.jpg

スモールヒールのネックジョイント。
段階を経てヒールは大きくなっていきます。






PRS_1989_Cu24_Bridge.jpg

ブリッジ。
一体成型のため、現在のようにサドルの下に大きなネジがありません。
非常に手の込んだ作りです。






PRS_1989_Cu24_Bodyback.jpg

ボディバック。非常に良質なホンジュラスマホガニー。






PRS_1989_Cu24_Top1.jpg

このギターは1989年製。
この年代のメイプルトップにはこのような霜降りのメイプルトップは少なく、
探してもなかなか見つからないのです♪







PRS_1989_Cu24_Top2.jpg

1985年〜86年あたりに稀にありますね。
レスポールファンの方がときめくトップです。
フレックもバリバリ。






PRS_1989_Cu24_Topside.jpg

動画でぐるぐる回してギラギラ動くさまを見ていただきたいですね(笑)






PRS_1989_Cu24_Topside2.jpg

スイートスイッチだけ交換されており、プリセットトーンになっています。
スイートスイッチは特有の鼻づまり感が強く、好みでない方にはこの改造は良いです。
とても使いやすい改造ですね。

1989年のCustomは、5wayロータリースイッチもこの年だけのワイアリングになっており、非常に使いやすいスイッチングになっています。
ピックアップはStandard Bass & HFS。
クリアでスコーンとヌケの良いトーンはしっかりした材と組み込みのなせるワザですね。
80's Rockが好きな方、ドゥービーブラザース等が好きな方にドンズバではないでしょうか。

コンディションも年代を考えたら良好で、フレットも部分的に減っているところで8分山くらいでまだまだ使えます。

お探しの方はぜひお問合せを♪
明日、明後日は定休日ですので、金曜日のご来店、お問合せをお待ち申し上げます。
それでは・・・♪
posted by チーフT at 23:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PRS関連talk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。