2011年04月09日

EXPERIENCE PRS in JAPAN 2011 レポート【シークレットゲスト&フィナーレ編】

こんにちは! 引き続きレポート第4弾【シークレットゲスト&フィナーレ編】です!
9時間に及ぶ長丁場&大充実のイベントもそろそろ終盤を迎えます。


David Grissomのステージにてライブはひとまず終了。
ここからはPRSギタープレゼント抽選会の始まりです!

Paul_Select.jpg

ライブとはまた違った会場の盛り上がり方でしたね!
贈られるギターはなんと先程のステージでDavid Grissom本人が弾いていたDGT!
こちらを本人から直々にプレゼント!
これはかなり嬉しいですね!

そして、もう一本ギタープレゼントの抽選の発表がありました。
幸運な当選者にギターを渡しに来たプレゼンターは・・・・・

Orianthi!!!

サプライズシークレットゲストとして登場です!
(Twitterで本人が日本に来ている事を明かしてしまっていたようですが・・・笑)

当日最高の盛り上がりの中、Paul’s Bandを従えてライブスタート。
普段はCustom22 Tremを初めとした様々なモデルを使っている様子ですが
当日の使用ギターはレッドスパークルのSE Orianthi
お手頃な価格帯に位置するSEでも「これぞOrianthi!」というサウンドで小さい身体からは想像のつかない力強いトーンを弾き出していました。

ライトハンド、早弾きなどを披露しギターを楽しんで弾きながらもステージ狭しと動き回って客席への配慮も忘れないエンターティナーとしての一面も垣間見えました。
Paulと共にJohn Lennonの「Imagine」をカバーした一幕は会場のお客様の心にしっかりと刻み込まれた一幕だったと思います。

その後、DavyとDavidを迎えギターバトルに突入。

Paulに止められるほどの白熱ぶりを見せ、Orianthiステージが終了。

最後は出演者全員がステージに一斉に集結です。
9時間に亘る大ボリュームのイベントが幕を閉じました。

AllCast_1.jpg


こうしてみても本当にさまざまなジャンルから第一線のアーティストがPRSという共通項の元に集まり、ここまでの一大イベントを作り上げたというのはすごい事だと思います。
(最終的に1000人を超す動員だった模様です!)
最後はKORG Import Divisionのスタッフの方々にPaulが感謝の意を述べ、涙する場面が・・・。
氏の涙がこのイベントの大成功を物語っていると思います。

昨年記念すべき25周年の節目を迎え、また新しいモデルを多数揃え26年目のスタートを切ったPRS。
Paulの言うように「これからがPRSの時代」です。
このイベントを機にPRSを手にしてくれるユーザー、PRSを手に素晴らしい音楽をクリエイトしてくれるアーティストが更に増えてくれる事とPRSの更なる発展を祈りながら本レポートを終えたいと思います。

各楽器店ディーラーの皆様、何ヶ月も前から今回の成功の為に尽力されたKORGスタッフの方々、本当にお疲れ様でした。
全国各地からお越しのPRSファンの皆様の心にも、きっとこのイベントは「最高のExperience」として強烈な印象で残ってくれたと思います。


今回の感動と興奮の余韻に浸りつつ、また次回EXPERIENCE PRS in JAPANの開催を期待しましょう!

以上連載スタイルでスタッフ真木がレポートさせて頂きました。
今後とも宜しくお願い致します!
posted by スタッフ真木 at 07:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターショウ(展示会)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

EXPERIENCE PRS in JAPAN 2011 レポート【ライブ編 Part.2】

皆さん おはようございます! 昨日に引き続きEXPERIENCE PRS in JAPANレポートをお送りします!
【ライブ編 Part.2】です!

