2011年02月18日

Oblivion Dust @ 渋谷AX ライブ 行って参ります。

McNaught V5 in Special Black for Mr KAZ

今からオブリビオンダストの渋谷アックスでのライブに参戦して参ります!

K.A.ZさんとマクノウトV5の勇姿を観て来るのですッパンチ

posted by 東京本店 at 17:59 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

!緊急告知! UVERworld 武道館公演に一名無料でご招待!

いつもボトムズアップギターズならびに当Blogをご愛顧賜り誠にありがとうございます。

今日は、私から太っ腹なクリスマスプレゼントを。


{定刻で締め切らせて頂きました。}

当選発表はコチラ!


⇒続きがあります (続きを読む)
posted by 東京本店 at 05:28 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

UVERworld LAST TOUR ツアーファイナル@東京ドーム

お仕事柄、行って参りました、
『UVERworld LAST TOUR FINAL at TOKYO DOME 2010.11.27 』.

UVERworld 東京ドーム公演 招待状 UVERworld 東京ドーム公演 招待状

公称4万人の動員で、一面ひと人ヒト。

結構お客さんとか知り合いとかも行っていたみたいで、着席した後で電話やメールもきました。

「スペクタクルなライブにする!」というTAKUYA∞くんの言葉通り、
ヴィジュアル効果や特効などふんだんに使って、なかなかゴージャスなライブでした。

道徳上ステージの様子やライブの様子は公開できませんが、
笑いあり涙ありの彼ららしいライブでした。

当方でテイクケアしている機材たちも沢山活躍していて、社員全員で嬉しい思いで
見ていました。

あの彰くんのCustom Korina FBJをコラボ別注モデルでAkira Signatureとして完全受注生産で作ろうか?
なんて話しつつ。


次につながるメッセージも残し、
終演後のメンバーとの面会ではボーカルのTAKUYA∞くんからも“やりきった感”(充実感)が感じられたとはチーフTの談。

私は事情により面会は欠席。

また今度メンバーと食事でもしつつ、思いの丈を語り合いたいと思う筆者でした。

それでは、また。
posted by 東京本店 at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

RENEGADE CREATION ブルーノート東京 2010年8月25日セカンドステージ

renegadecreation_1.jpg

先日行ってきた、Robben Ford、Michael Landauらによる「RENEGADE CREATION」のLIVE、実に素晴らしかったですね!

renegadecreation_3.jpg

本当に後半は何だか夢の中にいる様。

若干客席に余裕があった水曜のセカンドステージ。私が座ったのはマイケルランドウの真正面の席。

目の前にはエフェクターと、サブギターのシェルピンクのSuhr “ネオ・ラージヘッド” Classic Antiqueが。

しかしご本人はフィエスタレッドのVintage Stratを全曲で使用。

終演後本人に直接聞きに行った所、「63年式のオリジナルヴィンテージフェンダーさ。もう20年くらい使っているお気に入りなんだよ。」とのことでした。

ロベンの'62年製テレとマイケルの'63年製ストラトによるブルース対決!
非っ常にスリリングでした。

私見では、ロベンフォード氏のほうは『きちんと調整されたギターを円熟の技で流麗に弾きこなす感じ』。
マイケルランドウ氏のほうは『技が全て。と言った感じでギターのコンディションの問題じゃなく、じゃじゃ馬を天賦の才で乗りこなしている感じ』。

事実、ロベンのエピフォン・セミアコやテレキャスは素ん晴らしい音色を奏でており、もう とろける様。
対照的にマイケルの指先と足先は開始から終了まで休む事無くヴォリュームノブ、トーンノブ、そして足元のペダルを操作しており、プレーン弦のハイフレットは音詰まりしサスティーンの少ないようなコンディションにも関わらず、天才はそのスリルと真っ向勝負してみせた。

いんや〜
久しぶりに音も演奏内容も、そして演者の雰囲気も(これって大事)、バツグンでしたね!!

ロベンフォード氏の水を得た魚的な笑顔と
演奏のムードがタマランかったばい。パンチ 猫

また観たい!と言えるライブでした。

renegadecreation_2.jpg

ん〜 ダンブルもさることながら、やっぱり指先だよ、指先。

追伸: ちなみにあのロベンテレをもろ意識して作ったのがコチラのテレキャス

しかも、BLOG読者限定特典として、「BLOG見て購入します。」のひとことで、なんと「Zodiac Works FINETUNETELY BRIDGE SADDLE」をもれなく無償搭載!(オリジナルも付属)
さあ、如何でしょか〜!?わーい(嬉しい顔)

お買い得ですよ〜 (と、軽く宣伝も。(笑))
posted by 東京本店 at 11:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

RENEGADE CREATION @ Blue Note Tokyo

夏バテ気味で今日はだら〜っとしてしまっている筆者です。
今夜は南青山ブルーノート東京に『レネゲイド・クリエイション』を観覧に。
セカンドステージです。

すでに初日の映像がアップされていますね。<<コチラ>>

ラリーカールトン同様に「Bludo-Drive」を使うのかと思いきや、ロベンはダンブルを持って来ているんですね。目耳ひらめき

ダンブル系のニューカマーと言えば、日本でも最近販売がスタートし2台ほど市場に出た『Carol-Ann』アンプも弊店、正規販売店として取り扱っております。
数ヶ月前にすでにカスタムオーダーでEL34タイプや100Wタイプ、コンボ仕様等もオーダーをしておりまして、恐らく9月中には入るのではないかと。

ぜひこちらにもご期待ください。

では、会場でお会いした際は、宜しくお願いします。わーい(嬉しい顔)
posted by 東京本店 at 17:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

