2008年03月28日

貧乏暇無し

最近はとんと店頭の状況を掌握していないワタクシ。
写真もWebもJ-GUITARSもDigimartもほぼ携わることが出来ていない。
私が全てやらなくとも物事が進むようになってきたのだ。





先日某実力派音楽プロデューサーからケイタイもらってたとき、「ボトムズアップさんのあのギターの×◎△×とそれから新入荷の△◎××△があーでこーでさー ・・・ で、あれはどうなの?いくら?」みたいな質問を受けて、「あ、すみません、ちょっと全部暗記はいま出来てなくて、、、!」と答えたら、「おお、重浦さーん、 だいぶん社長らしくなってきたじゃないっすか。」と返されました。

「!!」


そうか、そういうことか・・・ 会社が成長していく過程とか、社長が社長になっていく過程とか、、、。

私の状況が良い悪いは抜きにして、考えさせられるシーンでした。

 きっとこのあたりのことはまた将来詳しく記事にすると思いますね。私になりにやってきたこと、取り組んでいること、変わりたいこと、変えたくないこと・・・ エトセトラエトセトラ。


社長業は楽じゃない。けれども楽しいと思う。 私はあの日、「ゼロからだってやってやる」と決心した。24歳8ヶ月で事業を始めた、Bottom's Up Guitarsの創業者として、現、株式会社イノーバのオーナー社長としての誇りを持っている。

だが夢じゃ飯は食えない。と人は言う。


貧乏暇無し・・・ 金持ちへの道は果てしなく遠そうだ。





※株式会社イノーバ 旧:有限会社イノーバ とは私が2004年6月に、ボトムズアップギターズを会社組織化するときに作った会社です。
事業はもちろんギター販売。 とは言え今は、少しずつ成長し、2006年3月にその年施行の新会社法も待たずに(笑)、一念発起して一足先に旧来で言う正真正銘の株式会社にもなり、楽器の輸入総代理店事業、関連卸、店舗での小売事業、楽器業界専門のウェブ制作事業、を手掛けるに至りました。ボトムズアップギターズとは、背中合わせにイノーバという会社の主軸である事業部というわけです。
ボンボンでも土地持ちでも、誰かの出資を受けている訳でもありません。
男裸一貫。 ただ我武者羅に修行中の身であります。

 (以上、知らなくていい人にはまったく必要の無い情報です(笑)。)


posted by 東京本店 at 03:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
{メールアドレスは非公開になります}
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。