Paul's Bandに続いては日本でもおなじみ『Marty Friedman』 の登場です。

流暢な日本語のMCで会場に和やかな空気を提供してくれたMartyですが、楽曲に入るとギタリストとしての圧倒的なオーラとサウンドで魅了してくれました。
使用したギターは『Mark Tremonti Signature』。あの独特なこぶしビブラートはもちろん健在。
メロウ系の選曲の2曲ほどで終わってしまい、もう少し聴きたいという会場の声も上がりましたが、進行の時間を守らないと後のアーティストに迷惑がかかるので・・・と謙虚な姿勢のMartyでした。(※PaulとMartyは同じメリーランド出身で自宅が15分とかからない距離にあるそうです!)


続いて、日本ロック界の重鎮、ゴダイゴの『浅野孝已』氏、EXILEやMisiaなどのJ-POPシーンの第一線で活躍中のスタジオミュージシャン『鈴木健治』氏の登場。

浅野氏は『SE Carlos Santana』を使用し、サンタナの名曲「Europa」を披露。
ロックファンには堪らない名曲のカバーに会場も一際盛り上がりを見せていました。
鈴木氏とのセッションでは、浅野氏=305、鈴木氏=Swamp Ash Narrowfieldを使用。
両機種ともシングル寄りではありますが、純粋なシングルとはまた違う適度な太さと艶、サスティーンを持ち合わせたサウンドを奏でていました。

続いて鈴木氏は先日逝去されたGary Mooreの「Sunset」をSC250で披露。
フロントPUで太くなお且つカリッと響く美しいロングトーンを聴かせてくれました。

その後は再度Davy Knowlesの登場。

Davy_2.jpg

リズミックなフレージング、ワウを絡めたアグレッシブな一面も見せ、先程よりもギタリストとしての側面がより強く出たステージとなりました。
JEFF BECKやJOE Satorianiなどのサポートアクトを務めたという実績を持ち、今後要注目のギタリストですね!ギターは先程同様のPrivate Stock Signature Limited Runを使用。

次のステージは日本のスライドギターの第一人者『住友俊洋』氏、日本のブルースロック界を率引するブルースマン『Ichiro』氏の登場。
バックバンドにはロジャー高橋氏、鮫島秀樹氏のThe sons構成。

住友氏はSmokeburst McCarty、Ichiro氏はDC3を使用。
スライドプレイにほとんど触れたことの無い筆者ですが、住友氏の強烈なスライドサウンドにはノックアウトされましたね!

Ichiro氏は終演後にDC3はまだ受け取って間も無く、未知のギターだとおっしゃられていましたが、そうとは決して思わせない素晴らしいサウンドを引き出しておられました。
アルダーボディにシングルPU3機、新開発のスティール製ブリッジと、ストラトに対するPRS流の回答と言った装いの注目度の高い一本です。


ブルース対決に引き続き、再びPaul’s Bandと共に『安達久美』さんの登場。

新モデルNF3を手に、JEFF BECK『RED BOOTS』のカバーを披露。
男顔負けな強めのピッキングで太くストロングなトーンを響かせてくれました。
ボディ材がコリーナによる明るい抜け感とNarrowfield PUの適度な太さが絶妙なサウンドで、普段ストラトを使われている安達さんも絶賛のご様子。

そしてその彼女が尊敬して止まないという日本を代表するハードロックギタリスト
『山本恭司』
氏が大きな歓声と共に登場、緊張感のあるセッションを繰り広げました。

山本氏はYAMAHAのHRを持つ姿が印象深く、往年のファンの方々は今回のPRSのイベントに氏が参加されるのを驚いた方も多いでしょう。
PRSとVOXのアンプを使っても強烈な山本恭司サウンドの芯は変わらず、最高のトーンでした。
鮫島巧氏が「PRSは下手でもそれなりに良い音が出てしまう」とおっしゃっていましたが、そう言った意味でもPRSの良さに弾き手の個性を加えて自身のトーンで表現している山本氏の表現力は圧巻と言えるでしょう。今回は『Santana 25 Anniversary』を使用。


Paul’s Bandのバック陣はそのままで次は『TOSHI HIKETA』氏の登場。
ご存じの通り、David Lee Rothバンドのギタリストとして抜擢された世界的に活躍するギタリストの登場です!