VS -VAMPS&サッズ NIGHT- 参戦


今夜はSADSVAMPSの対バンの一夜です。

私もK.A.ZさんとマクノウトV−5 K.A.Zスペシャルの打ち合わせの為に会場に行っています。

 先日の車関連の記事にメッセージをお寄せくださった方々、ご親切に心より感謝しております。

一通一通お返事を書かせて頂きます。今後ともよろしくお願い致します。
posted by 東京本店 at 14:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

Buzz Feiten at 丸の内 Cotton Club featuring BRANDON FIELDS

昨夜は、バズフェイトン氏よりアーティストゲストとして招かれ、コットンクラブでのライブ観覧と、バックステージ、氏のゲストルームへ行ってきた。

・関連URLはこちら

・6/16水曜の1st showの動画がCotton Clubのウェブに載っています。

出掛ける前に、昨日の内に記事をアップしたかったが、昨日は土曜日で店が混みあっていて、接客で精一杯。記事を書く時間を見つけられなかった。

久しぶりにお会いした、よしよし♪さんや、遠く三重県よりギターをお求めにこられたお客様などなど、皆さま本当にありがとうございました。

 さて、BFTS (Buzz Feiten Tuning System) でも有名なあのMr. Buzz Feiten。

メールで Hi Kota, って感じで連絡が来て、電話で話して、彼の楽屋に行ってきた。

詳しい話は時間があるときに紹介しますが、縁あって“氏が愛用していたギターを一本譲り受けてきました” 貴重品ですが、今回リーズナブルな価格で販売します♪

氏が実際にギターを持っている写真やサインを入れてくれている写真もありますので、後日氏からの証明書ともどもお渡しする予定です。

BuzzFeiten.jpg
※写真のモデルの兄弟機種となります。


では、今夜も用事でこれから出かけないといけないので、このくらいで。

明日は14時以降〜 店にいる予定です。(私は。です。)
posted by 東京本店 at 19:58 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

LIVEを見てきました♪ラリー&ロベン

みなさまお久しぶりです。
こんばんは、会長Yです。

昨日、常連のお客様とともにLIVEを観に行ってまいりましたわーい(嬉しい顔)

そうです!
LARRY CARLTON
with ROBBEN FORD @BLUE NOTE!!


弊店に来られるお客様も、
多く観に行かれていることと思いまするんるん

ほんの数枚ですが、
雰囲気がお伝えできればと思い写真を撮ってきました。


BLUE NOTE エントランスの様子
BLUE_NOTE1.jpg


続きまして、エントランス その2
BLUE_NOTE2.jpg


エントランス その3
BLUE_NOTE3.jpg


噂の!?BLUDOTONE AMP BludoDrive(ちょっと暗めですが。。)
BLUDOTONE BludoDrive
このアンプについては社長がとても詳しく知っているらしいので詳しくはそちらにお任せしますぴかぴか(新しい)

カールトンはおなじみの335で持ち前の
知的且つエモーショナルなプレイを披露。
ロベンも「WITH」とは思えないほど、
白熱した演奏を繰り広げておられました。

BLUE NOTE東京にて、
10/10sat.-10/14wed.の間毎日公演されております。
みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。

それではまた♪
posted by 会長Y at 20:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

VAMPS武道館公演行ってきました。

VAMPS武道館公演  VAMPS武道館公演

武道館公演、我らがK.A.Zさんの勇姿 しかと見届けて参りました。

T氏と双方の相方4名で行って参りましたが、驚くほどVIP扱いを受けてしまい、何だか恐縮する我ら。

公演開始一発目にK.A.Zさんが手にしていたのは、FenderのJazz Master。
その後、ESPのVやマクノウトのV、ゾディアック、ドラゴンフライなどを曲によって使い分けておりましたが、やはりご本人の弁の通り“DTM V5が一番”活躍していてとてもカッコよかったです。

 終演後お会いしてギターやアンプの話を交えながらしばらくお話しましたが、ミュージシャンとして楽器や音楽を楽しんでいる充実感が窺えて、なんだか羨ましさと誇らしさが同時に沸き起こりました。
とてもMcNaughtのギターを愛してくださっているようで、同じような材が手に入るのならもう一本オーダーしたいとリクエストを頂きました。

現在D.T.McNaught本人に問い合わせ中です。
どうなるかな。今後ニュースがあればお知らせ致します。

さあヴァンパイア達の饗宴を見た後に見上げた帰り道の空には、、、


⇒続きがあります (続きを読む)
posted by 東京本店 at 20:10 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

VAMPS武道館公演

今日はVAMPSの武道館公演に招かれ、今向かっています。

久々にお会いするK.A.Zさん。

勇姿をこの目に刻み込んできますexclamation

Two-RockのアンプやDTM(McNaught)のギターを多数使用して頂いており、武器(?)の活躍も大変楽しみです。 親心的な、ね。(^^;)

今日も6:66開演です!

何故かって?

こちらをご参照くださいませ!

それでは、また明日!


VAMPS公式サイトはコチラ  (※音が出ます。ご注意を)

VAMPSのライブ情報はコチラ
posted by 東京本店 at 18:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

MR.BIG武道館公演(日記)

昨日観て来たミスタービッグのライブレポート(ちょっとした感想程度ですが)です。

⇒続きがあります (続きを読む)
posted by 東京本店 at 23:54 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

Mr.Big来日公演(武道館)

今日は6月一度目のプライベートな休みです。

本日はミスタービッグ武道館公演にやって参りました。

しかしなぜ16時開場 17時開演??

では、ちょっくら観て参ります。

ちなみに座席は二階南B25らへんでした。自腹です。もちろん。

090620_163548.JPG
posted by 東京本店 at 16:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ライブ観覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは非公開となりますのでご安心ください。