再度、住友氏を呼び込みセッション対決をスタート。
ブルース寄りのセッションが多い中、HIKETA氏はアダルトな雰囲気のアプローチを見せてくれました。時折、堰を切ったかのように溢れ出る超絶なフレーズは会場のギターキッズの心を揺り動かしたに違いありません。Custom22 Soapbarを使用、P-90らしい歪みすぎずに太く切れのあるクリアなトーンはギタリストにとって憧れのサウンドの一つですね。またそのトーンをコントロールし切るHIKETA氏の技量の高さを実感します。

そして、PRSの古くからのエンドーサーであるギタリスト『David Grissom』が登場。

David_Grissom_1.jpg David_Grissom_2.jpg

お馴染みのゴールドトップのDGTモデルを手に、別格のサウンドを放ってくれました。
どことなく憂いのあるクールな印象の氏ですが、ステージは独壇場とでも言えるかのような情熱的なステージングとギターを聴かせてくれ、前方のファンはプレイに圧倒されつつも身を委ねて楽しんでいたのが印象的です。
(ちなみにライブ中にPaulがマイク位置を調整したり、PA側に指示をしたりという全てにおいて妥協の無い完璧主義な姿勢を見せていたのが印象的でした。)


ここまでを振り返ってみても相当なボリュームのイベントですね!

まだまだ続きますよ!レポートVol.4【シークレットゲスト&フィナーレ編】をお楽しみに!
posted by スタッフ真木 at 07:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターショウ(展示会)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

EXPERIENCE PRS in JAPAN 2011 レポート【ライブ編】

こんにちは!前回に引き続きレポートをお楽しみください!
ついにライブイベントのスタートです!

【Paul Reed Smithトークセミナー】

Paul_.jpg

Paul登場と共に、トークセミナーのスタートです。
Paulは終始上機嫌で、「どんなリスキーな質問も受けますので遠慮なく質問をしてください。」と前向きなスタンスで質疑応答コーナーがスタート。
ヴィンテージギターに関するPaulの考えを尋ねられると、氏自身Gibson、Fender、Martinなどのヴィンテージギターを主有しており、アメリカにある名言「車はバックミラーを見ないと前に進めない」という言葉を引き合いに出し、先人の功績を手本にしながらそれを超えていくギターを作りたいと力強くおっしゃっておりました。

Paul_2.jpg

「レオフェンダーもテッドマッカーティも50歳くらいからギターブランドが一流として認められてきた、だからこれからはPRSの時代だよ。」とも言っておられた言葉が印象的です。
(ちなみにこの時通訳を務めていた方はJikkiさんという「和製オリアンティ」の呼び声もある凄腕女性ギタリストです!)


時折ジョークを織り交ぜながら楽しい雰囲気でトークセミナーを終え、カナダのアコースティックギタリスト『Tony Mcmanus』氏が登場。

Tony_McCmanus_2.jpg

「イギリスBBCで『過去にここまでのギタリストはいない』と言わしめた」とPaulの呼び込みで登場し、演奏を披露。音が鳴った瞬間に会場の空気は一変。

Tony_McCmanus_1.jpg

超絶なフレーズを飽くまで楽曲の色彩の一部としてさりげなく、いとも簡単そうに奏でていました。
PRSのアコースティック「Angelus Cutaway」「Tonare Grand」を楽曲、チューニングで使い分け、ギター一本で完璧な世界観を作り出していました。
(ちなみにトニー氏はその日にカナダに帰るという強行スケジュールだった様子です。)

そして、当日の司会進行役のローリングストーンズ評論家の大御所であるマイク越谷氏のMCで次に呼び込まれたのが、話題のガールズバンド『Gacharic Spin』
バンドとしては当日の一番手でしたが、ギター回しやフォーメーション、各パートのソロセクションなどのパフォーマンス、若干のアウェイ感すらも武器にしてしまう程のMCなどで会場の温度をがっちりと上げてくれました。

ギタリストのTOMOZOさんの使用したギターは「PRS SE Custom24 Royal Blue&Bonnie Pink」電飾を配したライブ映えする一本でした。可憐な容姿に反したエッジの立ったリフやテクニカルなソロなどをENGLアンプとの組み合わせでソリッド感のあるサウンドを演出していました。


ゲストギタリストとして登場の鮫島巧氏は「Dave Navarro Signature」を使用。

雅、SUGIZOなどのサポートギタリスト&コンポーザーとしてワールドワイドに活躍されている鮫島氏。空間系エフェクトを使った美しいクリーントーンと伸びやかでエモーショナルなリード、アグレッシブなパフォーマンスが印象的でした。


次はお待ちかね『Paul’s Band』
メンバーは、
・Gu&Vo:Davy Knowles
・Gu:Paul Reed Smith
・Gu:Michael Ault
・Ba:Gary Grainger
・Dr:Blues


ギターは「Private Stock Signature Limited Run」を使用。Paulのみプロトタイプと思われるオールマホガニーのモデルでした。
(※本機はイベント数日前に日本のディーラーが一同に会した懇親会にてポールから直接見せていただきました。写真や詳細をWebに載せたらダメ!と釘を刺されたので割愛します・・・)


Gary.jpg

Blues.jpg

GaryはPrivate Stockの自身のシグネイチャーモデルを手にパーカッシブなプレイでドラムのBluesと共にリズムをリード。

Michel_1.jpg

そこにMichaelの堅実且つツボを得た職人的なリズムギターが加わり、強固なバックサウンドが作られていました。
リズミックなカッティング、カントリー的なリック、ブルージーなリードと様々なプレイを駆使し、バンドの中での押し引きを考えながらも確実に「巧者」の印象を残しました。

Davy.jpg

Davyのギターを聴いたのは個人的に初めてでしたが、23歳とは思えないソウルフルな歌声と感情に直結したようなブルージーなギターには素直に感動を覚えました。
そこに絶妙に絡んでくるのは御大Paulの独特のトーン。
若干ハーモニクスが混じり、コンプがかったようなあの独特の絶妙なSiganatureトーンは唯一無二。
JEFF BECKの名曲『悲しみの恋人たち』をPaulのあのトーンで聴けたことで、会場内の全員がPRSギターのサウンドの素晴らしさを改めて体感した事でしょう。

イベント前半にしてすでにここまで豪華なメンツが揃いました!
この後も国内屈指のアーティストが続々登場しましたよ!


それでは、引き続きレポート【ライブ編 Part.2】に続きます!
posted by スタッフ真木 at 07:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターショウ(展示会)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

EXPERIENCE PRS in JAPAN 2011 レポート【会場の様子&展示ブース編】

こんにちは!Bottom's Up Guitarsスタッフの真木です。
去る3月5日に行われた『EXPERIENCE PRS in JAPAN 2011レポート』を本日よりブログにてアップしていきたいと思います!
当日は朝の開場前から終演まで私、スタッフ真木が張り付きで潜入して参りました!
参戦された方は当日を思い出して頂けるように、残念ながら行けなかったという方には少しでも会場の雰囲気が伝わって楽しんで頂けるレポートになるように頑張ります!それではどうぞ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Shibuya.jpg PRS_LOGO_Entrance.jpg

2011年3月5日(土)少し汗ばむほどの晴天に恵まれた渋谷。
この日に日本中のPRSファンが待ちに待ったイベント『EXPERIENCE PRS in JAPAN』渋谷Duo Music Exchangeにて開催されました。

張り付き取材を任され、気合十分で早めに会場前に行ってみると…すでに裕に100人は超えるであろう長蛇の列が!

Entrance_6.jpg
Entrance_4.jpg
Entrance_2.jpg


客層は男性だけに限らずキッズや女性も多く、本当にさまざま。
本国では恒例となったEXPERIENCE PRSですが日本に初上陸との事で、相当な期待を持って皆さん楽しみにされているのが伺えます。

時折、会場内から聞こえてくる最終リハーサルのサウンドが徐々に高まる期待を更に煽ります。
筆者もいちギター好きとして仕事を一瞬忘れてしまう期待感と逸る気持ちと落ちつけつつ仕事モードで気を引き締め、会場内へ。


まず目に飛び込んできたのが貴重なギターアーカイブ展示&フィニッシュ工程の展示ブース。

Archive_Cu24.jpg
95年の工場移転後に初めて作られた記念すべきCustom24

Archive_McCarty.jpg
DGTのモデルとなったゴールドトップのMcCarty。

Archive_Bass.jpg
ポールが初めて製作したフレットレスベース。

Tosou.jpg
塗装工程説明のブース。作られる過程が見れるのは嬉しいですね。


次はNAMM SHOW出展の最新モデル&Private Stockの展示ブース。

PS_SC58.jpg
Private Stock SC58 & Private Stock NF3

PS_Zappa.jpg
Dweezil Zappa Signature

待望の新モデルも多数展示されており、皆さん食い入るように一本一本のカラー、仕様、杢目をチェックされていました。

Studio_Quatro.jpg
Modern Eagle Quatro & Studio

NF3.jpg
コリーナボディ& Narrowfield PU のNF3
NewBird.jpg
2011年より中抜きのバードインレイからセンターにゴールドが配された新しいインレイにチェンジです。

試奏ブースなどもあり、ライブだけではなくPRSギターの歴史や作られる工程、これからのラインナップやプライベートストックなどの高級機種の実機を間近で見られるというのはこのようなイベントならではの強みですね。

SC58.jpg
先日のPRS商談会にて弊店が厳選して参りました「SC58」も展示されておりました!
※こちらはおかげさまで売約になりました。

会場の奥ではPRSグッズの抽選会&グッズ販売のブースを展開。

Chusen.jpg

PRS写真集やカレンダー、ストラップなどの豪華グッズが来場者全員に抽選で当たるという大盤振る舞いの企画。抽選のたびに喜びの声が上がり、大好評の様子でした。

そして会場もほぼ埋まってきた所で…会場からの歓声とともにPaul Reed Smithご本人の登場です!


この後、レポート第2弾【ライブ編】に続きます!是非お付き合いください!
posted by スタッフ真木 at 07:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターショウ(展示会)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

Tokyo Guitar Show 2010 (TGS)

今日は『TOKYO GUITAR SHOW 2010』当日ですね!

出展企業の皆さん、関係者の皆さん、準備ほんとうにお疲れ様でした!

 私もKORGさんやその他企業、ならびにアーティストやショップの方々に声を掛けていただいているので、参戦してきます。

出来ればたくさんカメラを撮って会場に行けない皆さんにも情報ご提供をしたいなと思います。

 とうとうベールを脱いだPRS GUITARS国内エンドースアーティスト「Toshi Hiketa」さん。

ご本人の現在の愛用PRSギターは私がご提供し、セッティングさせて頂きました。

David Lee Roth Band (VanHalen) のメンバーとしてワールドツアーを経験されたその経験値と類稀なるテクニックの掛け算は途方も無いものがあります。

こういう大物の方こそちゃんとご自分でお金を払って実際に即戦力として使ってくださる。感動的です。素晴らしい。

会場ではほとんど使わないと思いますが、今度弊店のクリニックを渋谷にて予定していますので、その際にはガンガン弾いてもらおうかと思っています。

 その他、遠方のお客様から依頼されているギターのチェックや、代理購入なども仕事のうちのひとつです。

これもサービス、ホスピタリティの一環。でも、楽しいことは何でも引き受けます。 不可能なこと意外は。

 それでは、天気に恵まれ、来場者・主催者・出展者・出演者、誰にとっても素晴らしい二日間となることを祈って、私も応援(?)に駆けつけたいと思います!

会場で会ったら気軽に声をかけてください手(パー)

参考: Mr. Buzz Feiten and Kota Shigeura<先日楽屋に行った際の写真です

BuzzyAndKota100619A.jpg
BuzzyAndKota100619C.jpg
BuzzyAndKota100619B.jpg

posted by 東京本店 at 04:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターショウ(展示会)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。